11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパン2011~祭りだ祭り

東北は、夏祭りとお盆が終わったと同時にあの猛暑がどこかに行ってしまい、気温がどーーーっとさがって、ひんやりとした日々になってきました。
東北人のワタシは、やっぱりひんやりしてくると心がどこか落ち着きますワ。
暑くないと夏らしくないと思うし、暑いのも続き過ぎると落ち着かない。
わがままなもんです。

で、夏祭りですが。

ワタシは、帰国早々、ワイワイ海鮮祭りを勝手にしておりましたが
IMG_9172blog.jpg

8月第1週は、青森県内、祭り一色です。
我が八戸市の八戸三社大祭

IMG_9196blog.jpg

今年は、あの大きな地震があり、八戸も被災地なので、こんながんばれメッセージを多く見ました。

IMG_9187blog.jpg

IMG_9191blog.jpg

幸運にも亡くなった方はいませんが、八戸市も津波の大きな被害を受けました。
自宅をなくされたかたもいっぱいいらっしゃいますし、海岸沿いは工場地帯になっており、そこの事業にも多大な被害が出ています。
そのエリアで働いていた方の中には、自家用車を津波で流されたという方がそれこそいーっぱいいらっしゃいます。

今年は、ワタシも、わっしょいわっしょいな気分とともに「がんばれ、八戸」と祈る思いで見た初めての三社大祭となりました。

時差ボケで、がんがん祭囃子が鳴り響く中で寝入った息子(汗;
IMG_9153blog.jpg

関係なしに、そこらじゅうを危なっかしく歩き回るミキ
IMG_9159blog.jpg

出店がいっぱいでかなり迷うとこですけど、この日は、ビールと味付けたまごとおこわと、これ以外にきゅうりの一本辛し漬けなどを食べました。
IMG_9150blog.jpg


姪のまいかは、引き子として、今年もがんばりました。
IMG_9199blog.jpg

日本のほかの地域のことは知らないのですが、東北地方って、夏が短いから、夏祭りして、お盆がくるとすぐに秋っていう感覚です。

今回の震災で、この八戸三社大祭に参加する山車組の中には、山車小屋(山車製作をする小屋)ごろ流されてしまった組もあるそうです。

先日、テレビを観ていたら、津波で甚大な被害の出た岩手県陸前高田市の夏祭りの特集番組が放映されていて、
ここのお祭りも山車を各町内ごとに出す形式のものだそうですが、山車そのものもそうですが、お祭り運営に関わるたくさんの方々が津波の被害に遭われてお亡くなりになったとのこと。
今年は、お祭りそのものが無理との声が多かった中、残った方々で4台だけ山車を出して、鎮魂の思いも込めてまだまだ瓦礫だらけの町を歩いていたのが印象的でした。      

お祭りができる、そしてそれを「うわーー夏がキタナ~」って見れる幸せをかみしめたいと思いました。
スポンサーサイト

theme : 最近やっていること♪ 写真付き
genre : 日記

最近のなんだかな~

またまたお久しぶりっこデス。
更新ないのかなあ???って見に来てくださってる方、すいません

どこのお母様方も同じだとは思うので、あまり弱音は吐きたくないんですけど
最近結構タイヘン(汗)

天使だと思っていたこの子です
IMG_7860blog.jpg

まあ、動く動く・・・・

階段もあっという間に2階まで登る登る
IMG_7877blog.jpg
(息子、撮影)

テーブルにもあーーーっという間にあがるあがる

ワタシの足元にまとわりつくか危険なことするかどっちかなんで、何もできません。

息子はテーブルに登ってはいけないことになってるので、ミキがやると
『Baby!!!Get Down!!!』
と言って、足を引っ張って引きずりおろそうとします。
これが危険。

なので、ちょっとの時間にPCに向かって、書いて、とちゅうでやめて、下書きに保存した記事
いーーーーっぱい(苦笑)

最近読んだ雑誌の記事についてとか、アカデミー賞のこととか、書いてたのにな~(遠い目)

なんだかな~~~~

ということで、なんだかな~記事(強引)

