07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族滞在記~最終章

忘れてしまう前に、記録しておかんと~~~~

デンバーのWater Worldに行きました。
いちおう、アメリカで一番大きなウォーターパークらしいよ。

わざと、平日をねらって行ったのに、すっごい混んでました!
ものすごく暑い日だったので、有料(それも99ドル!?)のテントを借りればよかったかな・・・って心配しましたが、パーク中に木が植えてあって、芝生エリアもたくさんあり、ミキ連れでも大丈夫でしたよ。

IMG_6295blog.jpg

うちのセクシー関取さん

陣取ってた木陰からの景色
IMG_6299blog.jpg

ちょっと写真は微妙。
でも、ほんとはすっごい広いの。

子連れで一日は辛いかなあと思って、半日券にしたんだけど、一日でもよかったなと思ったわ。

ここでもうちの母の珍問答。

子供プールには休憩があるらしいのですが(ワタシはミキと芝生でまったりしてたのでその場にはいませんでした)いきなりみんながプールから出始めたのを見て、もう閉館時間かと心配になった母。
つかつかとライフガードの若者に近寄って行って
『フィニッシュ?フィニッシュ?』

『おわり?』(←また日本語で)

ここでも、母の質問をわかってくれて「10分の休憩だよ」って言ってくれたらしいです。

こんな母、ここに来るのは一人じゃ絶対無理って言い張ってるけど

この度胸があればじゅうぶん大丈夫かと。。。

Water World、またゆっくり来年あたり行きたいな~

おっ次の話題、次の話題。

コロラドの滞在もあと残り二日となり、お土産の買い物やらを済ませねばということに。
それでもやっぱり、それだけではちょっとね、とも思ったりもしてね。
母が、前回来た時に印象的だったという、コロスプのダウンタウンをちょっと散歩。

IMG_6334blog.jpg

妹は、近所のモールで格安のウェディングドレスを購入でした。
式の後のパーティなんかはこれでじゅうぶん!と。
IMG_0535blog.jpg
日本で借りるとすごく高いからね。
気分あがって、ワタシまで着たくなったけど、家で借りて着てみたら、ぜんぜん入らなかったっす(涙)
腹の周りの肉は、いつ消えるんでしょうね?っつうか、消える日はくるんでしょうかね?

アメリカサイズのハンバーガーも食べて
IMG_6339blog.jpg


あとは、ワタシの夢の家のモデルハウスも見に行ったり。
WALMARTにTARGETにと、今回は、観光というか、アメリカの普通の暮らし体験コースって感じだったかな?

もっと連れて行きたかったとこはいーっぱいあったけど、やはり子供が小さいと予定通りことが運ばないことはしょっちゅうで。

でも、すっごい楽しかったな~

IMG_6354blog.jpg

遠いけど、また来てね!今度はグランドキャニオンだ!!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ山岳部情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 海外生活
genre : 結婚・家庭生活

家族滞在記①

おひさしぶりぶりです♪
みなさん、もう夏ばてとかしてませんか?

こちらは、昨日、1週間の滞在を終えて、ワタシの家族が帰りまして・・・
大げさですが、これを目標に生きてきたとこがあるので、なんか、精神的にポカンとからっぽ状態です。。。

ま、いいとして。
今回の家族との再会、記録のために、記事にしていきたいと思うので、これから数日お付き合いください。

あ、そうそう、今回、家族との会話で気づいたこと。

記録はワタシの趣味だ

今まで、「ワタシって何のとりえもない、無趣味人間だわ」って思ってたけど、これからは声を大にして、「趣味は記録です」と言うことにします。
どんな記録をしてるかは、また後日書きます。

で、今回、コロラドに来てくれたのは、ワタシの母、妹、妹の娘まいか、そして、妹の婚約者のだんだん(←まったく本名ともあだ名ともかけ離れてるのですが、なぜか息子がこう呼ぶので)。

