08
1
2
4
5
9
10
12
13
14
15
20
21
23
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルめぐり

毎日、毎日、雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨雨泣き顔
うざいくらいデス。
母と一緒にコインランドリーの乾燥機に行くのが、もはや日課となっています。

ワタシはうざいで済まされる程度ですが、東海地方では、死者の方も出たくらいの大惨事になってます。
被害にあわれた方、お見舞い申し上げます泣

先週は、雨とはいいながら、いろんなものを食べてシアワセですた♪

「和民」や「庄や」など、庶民派居酒屋は、ノンアルコールビールやカクテルがあるので助かります。
気分だけでも盛り上げていかねば。
これは庄やのモモレンジャー。
DSC07949.jpg
メニューには
『ちょっとアルコールが苦手な方へ』って書いてあるんだけどね(汗;
ワタシは『じゃんじゃんバリバリ好きなんだけど今は飲めない方』です。

さんまがもう出始めてますね~
脂がのりのりのお刺身を。
DSC07946.jpg

焼酎飲みてーーーーーーーーーーーがっくり
来年の里帰りでは(授乳も必要ないでしょうから)、頭にネクタイ巻いたサラリーマン並みにぐでんぐでんに酔っ払ってやるぅとまたかたく心に誓いました。

ランチで、ミニ懐石をお友達にごちになりました。

DSC07958.jpgDSC07961.jpgDSC07967.jpg

うにの茶碗蒸しとか、いちじくのごまだれとか・・・・・・
まじうま(涙)でございました。

友人は、子連れなワタシを気遣って、わざわざ個室を予約しておいてくれて、
じゅうぶん堪能できるかと思ったけど、やはり、店に着いたとたん、ばちっと目を覚ましたKのおかげで
思いっきりじゃまされて、ゆっくりということは無理でした。

ここでも「来年は授乳がない=親に預かってもらえる=ゆっくり昼からビールでも飲みながら堪能できるであろう」と、また来年に期待でした。

ワタシの頭の中で、来年はものすごいすばらしい年になってるんですけど(苦笑)

こちらの『朝の八甲田』で有名になったアルパジョンの、
(↓クリックで商品内容が見れます)
限定50箱!!4日間で35万個販売した話題のチーズケーキ「朝の八甲田」10個入り


新商品のプリン『大地卵』も食べてみました。
これは、JALのファーストクラスのお取り寄せブックの商品に選ばれたそうです。
(こっちはワタシの撮影した画像なので、クリックしてもなにも出ません(汗))
DSC07942.jpg

すっごい濃厚な牛乳とチーズの味のまったりプリンです。
朝の八甲田のプリンバージョンって感じ。

個人的には、『朝の八甲田』のほうが好みです。

というか、寄らせていただいた、母のお友達が作ってくれた
DSC07944.jpg
こんなおやつのほうが、アメリカに戻るのが近い(泣)ワタシには参考になりましたけど。
よもぎ入りの白玉粉、COーOPで手に入るそうで、とてもおいしかったので、持ち帰ってコロラドでもお友達と食べたいナと思ってます。

行き急ぐかのように食べまくってますが、そんな中でも頭の片隅には体重のことがあるのが小市民。
こんなに食べてるんだから忘れてしまえよ!って思う自分もいたり。

スポンサーサイト

おもちゃもオモシロカッタワ

昨日の続き
といっても、そんなにはネタがないことに気づいたけど(汗)

子供って、おもちゃにすぐ飽きるのですね・・・
最近のべビ男Kは、ビニール袋のかしゃかしゃ音が大のお気に入り。
寝たそうなうつろな目をしてるときにかしゃかしゃとやると一気に眠りに落ちます。
この音を出すおもちゃ、いろいろあるのですね。

あとは、歯固め系。とにかくなんでも食いますので。
ワタシの鼻にもおもむろに噛み付きます(汗)

そして、音が鳴る系。

それらを探してうろうろしてみましたが、おもちゃのネーミングのおもしろさにびっくり。

イカの形の噛み噛み。その名も『イカすカミカミ』(苦笑)



『イカす町八戸』出身としては買っておきたい一品。
(注)わが町八戸はイカの漁獲量が日本で1位(今はわからないけど)。
なので『イカす町八戸』というキャッチフレーズがあります。

赤ちゃんって鏡好きですよね。基本的に自分が好きなのか?
これは、鏡で赤ちゃんの注意を引くというおもちゃ。
分は持ちますはんまで』



これまた、いっぽん取られましたな。
「山田くーーーん。座布団1枚!」

またまたこんな感じで、西松屋での時間はあっという間に過ぎて行くのでした。。。

雑誌(もちろん日本のやたらと細かいことまで書いてるひよこクラブ系)で、夜鳴きや愚図りにいいってあったので、大金をはたいて、これを買ってみますた。
「赤ちゃんけろっとスイッチ」


(セコロジストのワタシは、アマゾンの方が西松屋より300円ほど安いのが悔しいのだけど。)