アメリカ生活も6年です。
ちょっとやそっとのことじゃ、怒らなくなりました。
世界で一番、サービスが行き届いてる国「日本」からキマシタので、いらいら・ぶつぶつっていうことは多いのですが、もう、菩薩のような目で見るようになってます。

が、でもまだ「こらーーーーーー」って思うとき、あります。

先日、確定申告があり、税金の戻りがありました。
我が家には、ローカルの銀行に車のローンがあるので、今月分の支払いをしがてら、完済するのは簡単かどうかを聞きにオットが行きました。
すると、まったく問題なく、その場で終了できるとのことでした。

話を聞きに行っただけのオットだったので小切手帳も持たずに行きましたが、デビットカード(ATMカードと同じで、普通口座から即時引き落とされる)で支払い可能とのこと。
(普通口座などは他の銀行にあるためです)

*アメリカの銀行では、日本のような電信振込みが一般的ではありません。

可能ではありますが、手数料がヴァカ高かったり、その銀行に取引があるとか、いろいろと条件が出てきます。
日本みたいに、「あ、振込みしなきゃ!」って飛び込みでその辺の銀行で、という便利なことはできません。
お金を送るには大体小切手を郵送という形をとります。


で、ローンのある銀行の担当者が
「デビットカードで支払いできるのですが、たまに銀行によってはそういうふうにデビット決済をすると手数料を取る銀行もありますから、ご自分の銀行に聞いたほうがいいですよ」
と言ってくれたそうなので、その場で、普通口座のある銀行のカスタマーサービスに電話すると

「いいえ、うちでは手数料は取りません」

と断言・・・・

この流れ、そうです・・・・
家に来て、残高確認すると、しっかり取られてました~~~~~(キター)
それも30ドルも!!!!

即効でオットに電話させると

「それは、誰が対応した分かりませんが、うちでは手数料を取る規定になってます、申し訳ありません」

心の優しいオットは「そうですか」って切ります。

ハイ、やり直し~

もう一度、電話をさせ(こういう場合、外国人だと思って甘く見られて相手にされない場合が想定されるので、ワタシは電話せず、オンフックにして後ろで聞いてます。恐い嫁です)

「わざわざカスタマーサービスに電話して、手数料が取られないって聞いたからその場で決済をしたんです。
手数料が発生するって教えてくれてたら、家に帰って小切手帳取ってきてましたから(それだと無料)」

とだだをこねさせたら、上の人を出してくれて、結局即返金してもらえました。

カスタマーサービスの担当者によっていう事が違うってこと自体、日本では起こりえないことですけど
即座に返金してもらえるフレキシブル対応は日本ではなくないですか?
(印鑑が必要とかそんなの多くない?)

書きついでにもう一個(まだある)

今月、子供達の誕生日を控えており、誕生会は最近会員になったファンシーなフィットネスクラブでしようと計画しました。
我が家ではどうしても手狭で、動き回る小さいお友達に対応しきれないためです。

とりあえず、誕生会コーディネーターという女性と連絡を取れ、と言われ、その人に電話してもメールしても2週間返事がもらえず、
直接オフィスに乗り込んだらちょうど会って
「ごめんなさいね~。インフルエンザでずっと休んでたから、電話の留守電とか全然聞いてないの」

仕事だろ・・・留守電くらい聞けや・・・

で、まあ、その場で予約を取ろうとしたら、それはまた別の人が担当してるから、その人に電話しろ。

なんだったんだ、この2週間

で、その人に電話したら、また留守電。(留守電に必ずメッセージを残すようにいわれてたので残す)
そしたら、今回は次の日に電話がきたからよしとすることにしました。

が、2時間のパーティで220ドル。(場所のみ)
ま、仕方ないと思ったけど、予約が取れるのは昼時のみで
「この時間にするのであれば、子供たちにランチを出すのが普通ですよ」
と言われ。
そりゃそうだ、と思ってたけど、子供が何人でもプラス100ドルで320ドル(3万円・・・・)

おまけに、来てくれる子たちの親御さんにもランチを出したいと言うと
「契約してるケータリング会社以外からの持ち込みは一切禁止です」
そのケータリング会社のメニューも、庶民の値段じゃないんですよ・・・
おまけに飲み物すら持ち込み禁止。
軽く計算しただけでも、余裕で500ドル超え(汗)
それ以外にもケーキやらもろもろは自分たちでそろえるのですから、どんだけセレブな誕生会だYOって話です。

とりあえず、キャンセル期間まで時間があったので、予約をしました。
が、どう考えても私たちには不釣合いすぎる、そんなことしなくたって、誕生会はできるはず!

