07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初の週末~ダウンタウンと花火

ドイツに着いて、初めての週末でした。

コメント欄では何度か書いてるけど、

こんなに余裕ぶっこいてるのは、荷物が全然届いてないからよ~~~

荷物着いたら、多分、気がくるって頭はげると思うよ(遠い目)


週末、ハイデルベルク城のふもとで花火があがると聞いたので、散策がてらダウンタウンにでも行こうと提案してみたんだけど、しょっぱなから夫婦喧嘩。

ドイツに来る前に無理矢理オットに買い与えたカーナビ、ヨーロッパ版も買って大活躍なのです。が、
かといって、来たこともない町ですし、地名や通り名もほぼ読めないし、でしょう?
いわゆる「土地勘ゼロ」の状態です。
で、こんなときも、ワタシがマニュアルのレンタカーをがしがし運転担当してるんですけど、
ダウンタウンってまずはどこよ????って、地図を見て、この通りっぽいな、ってとこをカーナビに入れてみたわけです。
で、そこに向かって行ってみた。
(相変わらずぶっつけ本番です)

でも、そこに向かってはみたものの、そこはダウンタウンど真ん中で。
駐車場を探さねば、って思っても、なかなか空いてるとこがなくって。
「どこかナビに駐車場出てこない?」
って助手席のオットに言っても、
「今出せって言われても、検索してる間に車の位置が変わるじゃん」
って、投げ出されてさ。

ようやく探して必死で停めてみたんだけど、駐車場から出てみて、さて今ワタシラはどこにいるんだろ?
ってオットに言ってみると
「知らないよ。キミが来たかったんでしょ?目的地とかあるんでしょ?」
ってまた投げられてさ。

『ダウンタウン方面に行ってみたいって思っただけで、何も知らない町なのに、目的地なんていちいち設定してるわけないじゃん!!!!そんなのいちいち説明しないとわかんないわけ????』

とキレル嫁。

オットは必死でカーナビをお散歩モードにして現在地とか調べ始めてたっけね。
あーiPhoneがあれば(涙)

とりあえず、ダウンタウンで撮影。

IMG_8871blog.jpg
息子がアフォみたいな顔でう○こ座りしてるけど。

晩御飯どきだったので、とりあえず、うろうろしたけど、外で食べれるとこがよかったのでここに入ってみた。
IMG_8867blog.jpg

やっぱりとりあえずビール
IMG_8876blog.jpg

で、ここで、お隣のテーブルに座ってた女性が、
「すいません、お食事中に」
って話しかけてきた。

なんでも、彼女、お母さんが韓国人、お父さんがドイツ人のハーフで、ワタシが韓国人かなあ???って声をかけてくれたみたい。
「ここでアジア人と欧米人の夫婦の間に出来た子供に会えるなんて~~~~♪」
ってこっちがびっくりするくらい感動してて、自分のご両親の写真も見せてくれた。

ついでなんで、
「ワタシタチ、4日にここに着いたばかりで、どこに何があるのかさっぱり分からないんですけど、花火を見るにはどこに行けばいいですか?」

って聞いてみたら、ほんとに親切に教えてくれた♪

で、彼女のおすすめのハイデルベルク大学エリアに行ってみた。
IMG_8892blog.jpg

ここを、マックス・ウェーバー(卒業生の一人)なんかも歩いたのかねえ・・・・なんて、ちょっと感慨深かった。
IMG_8894blog.jpg

噂に聞いたとおり、スタバの文字は緑ではなく茶色
IMG_8895blog.jpg
早速ご当地マグを買ったよ。

花火開始はなんと10時15分。
というのも10時くらいにならないと暗くならないから・・・
子供、狂わないかなあ、大丈夫かなあ、、、と思ったけど、いつもどおりレベル(苦笑)だったので、花火まで待つことに。

ネッカー川沿いで、ワタシの乙女な写真
IMG_8905blog.jpg

今年、独立記念日の花火は見逃したけど、ドイツで今年初の花火を見れました。
IMG_8917blog.jpg
(うちのカメラ、花火モードにすると、シャッター押してからがすっごい長くて花火を撮りきれないんですけど、これって全然使えなくないですか???)

これからは、もうちょっときちんと計画してから出かけましょう。

スポンサーサイト

theme : 海外生活
genre : 日記

ハロードイツ

無事、ドイツに到着して二日が経ちました!