うちのKは、飽きたり、今いる体勢が気に食わなかったり、カーシートに乗ってるのがいやになってきたり、なんてときにずごく愚図るわけですが、それに最近はクジャクのような鳴き声が加わって、ワタシも手に負えなくなってきたのです。

使ってみたら、うちのKには効きました!
本当にぴたっと泣きやんで、「なんじゃこりゃ????」って顔してじーーーっとしてます。
今日は、寝かしつけの添い寝乳をしてたのですが、風呂上りの興奮が冷めないみたいで
Kは乳から口は外さずに足をばたばた。
母が背後でこれのスイッチを入れたとたん、足の動きが止んで・・・
5分くらいしたら寝息を立ててました(汗)
ビニール袋よりも効果大でした。

うーーーん、おもしろい♪

西松屋にて

赤ちゃん用品の店、西松屋に行ってみました。
こちらクリックで、楽天の西松屋のページにいきます

昨日も書いたように、連日寒くって、べビ男Kの服が不足中。
あと、手持ちのおもちゃに飽きたっぽいし、フリーズドライの離乳食も見てみたい。
そんな目的でした。

まず、服は、長袖のロンパースを探してましたが、日本のベビー服の英語がおもしろくって。

これには「I will be happy tomorrow.」とあります。



きっとオットは『じゃあ、今はハッピーじゃないのか・・・悲しいな』とか言うと思います。

これには、鉄棒する動物に「Fight!」「DO YOUR BEST」



こんな小さい頃から、『ベストを尽くせ』ってプレッシャーかけられても・・・

これは、カモミールティーとは書いてあるけど、その下に「Natural Sleep Aid」



なんか、ちょっとアヤシイドラッグっぽく聞こえるなぁ

とか、突っ込みながら見てると、時間を忘れてしまいがち。

結局、セール品(なんと499円!)から、こんなきゃわゆいロンパースを買いました。



前から見ると、鉄砲ではなくてパチンコ、後ろ姿はポケットにキャンディー♪
これに、バンダナ型ビブ(よだれかけ)でカンペキ♪
って・・・半そで買ってるし(苦笑)

もう一つ、ニューヨークヤンキースのユニフォーム柄の、長袖のロンパースも買いましたが、
きっと、アメリカで着せたら『おっ!ヤンキースのファンなの?』とか聞かれそう。
ただかわいくて安かったから、って通じないんだよね。。。

ここ八戸には、べビザラスなんてないし、あかちゃんほんぽも閉店したらしい(ほんと、店が続かないまちですここは)
でも、西松屋、堪能しますた。
おもちゃとかもおもしろかったので、明日また。へばまた~

ただのつれづれ

本当に、青森県は毎日寒い!!!!
ありえないくらい寒い!!!!

去年の今頃も里帰りしてたのですが、残暑でヒーヒー言ってました。
絶対、異常気象だな。。。
去年がそんなんだったので、持ってきた服は、全部真夏用。
羽織ものはなぜかGジャンしか持ってきてなくって、他の服に合わねーのなんのって(苦笑)
なんでこんなの持って来たんだべな。。。って自分が分からなかったり。

で、仕方ないから妹や母から服を借りて毎日過ごしてるんですけど、
やっぱり日本の服はかわいいよ(涙)
妹に
『この服カワイイネ~。どこで買ったの?』
って聞いて、連れてってもらったら、かわいいのばっかり置いてるお店で。

日本は服が高いから絶対買わない!っつうか、買えない!って決心してたけど、
無理してでも買いたい!って思ってる自分もいたりします。

最近は、じょじょに、じょじょに、授乳の合間をぬってや、べビ男Kを連れて、友達にも会い出してるのですけど、ほとんどの友人が働いてるから、会えるのは週末。
で、週末もほとんどの友人が、エステや脱毛、マッサージなどの予約が入ってて、それが終わってからとか、予約入れてない日とかに会ってもらってます。

日本人はやっぱり、みんな、見えるとこ・見えないとこ、どちらにもお金かかってるわーーー(ため息)
でっぷり太ってるけど、手と足の爪だけはばっちり、みたいな米○人とは違うわ・・・・
*これはあくまでもワタシの、一般米○人への印象ですのであしからず

そんなワタシも、日本にいたころお世話になってた美容院に行き、髪を切って、毛染めして、やーーーっとなんか自分って感じぃ(笑)

日本は、美容院ひとつとっても、頭皮や首のマッサージしてくれたりして、いたれりつくせり。
最高デス。
でも、お金がかかるわね・・・

アメリカというかコロラドだと、別に美容院にも行かずに伸ばしっぱなしでも、全然平気。
お金もかからず、したいように、やりたいように生活できるのは、それはそれでいいかも、って思ってます。

なんか、何も特別なことをしないうちに、残すところ日本滞在が3週間となってます。。。
里帰り6週間は短いな。来年からは3ヶ月くらい帰りたいものです(本気)
上でコロラド生活の良さを言っておきながらですが、やはり日本を去るのはサミシイ・・・・
そろそろアメリカに持ち帰るものの買い物にも取り掛からなければなりませぬ。
ただのつれづれなヒトリゴトでした。

べビ男K、もう5ヶ月です

べビ男K、20日で5ヶ月になりました。
20日当日、イトーヨーカ堂の授乳室で計測してみたら、
身長:約65センチ
体重:約7300グラム
でした。


激しく短足(苦笑)
いきなり伝言ですが
じゅんこからいただいたレッグウォーマー、いきなり寒くなったので大活躍しておりまーす♪
早速、違う柄のをユニクロ(安っ)へ買いに行きました!