ということで、翌日にキャンセルの電話をしました。

が、またその人がつかまらないのなんの。
メール攻撃もしましたが、返事こない。

ついには、仮予約分のお金が引き落とされてました(おい!)

こうなると鬼嫁の出番。
電話で、冷静かつ嫌味臭くメッセージを残したら、即効で電話ではなくメールがきてました。
ワタシ、どんだけ恐かったんでしょうね。

「お返事が遅くなってごめんなさい。引き落とされたお金はどうやって返金するのかを、経理とかいろんな部署に相談してたので時間がかかりました」
だと。

ここのフィットネスクラブ、施設は最高だけど、事務仕事は最低。。。

ワタシを雇え!しっかり日本人の仕事してやるから!って感じ。

以上~

またすぐ更新したい!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

theme : アメリカ合衆国
genre : 海外情報

ワクチン後進国日本、を観て

ご無沙汰しております。
毎日、何をしてるというわけでもなく、ただただ子育てっす。

オットが帰ってくるころには疲労困憊という感じですが、オットがまた大学の授業を取り始めたので、
週3日は夕食を食べたらまた出かけます。

オットが帰ってくるころには、家のなかは散らかり放題。
最近は子供2人の昼寝の時間がずれてるので、夕食の支度すらできません。
げんなり。

子育て、このまったくもって達成感のない仕事。
ワタシにとっては生産性というものも見出せない仕事です。
いやいや、子育てをさせてもらってるってこと自体がスゴイこと・・・か。
そこを突っ込み始めればキリがないですが。

子供がきちんと育ってるって実感できるときが、うれしいときかなあ?

photo[1]

ミキ、先日9ヶ月健診を終えてきました。
頭の周りだけが相変わらずでかめですが、あとは平均。順調な成長ぶりです。

9ヶ月健診は、あの大量の予防接種がないのでうれしい~♪

この予防接種。
毎回、大量・数種類、ということで、打った夜は熱が出たりで、母としてはほんとうにかわいそうで。
何でこんなに打つなんて!!!アメリカめ~~~~!!!
って思ってたのですが、日本滞在中に、NHK「クローズアップ現代・ワクチンが打てない・ワクチン後進国日本」観て、びっくりしました。

アメリカが打ちすぎというのではなく、日本が打てなすぎ、なんだそうです。

アメリカで無料で打てるワクチン=11種類

A型肝炎・B型肝炎・肺炎球菌・ヒブ・子宮頸がん・インフルエンザ・おたふく風邪・水疱瘡・不活性ポリオ・ロタウイルス・髄膜炎球菌

日本で無料で打てるワクチン=なんと5種類
はしか・破傷風・ジフテリア・百日咳・風疹

番組では、ヒブワクチンに注目し

先進各国の2009年のヒブワクチンの接種状況を紹介

 アメリカ(無料) ――93%(2007年)
 イギリス(無料)――93%
 イタリア(無料)――98%(2008年)
 ドイツ (無料) ――94%
 フランス(無料)――97%
 日 本 (有料)――データなし

日本では、このワクチンを打っていれば防げるHib髄膜炎で発症した乳幼児の5%が亡くなり、25%の子供達に発育障害や知能障害などが残っているのだそうです。

このワクチン、解禁になったのすら2008年とつい最近なのですが、今も有料。
番組で取り上げていた病院では1回の接種が7千円で計4回の接種が必要。
その病院に子連れで訪れていたお母さんは「ちょっときついです。お財布と相談しないと」とのこと・・・
そうですよね。合計2万8千円で、子供が一人だけならまだしも数人いたらと思うと・・・