IMG_8793blog.jpg
叔母のリンダからもらった「Somebody in Colorado Loves me」Tシャツで出発。

IMG_8794blog.jpg
カーシートを機内持ち込みのスーツケースにくくりつけるストラップを購入してみました。
これでストローラー(ベビーカー)を使わなくてすみました。

(難点は、このままだと幅がちょっと広すぎて機内の通路は歩けず、オットがカーシートごと抱えてワタシがスーツケースを持たなければいけなかったこと)

意外にも、息子はあまり寝なかったけど、愚図ったり騒いだりということはなく、飛行機のおもちゃで遊んだりゲームで遊んだり、空想会話したりして、いい子でした。
今までの数々のフライトでの息子を思い出し、母はその成長振りに涙しそうになりました。

問題はこの女
IMG_8822blog.jpg
ワシントンDCからフランクフルトへの便で、すごいガン泣きと雄叫びを続けて、すっごいことになりました。

とちゅう「周りの人が寝られないので、後ろに連れてってください」と言われたくらい。。。

後ろの男性にあからさまに嫌な顔されて、でっかいため息を何度もつかれたので、

仕返しに座席の隙間からすかし屁をしてやりました

せこい36歳ですいません(苦笑)

ワタシも、子供がいないときであれば「なんだよ。自分の子供なんだからどうにか黙らせろや」って思ってたと思いますが、今はもう『何をしても黙るどころか逆効果なときがある』ってことを知ってるので、こんな子を見ると親御さんに同情してしまいます。

ということで、飛行機内でギャン泣きの子を見たら、温かい目で見守りたい派です(苦笑)

へとへとで到着しましたが、友人シャノンがベルギーから迎えにきてくれて、すんなり空港からハイデルベルクの滞在先に到着し、ここはとってもラクでした。

早速、腹を満たしに散歩。

IMG_8803blog.jpg
近くのセメント工場まで石がこんな風に運ばれています。
息子は見るたびに「あれに乗せてくれ、頼む、マミー、いい子にするから」と懇願してきます。

アメリカと違って、自転車や徒歩で普通に人間が道路にいるので、すっごい安心します。

IMG_8805blog.jpg
公共の乗り物で市内を移動できる、これもアメリカの地方都市では不可能なのでうれしいです。

IMG_8808blog.jpg
疲れてても、疲れてなくても、ビールです。
うますぎます。

サラダのドレッシング、なんていうんだろう?おいしかった~
IMG_8810blog.jpg

パンはマジで激うま
IMG_8811blog.jpg

やっぱりドイツといったらこれらでしょう
IMG_8815blog.jpg
IMG_8814blog.jpg

生肉が大好きなので、カルパッチョに感動(涙)
IMG_8813blog.jpg

シャノンが頼んだ朝食メニューがこれ
IMG_8816blog.jpg

ヤヴァイですよ・・・すでにおいしすぎです。
コロスプの友人に「あまりに食べ物とビールが美味しいからって、コロラド戻ってくるころには太りすぎてWALMARTであの電動椅子使う人になってたりして」

これ
23288_388983094417_1708_n.jpg

あながち、笑えない気がする・・・・・(汗)

息子は早速噴水
IMG_8821blog.jpg

滞在二日目で、子供達の時差ボケがマックス(泣)
夜中の12時から2時過ぎまで大体ミキが起きてずっとギャン泣き(遠い目)
それをどうにか眠らせると同時に、息子が起きてきて「マミー、おなかすいた~」
そこから5時くらいまで眠れずにうろうろ。

7時にはオット仕事のために起きる・・・・・の巻

が二日続いてます。
今日はどうなるか。

とりあえず、無事到着したというお知らせまで。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

theme : 子連れ旅行
genre : 旅行

Estes Parkへ③

36歳の脳みそが記憶をとどめてるうちに書かねば。

最終日、明け方。4時くらいにミキの体がぼーぼーと熱くなってるのに気づきまして。
前日まで息子に飲ませてた薬を飲ませてみましたが、何しろ体温計がなかったのでどのくらいの熱なのか分からず。
愚図りまくるので、いちおうフロントにかけてみたところ、ナースステーションが8時に開くのでそれまで待つか、深刻そうであれば町のERまで行くように、とのこと。
熱だけで吐くとかそういうことはなかったので8時まで待つことにしました。
高熱だけだとアメリカのERでは何もしてもらえませんので。

*オットがミキをナースステーションに連れて行ったのですが、ミキがあまりに日本人顔なのでアジアからの養子と勘違いされました(苦笑)これ、かれこれ2回目くらい。アジア人の養子をもらう白人夫婦がすごい多いからね。
 自分の血のつながってる子供だよってことをさらっと言ったら、めっちゃ謝られたんだって。ここって謝るとこなんだね。
 

朝食に行こうとするとお友達(大人の女子)も熱があってダウンしてるとのこと。

やっぱり山は寒かったか~なんて話して、この日は軽く観光だけして帰ろうかっていうことになりまして。

チェックアウト後、YMCAの像とロッキー山脈をバックに記念撮影。
IMG_8702blog.jpg

いやあ、、、空も山もきれいだな~、いいとこだったなあ~なんて大人同士話してたら、
左から2番目、黄緑のTシャツのよぞみ家次男くんが、あっという瞬間に転び、頭を像の足元にぶつけてギャン泣き。