最近は
*じじ(ワタシの父)の顔を見るとやたらと興奮する
*ハイハイしたいようだけど、前へは進めず後ずさりする
*寝返りがすごくておむつ換えがすごく大変
*座って遊びたいらしいけど、支えがないと座れないのでそんな自分に欲求不満を感じているらしい
*興奮すると、家の外まで聞こえるくらいの、クジャクのような奇声を発する(帰りの飛行機大丈夫かよ・・・)
*あいかわらず、ワタシの乳がないと寝れない・・・
*なんでも口に入れる
という感じ。

そして、そして、最近はやたらとなんでも口にものを入れるし、ワタシたちが何か食べてるとじーーーーっと見てて、ついには、母が持ってた食パンにがぶり(笑)



ということで、昨夜から、離乳食の練習を始めてみてます。
味噌汁のうわずみはやたらと飲みます・・・とにかくオットのような好き嫌いの激しい人間にはなってほしくないので、スタートは好調(と思いたい)

平日の日中は相変わらずヒマなので、Kと二人、ぶらぶらしてることが多いのですが、
通りすがりの方や、エレベーターで一緒になった人、店員さんなんかに
『あらーーー目がくりっとしてて、かわいいわね~♪ガイジンの赤ちゃんみたーい』
と言われることがよくあります。
やはり、日本にいるとガイジンに見えるんだねえ。
で、ただのとおりすがりであれば、にこっと笑って済ますのですが、同じエレベーターとかだと話をしなきゃならないので
『半分ガイジンなもんで』
と答えてます。

が、昨日は、同じエレベーターにのったおばちゃん二人組がまた同じ会話。
さて、いつもの『半分ガイジンなもんで』と言おうとしたら、一人のおばちゃんがワタシを見ながら

『だって、ほらぁ、お母さんがこんなにかわいいもの!!!かわいくもなるでしょ!!!』

『半分ガイジンなもんで』と答えずに、微笑みながら『ありがとうございますぅ』って答えたのは言うまでもなく(笑)

そんなかわいい母とKです。(爆)



Kの長さを見せようとして撮ってみた写真ですが、なんかKの大事な部分を隠してるみたい(笑)

オリンピック観てますよ

オリンピックの選手の方々、毎日毎日おつかれさまです。

レスリングのメダリスト・伊調姉妹は、中学校の後輩(といっても年が違いすぎて、同じ時期に学校に通ったわけではないけどね)、姉妹でメダルなんてすごすぎ!!!
おめでとうございます。

気になるのは、実況中継のアナウンサーと解説の人。
ワタシがよく観てるのはNHKのBSなんですが、
『姉妹で金の約束は果たせなかったけど』とか
『姉は残念ながら銀』
だとか、いちいちうるさい。
運動能力ゼロのワタシからしたら、オリンピックに出てるってことだけで超尊敬の対象だからね。
って普通そうではないのか?

お姉さんの千春さんが、決勝の試合で敗れて、戻ってきてすぐのインタビューでも
『姉妹で金ではなかったけど、この雪辱は?』
とか聞かれてて、
「なぜに銀メダルおめでとう~!って始めに言えないのじゃ!」と怒っていたワタシ。

解説の人も、
『10月には東京で世界選手権がありますから、そちらでなんとか』
とか・・・
「今のことを褒めんかい!!!」と、また怒るワタシ。

本人たちはこれ以上に、周囲でこんなこと言われ続けた4年間だったんでしょうね・・・
今日引退を表明したそうで。
ほんとうにお疲れ様でした。と言いたいです。

昨日の日本VSアメリカの女子サッカー。
残念ながら日本は負けてしまいましたが、会場の売店ではアメリカと中国の応援用国旗は売ってても、日本の国旗は売られていなかったそうです。
そこまであからさまだと、文句を言う気力もないです。
ほんと、やることすごいね中国って。
でも、なぜにアメリカの国旗は売るの?中国ってアメリカは好きなの?
国際関係って難しいです、一般人には・・・

最近は、韓国滞在中のオットSとの電話の話題もオリンピック。
先日8個目のメダルを獲った水泳のフェルプス選手、1日の摂取カロリーが12000キロカロリーだそうで、アメリカのテレビ番組で、どんなものを食べてるか、って観たらしく
『ボクなんか目じゃないくらい不健康なもの食べてるよ』
とオットは笑いながら話してました。
確かに、毎日ピザとかパスタとか。
でも、1日に使うカロリーもはんぱじゃないしね彼は・・・あなたと違ってね・・・
『引退してからも同じ量食べてたら、すごい速さで太るだろうね』
と言うオット。
まあ、そこはあなたが心配しなくても・・・(苦笑)