親の収入の格差が、子供の健康の格差につながるなんてことが日本で起こってるなんて、と衝撃でした。

もうひとつ印象に残ったのは、ポリオの生ワクチン。
↑のアメリカでのワクチンリストの中に『不活性ポリオ』とあります。

日本ではポリオは生ワクチン。
現在、生ワクチンを使ってる国は一部の発展途上国のみなんだそうです。
先進国では化学処理をしてポリオを発症させないようにした不活化ワクチン。

この生ワクチンの使用で、実際にポリオを発症させてしまうということが、ごくたまにあるのです。
番組では、実際その接種で体のいたるところが麻痺してしまうポリオになってしまった4歳の男の子が取り上げられていました。
そのお母さんは泣きながら
「病気を予防できると思って接種させて、それで病気になっていたら意味がないですよね・・・」
とおっしゃっていました。

それ以来、息子さんには一切予防接種がさせていないんだそうです。

これの問題は何だろう?と疑問に思ったら、ここには行政の問題がからんでいました。
不活化ポリオの承認、アメリカでは2年でおりたのだそうですが、日本では10年以上も前からそのプロセスが始まっているらしいのですが、まだおりてないのだそうです。

外国製ワクチンは使用させないとか、そういうなんというかすごく狭い考え方が行政にあることで、現実、子供が守れない国になってしまってるというのは、日本人として悲しいことです。

世界経済では2位(中国に譲って3位?)の日本なのに、ワクチンは後進国。
今後、どういう歩み方をしていくのでしょうか。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

theme : 海外で育児
genre : 育児

おせち料理と親ゴコロ

ワタシ、年女のうさぎ年なんで、テンプレートをうさぎに替えてミマスタ
♪───O(≧∇≦)O────♪

カワイイ絵文字で24歳のふり(そんな必死なとこが36歳)

元旦早々から大洪水に見舞われたので、正月料理どころじゃなかった我が家。

業務用扇風機を持って来てくださったお友達からおせち料理ディナーにまで呼んでいただき、家族全員で手ぶらでお邪魔してしまったのでした(。-_-。)



コロラドで鯛の尾頭付きを初めてみました

自分で塩をしてオーブンのbroil機能を使って焼いたそう。

お母様が青森県出身とのことで、お赤飯は甘かった(^O^)


やっぱり赤飯は甘くなくっちゃね!青森県民!

写真はないのだけど、立派におせちを作りあげていたお友達。
とにかくあっけに取られてしまいました。
娘さんに日本の行事を見せてあげたいという一心からなのが、本当に伝わってきました。

正月早々、とても温かい気持ちにさせてもらいました。

ワタシも、ここにいると正月のあのそわそわしたせわしない気分とか、華やかなスーパーの食品売り場とか、そんな雰囲気が味わえないので、子供達にはワタシが見せなきゃっていう気持ちだけはあるのですけど。。。

また来年だな。。。。

本当にごちそうさまでした♪

theme : 海外で育児
genre : 育児

どこに付加価値を求めるか、の違い

日本人はブランドものが好きっていうのはよく言われてることですが、
限定、とか、大人気で売り切れ中、とか、そういうのにもヨワイですよね。
そういうとこに商品の付加価値を見出すんでしょうね?
人気のブランドもの、限定物、人気商品を手に入れるためなら、長蛇の列に並ぶのもいとわない。みたいな。

かくいうワタシも典型的な超ミーハーな日本人ですから、里帰りするとそこにすぐ喰いついてしまいます。
限定にヨワイ日本人に向けた、企業のマーケティング戦略に、まんまとはまるわけです。

アメリカ人は、はたしてどこに付加価値を見出すんだろう・・・・って考えました。
ワタシはそんなにアメリカも長くないし、知ってる米人もオットとその関係者(笑)くらいなんですけど。

安さ

じゃないかと。。。
サンクスギビングの次の日のいわゆる「ブラックフライデー」
どのお店も、ものすごいセールをする日です。
その日はアメリカ人も並びますもん。

あと、アメリカ人って、イメージ的にはオープンでなんにでもフレンドリーなイメージだけど、
実はものすごい臆病者だと思うんですよね。
なので、新商品に喰らいつくスピードって、すっごいのろいと思います。
なので、限定とか他の人に人気、って聞いても、「だけど自分は好きかどうかわかんないし・・・・」みたいに思うんじゃないかなぁ。