おでこにぱくっと穴が開いてしまいました(泣)

もちろん、ナースステーションでは手に負えず、ERへ。
この場でさようならとなりました。

前日夜に、大人が酒飲んでる横で子供達がベッドでジャンプして遊んでるときに
「あーあ、こうやってていきなり落ちてERとかってありうるよね子供ってさ」
な~んて話してたんだけど。

子連れ旅行、本当に油断大敵なのね

次男く~ん、早く元気になってくれ~

で、残りの家族は、ワタシがEstes Parkで一番行きたかった場所「スタンリーホテル」(ウェブサイトはここ)によりました。
IMG_8712blog.jpg

ここは、あの映画「シャイニング」の舞台となったホテルです。
The-Shining.jpg

今でも普通に宿泊できるの知らなかった(恥)
マニアはきっと、あの部屋217号室に泊まるんだろうね。
(原作者スティーブン・キングがこの部屋に泊まって構想を練ったんです)

話はそれるけど、今回コロラドスプリングスからドイツのフランクフルト空港まで行くのに、ワシントンのダレス国際空港経由で行くんです。
ここって、ダイハード2の舞台
diehard.jpg

映画の舞台っていうのにめっちゃ萌えるオタクですがなにか?

スタンリーホテルを無事見れたので、ここで本格的に解散。
無事、帰路へつきました。

今回のEstes Park旅行、本当に、楽しい思い出になりました。
ドイツ行きが決まる前から「みんなでどこかに行ければね~」って話してて、EstesPark行きが決定。
その後すぐにドイツ行きまで決定。
直前なのに旅行行けるの???なんて声もありましたが、ほんとに行ってよかったです。
息子は大好きなお友達と昼も夜も一緒に過ごせたのがほんとに楽しかったようですし、ワタシも我が家だけなら絶対にしないだろうなっていうスケジュールをこなせて、すっごい、満足。
またコロラドに戻ってきたら来たいよねって話しながら帰りました。

よぞみちゃんMashleyちゃん、ほんとにありがとね~

で、帰り道、ちょうどランチ時にボールダーの町に入ったので、行きたかったおすし屋さん(寿司三昧さん)へGo
IMG_8726blog.jpg

休みだった・・・・・(泣)

ここは次回コロラドに来たときにとっておくよ。

かわりに、大道芸人見たり、ちょっとだけぶらぶらして、ランチして
IMG_8724blog.jpg

IMG_8728blog.jpg

やっぱ、ワタシはコロラドLOVEだなと実感しました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ山岳部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

theme : 子連れ旅行
genre : 旅行

Estes Parkへ②

忘れないうちに、記録記録。
まだ二日目の午後。

息子、熱があってだるそうではあるけど、元気は元気。
吐くとか下痢とかそういうのもなく、熱が下がると普通に遊んでるので、昼寝後はまた遊びに出かけました。

今度は山のふもとの、Estes Parkの町をいわゆるstroll around=散策に。
観光地だけあって、人がわんさかいました。
ワタシは、観光地でそこの名前が入ってるショットグラスを買い、これまたそこの名前がついてる写真立てを買ってそこで撮った写真を入れる、という

相当に暗い趣味


があるので、それらを探しつつ。
お店の人によると、こんなに人が来るのは今がピークで大体11月になると一気にさみしくなるんだそうです。
雪がすごいからね、ここ。

ワイナリーと試飲って書いてるお店が結構あったので、友達と喜んだけど、入ってみたら、なんかちょっとスノッブなお客さんが多いし、試飲って書いてる割りにお金は取られるっていうのが謎で、さらに子供は椅子に登ったりテーブルに触ったりしたらいけない、って言われたので、何もせずに即効で出てきましたわ。

で、地元のBBQレストランでディナー。
IMG_8659blog.jpg
待ち時間に山をバックにガールズで。
(子供の中で女子はミキ一人でした)

友達家族は4人でこんなすごいプレート食べてて、びっくりしました。
IMG_8666blog.jpg

ワタシタチ夫婦はこんなにぽっちゃりだけど、意外なほど少食なのです。

初めて食べたピクルスのフライ
IMG_8661blog.jpg

げてものかと思いきや、美味しかった~♪

食べた後は、こんなとこで遊んで
IMG_8671blog.jpg

IMG_8681blog.jpg

また宿泊先に戻って締めはミニチュアゴルフ
IMG_8690blog.jpg

盛りだくさんの内容の一日になりました。

うちは、ワタシもそうだけど、オットがさらにびっくりするくらい疲れやすい男で(体はでかいくせに)、出かけてもせいぜい1~2つ何かするともう一日を終了させてしまうのです。