とまあ、みんなそれぞれがいろんなこと思いながら観てるオリンピックです。

子連れで気づいたこととか

そんなにはお出かけをしていないのですが、日本に住んでたときは子供がいなかったので、
子連れの今はいろんな発見があります。

まず、ジャスコだろうが、イトーヨーカ堂だろうが、どこに行っても授乳室がスバラシイ♪



カーテンのある個室はもちろんのこと、粉ミルク用のお湯もあるし、身長・体重も測れるし。
保健婦さんみたいな人もいたり。
いたれりつくせりだわ~

でも、どこかに行けば授乳室があるということで、公共の場での授乳はちょっとしにくいデス。。。

あと、うちは、カーシートがそのままストローラー(ベビーカー)に付けられるものを使ってるので、
どこに行くにもストローラー(ベビーカー)を持っていって自分のものを使うのですが、
日本のスーパーなどにはたいていそのベビーカーが置いてあるのですね。
見かける人の約9割は、お店のものを使っているようです。
でも、うちのべビ男Kは、車ですぐ寝るタイプなので、お店のものに移すとせっかく寝たKを起こしてしまいがち。
結局、自分のベビーカーにカーシートごと移すほうがらくなんです。
が、ベビーカーの車輪がでかいので、日本だと結構大変。
この前はマクドナルドで通路を占領する羽目になってしまいました。。。

今日は、これに乗せて散歩に出たのですが、うちの実家近所はすっごい道が狭く、車が来るたびに道の脇に思いっきり寄らないと危険。
今日は運悪く、道路わきのちょっとした段差にベビーカーの車輪がはまり動けなくなり、近づいてきたタクシーの運転手のおっさんに
『危ないから早くよけて!!』
と注意されました(泣)あいかわらず歩行者に厳しい国です。

まあでも、どうにかこうにか、「すいません、すいません」言いながらも堂々と生き延びてますけど。

話かわって、日本のベビー服って、なんかおしゃれですね。



友人からお祝いで頂いたTシャツ着たら、なんかKがオサレっ子に見えるのは・・・・親ヴァカ?

あと、この写真でもしてる、バンダナ風のビブ(よだれかけ)、



日本ではだいぶ前からあるそうですが、すっごくきゃわいくて気に入ってます♪
なんでも、普通の主婦の方が、よだれかけにかわいいのがないって思って考えついたものだそうですね。
いやあーーーーこういうアイデアの出る人ってウラヤマシイ。
なんか、ただただ取り留めのない話になってすんまそ。

これが最後!
最近、特訓の成果があってか、Kが昔ながらのおんぶ紐でおぶると、こてっと寝るようになりました。
が、おんぶ紐をしてる姿って



なんか、公共の場には不適切な気がしますね(汗)
特に、授乳中の今、ワタシはおっぱい怪獣みたいになるんですわね。。。
それでも、これして歩いていいものなのでしょうか?
アメリカだと、なんでもありだからできそうな気がしないでもないんだけど、日本だとどうなんだろ?


お盆、ていうかワイワイほたて祭りだね

日本のお盆、終わりました。
すごいハードスケジュールでした、あいかわらず。

うちは、両親の実家のお墓参りに毎年家族で行くのが恒例なんで、べビ男Kを連れて行ってきました。
特に父方の実家は、父が7人兄弟で、それぞれが子供・孫など一族郎党を引き連れてくるので、多分家の中や外に大人・子供合わせたら30人以上いたと思われ。。。
Kは、みんなが抱っこしてくれて助かった・・・ような・・・ゲロばっかりしてたから、他の人の服につけやしないかと、逆に心配で疲れたような・・・

一族が集まるから毎年大宴会。ということで、お盆とはいえ食い物ネタです。

やっぱり夏なので、とうもろこしで開始。


そして、青森といえばりんごという声が多いでしょうが、ワタシはあえて「ほたて」と言いたい(独断)

都会育ちの甥っ子が『何これ~?』と聞いた、洗面器いっぱいのほたて。
これがあと2杯くらいあった。



昼には刺身でごはん3杯くらいいきました。
このでかさ、スバラシイのひとこと(大喜)



やっぱ日本式バーベキューが好きです(って書いてるTシャツでも作りたいくらい好き)

奥では、これでもかっていうくらいホタテを焼いてます。。。写真ぼやけてて載せられないのが悔しいわ。

まあ、みんなで楽しく近況報告して、ワイワイ宴会することで、ご先祖さまも安心するべね。ってことだ。
大人は昼過ぎからずーーーっとこんな調子で、家の中は子供たちが鬼ごっこしてて、その音やらかわるがわる変わる人の顔やらで、Kは長く眠れず、興奮し過ぎちゃって。
帰りの車の中では、目を見開いて「ウォーウォー」言ってました。



来年も帰れるといいけど、親戚のおばさま方にも、脚が強くて気が強そうということを指摘され
『これは歩き出したら大変だべのーーーー』
と言われたK。
来年のお盆の大宴会に連れてこれるかな・・・もう今から来年の心配をする母でした。


子供用品で気づいたこととか

お盆で、親戚の集まりやらなんやらかんやら。
大忙しでした。
お盆の話題はまた今度で。

お盆にはいったら朝晩は、さすが東北地方、涼しいどころか寒いときもあるくらい。
日中はでも暑かったです。
実家には一部屋だけエアコンがあり、リビングには年代物の扇風機のみ。



こんな感じでべビ男Kは遊んでます。
昭和生まれの子供みたいでしょ?