ワタシタチ家族も加えると、合計8人。
問題は車でした。
一度に8人が乗れて、荷物も積める車を1ヶ月も前にレンタカーに予約を入れておきました。

みんながくる当日。
ワタシはネットで飛行状況を逐一チェック。
メールで母とやり取りをし、順調~
サンフランシスコでの乗り換えが一番の不安点でしたが、そこもなんなくクリアでした。

で、朝1時間だけ仕事をしてきたオットと子供を連れてレンタカー店に車を取りに。

予約していたのはこのサイズの車。

2008_GMC_Yukon_1.jpg

いちいち子供をおろすのがめんどくさくて、車でオットを待ってたのですが、ガラス張りの店内のオットの顔色が怪しい。
普通、車を借りるだけならさっさと済むであろうことが、相手の店員が電話とかし始め。。。

ま、まさか・・・

このサイズの車が間違って違う店に送られたので、もう1サイズ小さいものしかないんです。ごめんなさい

何のために1ヶ月前に予約しといたのか・。・
おまけに『Sorry about that』ってその一言でおしまいって!!!!!!

オットは「だってそれ以外しようがないって言われたらそれしかないよ」

よ、弱すぎ・・・あんた、このアメリカで生きていけないってば!!!!

この時点で1時間は経過して、車の中で飽きた息子と腹が減ったミキがぐずり始めてさ。。。

でも、この嫁は納得いかないわけよ。
だって、700ドルも払って、自分たちがお願いしといた車を借りれないんだったら、借りる意味なくない???
ワタシ、間違ってます???
そんなに払っても、このサイズだと空港までは2台でいかないと荷物詰めないんだったら、自分の車2台で行くでしょ。

でも、「これ以上何もできない。ごめんなさい。もしその車が早く戻ってくるようなら連絡しますから」
の一点張り。
どーせそんなの連絡来ないの目に見えてるしさ。

おまけに、クレジットカードでためたポイントをここのレンタカーの100ドルのクーポン券に換えておいたのだけど、その処理の仕方が分かる店員がいないから
「車返しにくるときにまた持ってきてくれませんか?」
って・・・

某Hertz!!!!!絶対にもう使いたくないワイ!!!!!

納得いかなかった嫁は、オットに本社カスタマーサービスに電話させると、なんとそこでも
「それは支店とそのエリアの問題なので、ここでは対処できない」
と言われ・・・

でも
「デンバー空港店は規模が大きいので、在庫も多いはずです。そこにご希望の車があれば、そこまで行って交換することができるし、返すときはまたコロスプのお店に返すことができるはずですよ」
というアドバイスをもらいまして。

ほんとはレンタカーの手続き1時間程度で、また仕事に戻る予定だったオットは、この時点で3時間近く経過していて、仕事に行ってもすぐに空港に迎えに出る時間になるので行っても無駄だと職場に電話をして休みをもらい、
結局デンバー空港店で1台確保してもらいました。

結局3時間以上、この手配にかかって。
そこからいろいろと用足しをしてからデンバー空港に向かったのですが、ふと、ワタシ思ったのです

その車は何時にピックアップの予定なんだろうか・・・

オットに聞くと「何時って言われないから、いつでもいいんだよ」

アメリカ生活5年にもなると、そんなことはなっから信用しない嫁、またオットに電話させると

「何時に来るかわからなかったし、今日は大型車が人気だったから、もう少し待っても来なかったら他に貸し出しちゃうとこだったわよ」

ほーらね~~~~アメリカきたら、確認確認、さらに確認、これ重要!!!

と、前置きめっちゃ長かったけど、こんな調子でしたが希望の車を確保。
そして、空港には家族到着!