おまけに、計画性とか全然なくて、ワタシが「ここ行かない?」「これしない?」って言った計画にのってくるだけ。
なので、今回お友達の旦那様が計画たててぐいぐい引っ張ってくれたのですっごい助かったし、ラクでした。

いつもだと、行くとことすること考えて、時間配分と食べ物のこと考えて、ってぜーーーーーーんぶ自分なので・・・
こういう人と結婚してしまったから仕方ないけど。

部屋に戻って、子供を風呂に入れて、さて宴会時間だ~!ってなったら、オットはもうベッドで意識不明みたいになってて
『ボクが子供と寝てるから君は飲んできなよ~』
と優しいんだか恩着せがましいんだか、ってことを言ってました。

さて残すは最終日!
ときて、明け方ミキが今度は熱・・・
あーあ、うちの子たちって・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ山岳部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

theme : 子連れ旅行
genre : 旅行

Estes Parkへ

ご無沙汰しています。
引越し屋が来るまでに1週間を切ってしまい、頭の中だけがぱにくってますが、物事が前に進まないという状況に陥っています・・・
子供がいる引越しって想像以上にタイヘンね・・・

でも、週末2泊3日で、お友達家族と小旅行に行ってきました。
行き先は、ロッキー山脈国立公園の中のEstes Park(町のウェブサイトはこちら
宿泊先は、YMCA Estes Park Centerです。
(こちらからウェブサイトへ)

ここは、スケールがでかすぎるキャンプ村という感じのところで、到着してそのでかさにほんとに驚きました。
IMG_8604blog.jpg

IMG_8650blog.jpg

宿泊場所はワタシタチが泊まったホテルのようなところから、キッチンなどもついてる小屋風のところまでいろいろ。
食事はダイニングエリアでバイキング形式で取れます。

センター内には公園からプールから様々な施設があり、センターが主催するアクティビティーも豊富で、子連れにはほんとうにありがたい限りでした。

こんなロッキー山脈の山の中なんですけど、建ったのは1907年というから驚きです。
IMG_8651blog.jpg

息子Kには数日前から「お友達とキャンプに行くよ!」と言っていたのですが、彼は大好きなテレビ番組でキャンプファイヤーを見ていて、それができるということで大コウフンでした。
が、今年はコロラドで山火事が発生しており、火を使うことは指定の場所以外では禁止だったので、キャンプファイヤーはできず。
息子は最後まで「キャンプは?」って聞いてましたけど(笑)

初日は、出発直前に我が家を見たいという人がいるという連絡がはいり、そこから必死で子供をだましつつ掃除。
出発が大幅に遅れて焦りました。そんなもんです、タイミングって。
その日は特に何もせずに、夜はお友達と部屋で飲み会。
子供たちも12時過ぎまではしゃいでおりました。

次の日は朝から行動開始。
朝食をダイニングで食べてから、「アニマル探偵」というプログラムに参加。
要は、動物の糞や足跡を捜して、どんな動物かを探ろうという企画です。

IMG_8613blog.jpg

子供ってう○ことかに弱いよね~なんて話してたけど、ワタシもう○こに弱かった(笑)
すげーでかいのとかあって、超写真撮りまくったし・・・・
IMG_8609blog.jpg
(ワタシの太い足にも負けない迫力のう○こがそこらじゅうに!)

ここ、いきなりエルク(アメリカアカシカ)なんかが目の前に出てくるような野生動物の宝庫なので、う○この宝庫でもあった・・・

昼からは、ダイニングでお願いしたランチボックスを持って、ハイキングに出かけました。
IMG_8638blog.jpg

普通に標高8千フィート(2500メートル)付近でランチ。
IMG_8641blog.jpg

さらっと絶景~

これにオレンジが入ってた。なかなか満足。
IMG_8645blog.jpg
食事券を持っていたので、ダイニングエリアでの食事だけに使えるのかと思ったら、外に出るからと言うとランチボックスがもらえるというサービス。
山奥で、買い物できるところもふもとに降りなければならなかったので、ありがたかったです。

このあたりから、息子かなり不調。
熱が上がってきたようで、部屋に戻り休憩しました。
コウフンと疲れと、山の寒さにやられたようでした。
子連れ旅行、やはりハプニングはつきもの。
そして、家を出る直前に予想外の大掃除があったので、薬類を入れたポーチをすっかり忘れたまぬけ母。
お友達から薬を頂いた始末です(恥)

なんか長くなってきたので、次回に続きます。
忘れられないうちに書けることを祈りつつ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ山岳部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

theme : 子連れ旅行
genre : 旅行

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。