手にしてるのは、アメリカもの(多分sassy)のおもちゃ。
日本のおもちゃは、あわくて優し~い色合いのものが多く、それはそれでとってもかわいらしく思うのですが、子供の目にはどぎつい色のものがはっきり写るんだろうね。
なんだかんだと、アメリカから持ってきたもので遊ぶほうが多いK。

それでも、歯固め(噛み噛み)は、日本のものが大のお気に入りです。



ね?これもあわーい優しい色でしょ?

なんでこれだけは日本のものがお気に入りなのかというと、きっとサイズだと思ってます。



右の熊はアメリカものだけど、手足が噛み噛み用になってますが、一目瞭然、でかすぎです。
Kは必死でこれを口に全部いれようとするのですが、結局入らず、熊の頭を食ってます。

まだまだ他のことで忙しくて、子供ものの買い物などはそんなにしてないんだけど、
日本のものは性能がよくて小さめだなぁと思うことが多いですね。

お尻拭き、アメリカものを3パック持っていったけどもうなくなっちゃったので、日本ものを今は使ってますが、薄くて小さい!!
もちろん、やぶれたりとかは全然しないけど、面積がアメリカものより小さくって、慣れずにKの水っぽいう○こ拭いたら、手に思いっきりついたり・・・

でもさ、



『残り枚数がわかるライン付』って、後のことを考えてくれてるあたりが、
あーーーー思いっきりジャパーン!!!!って感動しますた。
また気づいたこと書きますぅ

レストランには行けずとも

べビ男K、うちの母・妹のしつっこい特訓にもかかわらず、相変わらず、おしゃぶり、哺乳瓶とも受け付けてくれませぬ(涙)
ので、Kなしでの外出には時間制限がある&Kつれてでは落ち着いて食べることができない、ということで、レストランというところではいまだ食事をとることができていませぬorz

しかし、日本のものはなんだって美味しいのです。
そして、アメリカよりも安い!!!と思うけど・・・

お惣菜売場の寿司だろうが、セルフサービスのお店のハーフ&ハーフのセットだろうが
(いろんな種類をちょこちょこ食べたいワタシはハーフ&ハーフってのがすごく好き)



久々のコージーコーナーのシュークリームとか、高校時代の売店名物・むつ食品の揚げ物とか


軽トラの荷台で焼いてるさばとか、冷やしラーメンとか


B級とはいえ今のとこ大満足デス(涙)

ただ、『あー今日は~が食べたい』『あっ~も食べてから帰らなきゃ』とか毎日言ってるので

『いいかげん食べ物の話するのやめて』

と冷ややかに母に言われてしまいましたけど(苦笑)

いやいや、ここに帰ってくる楽しみの9割は食べ物だから・・・

昨日も友人から大好物の人形焼の差し入れ♪日本で太って帰ってやる覚悟(爆)

ワイドショーでオリンピック勉強中

今夜はオリンピックの開会式~
ミーハーなワタシは、オリンピックが昔から大好き。
いつだったでしょうか・・・オリンピック競技委員会に就職するにはどうしたらいいか・・・って調べたこともあったくらい(苦笑)

毎日、ワタシとべビ男K以外はみんな忙しく。。。
暑い家で(マジ暑いよコロラドの皆さん。Kには初めてあせも出てますから)一人、Kをあやしつつ観るのはワイドショー~
これまた、ミーハーなワタシには必須アイテム。
ふとぅーーーに、冷たい麦茶や緑茶飲みながら、しょうゆ煎餅やら串団子を食べながら観るのは、
はっきり言って、コロラド在住ではできない贅沢。
特に貧乏性のワタシは、実家から煎餅などが送られてきても、もったいなくって食べなくって。
賞味期限が切れるなんてことはしょっちゅうなのです。

最近のワイドショーの話題はもちろんオリンピック。
どんな競技で何個のメダルを取れるか。各局で予想中。
これって、選手側には余計なお世話なんだろうけど、浦島太郎なワタシには勉強になるわね。

アメリカにいるときは、確かに、テレビの合間に『オリンピック2008』的なコマーシャルが流れてたりしたけど、だからって、こんなにもオリンピックだけに集中したテレビ番組はなかったような。
我が家が観てなかっただけ?
とにかくオリンピック時期に日本にいられる幸せをじゅうぶん味わいたいと思います。

長野オリンピックのとき、なぜかフィンランドにいたワタシは、なんか、フィンランドのニュースキャスターが変な着物を着て、いちおう屏風の前でオリンピック中継してたのをじーーーーっと観てたんだけど、
言葉は分からないし、日本の選手は映らないしで
『オリンピックは自分の国で観るに限るな・・・・』
と、妙なモットーを自分の中で作ったんですわ。