ミーハー日本人のワタシ、今回は、東北新幹線が青森駅まで開通した記念に(ご存知ない方、今まではワタシの地元である八戸市で止まっていました)

青森県が誇る焼肉のたれ、「スタミナ源たれ味のポテトチップス」
down_IMG_3436.jpg
(これ、割れないように気をつけて、ここまで持って帰ってきました(恥))

ローソンで売っていた「津軽ラーメン」と「津軽いなり」
IMG_7248.jpg
普通のいなり寿司と並んでこれがあったら、やっぱりこっちを買ってしまうワタシがおりました。
ただし、このいなりのどこが普通じゃないのか、が分からないただの田舎モンだったりします。

こういうご当地ものって、アメリカではないですよね。なんでだろう?
自分の州が一番!って思ってるからかなあ。。。

この、ローソンの「スプーンで食べるロールケーキ」は、テレビ番組で『ものすごい人気』って開発の段階から紹介してたので、すぐに買いに行ったミーハー娘ですし
IMG_1007.jpg

アメリカでも食べてるこのヨーグルト、日本のほうが種類が豊富で豊富でびっくりでして、
数年前に、友人のダーリンが作ってくれたルバーブパイを食べて以来、ルバーブに敏感なワタシをぴぴっと刺激したのがこれ
IMG_7204.jpg
実際、とっても美味しかったです。
でも、これ、アメリカで売り出したらどうでしょう。。。
きっと「ルバーブパイは好きだけど、別にヨーグルトに入れてくれなくても」とか言いそう。

滞在中、マクドナルドでは限定のチキンのバーガーが何種類か出ていましたので、やっぱり食べてしまった
IMG_7164.jpg

これはレモンペッパー味で、ワタシの中ではチキンがぷりぷりでヒット!だったんですけど、
きっとアメリカで売り出しても「いや、僕はいつもビッグマックって決めてるし」とかって言いそう。。。
もちろん、アメリカのマクドナルドでも限定バーガーとかあるんですけど、そんなに頻繁は出ないよなあ。。。

これは、妹の旦那さまが「すっごいおすすめ!」って教えてくれたのを、どうにか探した『白たい焼き』
IMG_1001.jpg
ワタシは初めて聞いたのですが、生地にタピオカ粉を使ってるそうで、ものすごいもちもち♪

しかし・・・・これが流行したのは去年だったらしく、今回探すのがすっごいタイヘンでした。

それそれ、日本でタイヘンなのは!!!
限定とかが多くて、次に買いたくてももうない!ってことが多い!!!

アメリカは、いい意味でも悪い意味でもなく、商品があまり替わるってことがないような気がします。
「いつでもある」っていう安心感はありますね。

そして、この「タジン鍋」
IMG_7262.jpg

今、大人気のようで、青森の田舎の小さなスーパーにすらたくさん並んでおりました。
写真は、うちの母が購入したもの。
本屋さんには、これ専用のレシピ本もいっぱい。

これは、来年帰ったら売ってるのかなあ・・・・ってすでに心配です。

里帰り中、独身時代にお世話になっていた美容師さんのとこに行きました。
7年ぶり?とか?
「アメリカって、NYとかそういうイメージしかないんだけど、大都市じゃないアメリカってどういう感じなの?」
って聞かれて、うまく答えられませんでした。

考えたんだけど
いつも風景が同じで、食べてるものも着てるものもそんなに変化がなくて、時間の流れがゆっくり
で、どうでしょう???

そんなアメリカに愛されてなんと140年(驚)のヴァセリンが、それを記念して
win-vaseline.jpg
スワロフスキーが施されたジャーに入ったヴァセリンを100ドルで発売中です。

うちのアメリカ人に見せたけど
「ふーーーん。手にヴァセリンついたら触れないね。あ、使わないでイーベイ(ネットオークション)で150周年あたりに売るのか」
だけでした。。。

theme : 海外生活
genre : 日記

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。