IMG_6209blog.jpg

無事着いたようで、実は、だんだんったら、成田ーサンフランシスコ便にカメラを忘れてくるという大失敗をおかしておりました。

スタートはちょっとどちらも微妙。。。

でも、まあ、無事だったのでよかったことにしましょう。

着いたその日は遅かったので、ビールとアメリカサイズのピザにしよう!と。

酒屋もアメリカサイズとびっくりしてくれていた家族。
息子と姪は酒屋程度でも楽しげ。
IMG_6216blog.jpg

カメラをなくしただんだんも、とりあえずピザとポーズ。
IMG_6221blog.jpg

ピザはXLを2枚頼んだんですが、頼んだものと違うものを作ったとかで、それも無料でくれて、結局XL3枚。。。

間違いもすっごい多いけど、融通もすっごい利くんだね

という、妹からの感想。

確かに・・・でも、どちらかというと、最初っから間違わないでくれることを強く希望しますけどね。

と、こんな初日。

theme : 海外生活
genre : 結婚・家庭生活

セブンスター

アメリカに住んでるけど、あまり英語の話題とかなくってすんまそ。

日本語の話題。

この前、友達と話してて疑問に思ったこと。

c71454f74947742e.jpg

このたばこ。言わずと知れたセブンスターですが、
たばこの名前って、マイルドセブンはマイセン、普通のマルボロは赤マル、マルボロメンソールはマルメンっていう感じで略語がありますよね?

セブンスターのこと、ワタシは「ブンター」だと思ってたんですけど、それを言ったら

『何それ???青森だけじゃないの???』

ってことになったんですよ。

でも、その数人の間で統計を取ってみたら(ちっちゃい統計だ)

*神奈川県
*和歌山県
*岡山県
*高知県

出身の友人たちが『セッタ』って呼んでて

『ブンター』って呼んでたのは
*青森県(出身のワタシ)
*岩手県

の二人だったんですワ。

え?ブンターって呼ぶのって北東北だけなんですか?

ということで、みなさんはどう呼んでます?
っつうか、そんな略語なんか知らないっていう人もいるでしょうけど。

そしてそして、アメリカ在住の方にとって、コロラドって、なんていうか・・・山(苦笑)ってイメージしかないでしょうが、日本人結構住んでるんですよ~

どろどろでおます

夜、添い乳をしなくなって、何がうれしいかって、本が読めることです~
調子ぶっこいて、昨日は1時まで読んでたら、息子が3時から愚図りだして、ちょっと死ぬかと思いましたけど(苦笑)
自業自得です・・・

最近、去年、両親が来たときに持ってきてもらった本にやっと手がつけられました。
あーあれから1年かあ。。。って思ったわ。





山崎豊子さんの『船場もの』といわれる2作品です。
『不毛地帯』『華麗なる一族』ときて、これらを選んでみました。

山崎さんは、金が絡んだときの人間の醜いとこを描くのがめっちゃうまいですね・・・
女系家族は、大阪船場の老舗が舞台の「華麗なる一族」っていう感じ???
なんか、血がつながってるからこそ金が絡むと恐いのね~って背筋がぞくっでした。
それこそ、推理小説とかなら、優に3人くらいは殺されてそうなどろどろ感満載なんですけど
そこを殺さずに(苦笑)人間関係やらそれぞれの思惑やらが入り乱れて、
読むのが止まりませんでした。

また、ワタシみたいな東北生まれ東北育ちには、関西弁がすべて同じように聞こえてしまうのですが、これに出てくる訛りはまた特有ですね・・・何弁というのでしょう?
その訛りがまた、全体的にいいスパイスになってるといいますか、これが標準語だったり、東北弁だったりするとまた雰囲気も違ったんだろうな、と思いますた。

『えらい興奮してはりまんな。3年半もあんたを思い詰めた男が、女に別れるときに餞別らしいものをするのは当たり前のことで、それが利用のし止めやというてるだけやおまへんか。
男と女の間でも、それくらいの勘定取引で割り切るようにならんと、金と成功を追う世界は生き抜けまへんわ』

『お腹の赤子は何ヶ月でおます?』

とか・・・

いやあ、どろどろでおましたわ。

さて、次は何を読もうか。


友達家族とディナー

ここはまだ24日の朝なので、普通の話題です。

そういえば⇒のバーにコロラドの時間と気温が出るようにしました。
日本のお友達、ワタシが住んでるとこはどのくらい寒いんだろうチェックにご活用ください。
コロラドの皆さん、どうぞ気温のチェックにも我がブログをご利用ください(笑)