さて、今日のワイドショーを観てたら
「オリンピック史上初!水泳と体操競技の決勝は午前中に開始」
という話題。

へ????それがどうしたの????
って思ったら、選手的には、午後にめがけて体調を整えていくのが普通なので、これが午前中になったということは、前の日の睡眠から管理していかなければならないくらい重要なことらしいのです。

で、なんでそんな重要なことが絡むのにわざわざ午前中にやるのさ?って思ったら・・・
原因は・・・

アメリカだったよ(笑)

なんでも、大手テレビ局(NBC)が今回のオリンピックのスポンサーで、それこそ、すごいお金を出してるらしくって、
アメリカ人が好きなこの水泳と体操の2競技は、アメリカの夜に放映したい=中国だと朝なわけね・・・

あいかわらず、やること大胆だよね。。。
アメリカの選手がこれで体調整わなくてメダルが獲れないかも・・・とか考えないんだべね。。。

そんなことを煎餅ぼりぼり食べながら考えたりしてますた。
あちーーーーカキ氷でも食べに行きたいよーーーーー

これぞ青森の夏

やはし、青森の夏は短いので、県内各地で夏祭りはこの時期盛んです。

久々に、その祭りに間に合って里帰りができて、うれしいです。

お祭りのコスチュームも父に買ってもらったKですが、1才用しかなかったのでまだまだ大きく、
そして、青森県といえども、連日ものすごい暑さ。
祭りの格好では暑すぎます・・・
で、じんべえさんを買ってみますた。



そして、そして、ムービーをYOUTUBEでみつけたので、海外の皆様も夏祭り気分をどうぞ。
わが八戸市のお祭り、八戸三社大祭はこんな哀愁漂うメロディー
(音が大きいのでお気をつけて)



やっぱり、小さいころから聞いてるメロディーなんで、聞くと『あー夏だー』ってそわそわします。

そして、青森はこっちが代表だろうね、青森ねぶた祭り。
こっちはもう、迫力があって、跳ねたくなるよね。



大学時代の友人、くみの赤ちゃんを見せてもらいに、Kと一緒に青森市まで行ってきました。
本物のねぶたは夜も遅いし見ることはできなかったけど、市内のモールに飾られたミニチュアねぶたと記念撮影。
Kは、また、こんなときだけ寝てるし・・・



くみのとこのTくん、かわいかった~
たった4ヶ月違いでも、Kが巨大児に見えました。
Tくんも、大きくなったら、親子でお祭りに参加するんだろうなあ......

ワタシにとっては、夏=バーベキュー(←アメリカってそうでしょ?)ではまだまだなくって、夏=祭りデス。

一人子連れ里帰り・2008キロク②

ちょっと、祖母の家に顔を出したり(80代の祖母は、ワタシの里帰りが近づくにつれ、心配で心配で眠れなかったらしい・・・)市役所にお世話になったりとばたばしてました。

時代遅れな話題にならないうちに続きです。

★LAX~成田空港

今回は、JALのファミリーサービスというものを予約してました。
一人で子連れ里帰りにはとてもいいサービスだと聞いていたからです。
これ、申し込んでおいて、正解でした♪

言われた時間にチェックインカウンターに戻ると、担当の女性登場。
『同じ日にファミリーサービスの申し込みが多いと、一人で担当しているので荷物などを持つ手伝いができないかもしれませんので』と電話申し込み時に言われていたのですが、この日はあまりに申込者多すぎたみたいで、逆にそれぞれに担当者がついてくれました。

で、担当の彼女、ワタシの手荷物2個を持って、Kが乗ったベビーカーを押してくれました。
ワタシは手ぶらでセキュリティーへ。
セキュリティーには長蛇の列でしたが、なんとわれわれは優先通過。
飛行機の乗務員が通るほうのセキュリティーポイントをスーイスイと通らせてもらいました。

搭乗ゲートに着くと、すぐにゲート内に通されました。
いやあ、ラクラクでした。

ハイ、ここからが10時間半のフライトの始まり・・・思い出すだけでも疲れるけど。
読んでるだけでも疲れるかもよー

今回は、前に席がない、バルクヘッド席を予約。
目の前は壁で、壁にバシネット(簡易ベビーベッド)が取り付けられます。
こんな感じ



でもこれ、2席にまたがるくらいの長さ。
ワタシの隣の席には、離陸前、アメリカ人の男性がいまして
『僕には4人の子供と5人の孫がいるんだ。今日は、僕が代理父と思ってなんでも言ってね』
と心強いことを言ってくれてました。
が、離陸前に違う席に乗務員が移動させていきました。
残念と思ったけど、バシネットを広げてみたら、分かりました。
もし彼がそのまま座ってたら、多分目の前すぐにK。
全然くつろげなかったはずでした。

で、ワタシの隣2席が空席になり、ワタシはそこに思う存分荷物を広げることができました。

ちなみに、今回、ベビーミールというのも申し込んでいましたが、(Kはまだ食べないけど、どんなものか興味しんしん丸だったので)



離乳食2瓶と、ビブ(よだれかけ)、フォークなんかがポーチにはいってました。
あと、おむつを2枚もらいました。足りなければ言ってくださいということでした。
アンパンマン柄のおむつ、超かわいい♪

『手狭なお席とは思いますが、どうぞ、リラックスして、到着時間までお過ごしくださいませ』
という、なんとも謙虚なアナウンスがあり、離陸。

Kは、ご機嫌だったけど、少しでも休みたい・Kにも休んで欲しい母は、タイレノールを飲ませました。
(数日前にかかりつけの小児科医に相談してありましたので)
が、まーーーーーったく寝てなんかくれませんでしたね(汗)上の写真は、10時間半のフライトのうち、2時間寝てくれたときに撮影したもの。
あとは、ずーーーーーっと起きて、抱っこと遊んでの要求でした、うちの息子(汗)

でも、ちょうど寝てるときに1度食事があったので、撮影してみました。
ひつまぶしでした(喜)右上のティラミスが美味しかったデス。



ずーーっと起きてたKですが、スチュワーデスさんが入れ替わりたちかわり
『なにか、今して差し上げられることはございませんか?』
『どうぞ、お母様、抱っこしてますから食事や飲み物をお取りになってください』
『お手洗いは大丈夫ですか?抱っこしててあげますよ』
などと声をかけてくれましたし、

Kが飽きてきてギャン泣きを始めたら、スチュワーデスさんたちの席がある、ちょっと広めの床に
ブランケットを敷いてくれて
『どうぞ、ここで広々と遊ばせてあげてください』
とか言ってくれて。

おむつ替えにトイレに行くときも、先導してくれて、さきにはいって、おむつ替えの台にブランケットを敷いてくれたり。

JAL、本当に最高でした!!!!!

あと、2席おいて反対側のはじの席に中国人の女性がいたんですけど、
『あなたは休んでて、私が赤ちゃんと遊んでてあげる』
って何回も遊んでくれたし、
Kは、疲れなのかなんなのか、すごいゲロしまくりで、ワタシもゲロまみれだったんだけど、
近くの席の日本人の方が
『背中に吐いちゃったのがかかってますけど、拭きましょうか?』
って声かけてくれたり。。。

想像以上に過酷なフライトだったけど、周りの人がすごく助けてくれて乗り切ることができました。

*この時点での反省点
機内で飲む用のペットボトルの水。セキュリティーを通ってから買わなきゃって思ってたら、ぐんぐんとファミリーサービスの方に先導されて、売店に寄る暇もなく搭乗ゲート内にはいってしまいました。
知ってれば歩いてるときに一声かけて買わせてもらえたかも。
もちろん、機内では飲み物がコップだったので、Kが触りたがったため、Kが寝てるとき以外はほとんど飲み物は取れませんでした。

★成田空港到着

やーーーーーーっと到着。
お客さんが全部降りたあと、スチュワーデスさんが荷物を全部持ってくれて、飛行機から降りました。
降り口には、ファミリーサービス担当の女性が待ち構えてて、荷物をまた持ってくれて、ワタシは同じくそこで待ち構えていたうちのストローラー(ベビーカー)にKを乗せてゆうゆうとイミグレーションへ。

イミグレーションも子連れのため優先通過。
スーツケースもすでにJALの人がピックアップ済み!
税関もそのお供の女性がついてきてくれて、スーツケースと荷物を全部持ってくれました。
『待ち合わせの方のとこまで行きますので』
とのことでしたので、ワタシは終止ストローラーを押すだけでした。
そして、Kここで爆睡・・・・今かよ・・・

こんな感じで、お迎えをお願いした弟の奥さんと姪っ子+甥っ子と会うことができました~
みんなを見たら、ほーーーーーっとしましたワタシでした。

この日は弟宅に1泊させてもらい、次の日、羽田発三沢行きに乗り、やっと実家にたどりつくことができました。
ここも大変だったけど、まあ、そんなにかいてもね・・・って感じでしょ?
でも、一言、国内線でも、『JALスマイルサポート』って子連れや子供だけの旅行をサポートしてくれるサービスがあり、とにかくいたれりつくせりでした。
何回も言いますけど、JAL最高でした(ANAに乗ったことがないので・・・)
長文お付き合いありがとうございました。

初めていとこたちと会ったK


一人子連れ里帰り・2008キロク①

やっと、やっとの思いで、実家のある青森県・八戸市に到着しました。
べビ男Kは、今もって時差ボケを調整中。

道中をレポートです。長文です。

★自宅~デンバー空港~LA

アメリカ時間、7月30日。午前3時40分。自宅を出発。
寝ぼけまなこなオットに代わり、ワタシがデンバー空港まで運転しました。
なんと、そのとちゅう、スピード違反でつかまりましたけどワタシ(笑)
(ちなみに、コロラド住民のみなさま、キャッスルロック付近です)

しかし、腰の低い態度で「ごめんなさい」を連発し、空港へ向かってることを伝えたら
時速30マイルオーバーにも関わらず、無罪放免になりましたのよ(喜)
これで、スピード違反の無罪放免、アメリカに来て2回目です。