オットの友達ジャスティン家族と夕食を食べに行ってきました。
こんな写真しかなかったけど、ジャスティンと次男カールトン2歳
IMG_0205.jpg
あとは長男6歳と奥さんがいます。

ジャスティンはうちのオットより1歳年下だけど、お互い「コロラドの親友」と言い合うほど、とっても気が合う人のようです。

日本で、例えば宴会とかして、そこにぽんっと外国人がいると、みんな気を使って
『どこから来たの?』とか『日本はどう?』とか聞くでしょ?
アメリカ人ってそういうこと全然しないよね(よっぽど日本に興味がある人以外)
ジャスティンは違って、会うたびに
『どう?アメリカで子育て大変じゃない?困ったことがあったら言ってね』
とか、いつも気遣っていろいろ話しかけてくれます。超いい人です。

そして、すっごく頭がいいらしく、オットと同じ職場なんだけど、なんだかすっごい資格を持ってるらしく、
オットより3万ドル(約270万円?)も年収が多いです(泣)

ま、オットもそのうちそのくらい稼ぐことに期待して。。。

『Chili's』での食事、ずーーっと和やかに進みました。
Kに久々に会うジャスティン奥さんが超喜んでKをあやしてくれたり、子育てアドバイスくれたり(はっきり言って彼女のほうがかなり年下ですけど)

息子Kもハイチェアで何度かじたばたしたものの、ジャスティンの奥さんのアドバイスでマッシュポテトを頼んだんだけど、がつがつ食べてくれて、母アベチ、大変うれしかったです。
マッシュポテトは大人用のサイドディッシュなんだけど、ここらへんはさすがアメリカのレストラン、それだけを小皿に入れて持ってきてくれました。
K用のシッピーカップ(マグ)にも水を入れにいってくれたしね。
ワタシ、「本当に一人目なの?」って思われるくらい、なんでもかんでも食べさせてます。
つうか、本当に食べないので、食べれるものがあればそれを食べとけって感じで。

ジャスティン家族は次の日からクリスマスでミズーリ州にある奥さんの実家に行く予定だったので
その話とかして、本当に和やかに終了したのです・・・


けど、そのジャスティンと奥さん、いっつも「マリッジカウンセリング」(結婚生活カウンセリング)に通っています。。。
奥さん、すっごく情緒不安定らしく、気に入らないことがあると、家中の物を投げつける傾向にありまして。
子供がいても全然お構いなしらしいです。
彼女、結構体格いいんだけど、この前は、夢の中でジャスティンがすっごっく細い子と浮気をしてたからって起きてどなりちらしてものを投げたらしいのです(おっかねー)

あと、感情の起伏を抑えることができないみたいで、6歳の子供に向かって、
『F○○king Idiot』とか言ったり
*これは、日本語に訳すと「この大馬鹿もの」くらいなんだろうけど、英語では絶対に口に出してはいけないくらいの言葉です。ましてや、その場に子供がいるときに口に出す言葉ではありません。
こんな言葉を口にしたら、子供の口に石鹸を入れて説教するのがアメリカの親。
それを子供相手に口にするなんてもってのほかです。

こんな風に、奥さんのほうがちょっと乱暴とかちょっと酒乱とか。。。アメリカで結構聞く話です。

ジャスティン、超悩んでて、落ち込みがひどいんだって・・・
自分だけじゃなく、子供にも悪影響だから。
事実、6歳の長男が『ボク、お母さんと一緒にいるの嫌なんだ、だっていつも怒っててボクのこと嫌いみたいだから』ってこっそりジャスティンに言ったらしいんですもん。

で、このクリスマス休暇を使って、彼女の両親に、あまりにひどいから、離婚もしくは別居を考えてるって話してくるらしいです・・・

奥さんは特に何も知らず『家族に会うのすっごく楽しみなの~』って言ってたけど。
事情を知ってるワタシは、心中おだやかではなかったね(冷汗)

ジャスティン家族も含めて、みなさんが良いクリスマスを迎えられることを祈っております。
IMG_0279blog.jpg

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。