そんなこんなで、空港には5時45分に到着。ちょうど出発時刻の2時間前でした。
Kは、車から降ろしたとたん起床......いやなヨカン。。。。

デンバーからLAまではアメリカン航空。
カウンターで「隣の席にお客さんはいますか?子連れが初めてなんで迷惑かけたくないんです」と言ったら、あっさり、隣が空いてる席に換えてくれました。
いいわーーー順調~ってこの時点では思ってたよ。

セキュリティーもそんなに混んでなかったけど、なにかあっても嫌なので、時間はたっぷりあったけど、ここでオットとはサヨウナラ。
『Good Luck!!』とあっさりしたものでした(汗)

ちなみに、今回は、スーツケース1個。機内持ち込みは大きめのおむつバッグ2個。
カーシート付のストローラー(ベビーカー)1個でした。

さて、セキュリティー、ストローラーとカーシートを離してそれぞれをベルトコンベアーに乗せなくてはならないことを知りませんでした(涙)
なので、Kを左手で抱っこして、係員の人にお願いしたのですが、この人、いくら説明しても、不器用なのか全然たためないの。
結局、ワタシ、右手で必死にカーシートを取ろうとしたんだけど、片手ではやっぱり無理。
『ここを、こう持ち上げて』っていくら言っても、この女性、全然できないの。
そしたら、後ろにいた、女性が
『もしあなたが気にしないのなら、赤ちゃんを抱いててあげましょうか?』
と言ってくれました(涙)
彼女のおかげで、やっとセキュリティーを通過することができました。
ちなみに、空港係員女性いわく
『悪いけど、私たちは赤ちゃんを抱っこしてあげてはいけない決まりになってるの』
だそうで。

だったら、赤ちゃん抱っこ担当でも置いておいてよ・・・って思いました。

荷物も多かったし、Kが寝たりということも考えられたので、ストローラー(ベビーカー)は、ぎりぎり=飛行機の乗り口まで使うことをお願いしてありました。
で、搭乗となり、そのまま押し続けて乗り口まで行くと、スチュワーデスさん二人おしゃべり中。
『ここにストローラー置いていいですか?』
と聞くと
『向こうではなんて言われたの?』
とおっしゃる・・・

『入り口付近においてくれれば、係員が処理するからって言われたけど』
と言うと
『だったらそうなんじゃない?私たちは荷物の担当じゃないから知らないのよ』
だと・・・・・・・・・・・・・・

アメリカ人、一般人は激しく子連れに優しいのに、仕事絡むとやたらとキビシイ(涙)

これはまあ一件落着し、機内へ。
ここから約2時間のLAへのフライトとなりました。

Kは思ったよりは静か。
離陸時に耳抜きが出来なくて泣く赤ちゃんが多いと聞きすごく心配しましたが、それもありませんでした。
が、最後の30分くらい、ずーーーーーーーっとギャン泣き(こっちが泣きたくなった)
時間が早朝だったのもあり、ほとんどのお客さんが寝てたと思われ。。。
マジで困り果てましたが、特になにか言われるとか、ガン見されるとかもなく
いろんな人に『Good Luck』とか言われながらLAに到着しました。
隣の女性は『赤ちゃんなんてそんなものよ~。あなたの赤ちゃんなんてすごくいい子の方よ』と言われて、ちょっとほっとしました。

この時点での反省点・気づいた点
*席などで不安な点は、聞いてみると意外にかんたんに換えてくれたりしてくれる
*セキュリティーは抱っこ紐などを使って両手を自由にしておく方がよい
*大きくて重いからどうしたものか、と思ってたストローラーだけど、荷物置き場にもなるから便利だった
*飛行機に乗ったと同時に、近隣の客に『うちの子が騒いだらすいません』と言っておいたのは良かったと思う

★LAXでの待ち時間4時間
LAには9時過ぎに到着。
LAで国際線への乗り継ぎは初めてだったのですが、すっげーー分かりにくかったデス。

ここからはJAL便。
JALのファミリーサービスというものをリクエストしていたので(事前予約要)そのための手続きをしにJALのカウンターへ。
すると、『業務開始時間は10時です』の看板があり・・・・・ぐったり・・・・
でも、抱っこひもにKをくくりつけ、ぐったりとストローラーを押すワタシを見た係員の方が
『どうぞどうぞ、今すぐにお手続きいたしますので、いすでお待ちください』
ですって。。。

さすが、日本のサービスは世界一!!!!!!!!!!!!!!!!!

『いちおう、12時くらいに(成田便が1時40分発なので)こちらに来ていただかないといけないのですが、それまでどうされますか?大丈夫ですか?』
という優しい言葉もあり、あー日本は最高だと思い直し、時間つぶしへGO!
今から日本に帰るというのに、



小僧寿司に行ってしまいました。
まったく、小僧寿司があるなんて、ほんと、ここはどこ????という感じでした。

ちなみに、同じくファミリーサービス利用者の子連れの女性とおしゃべりをしたんですが
『えーーー???コロラドから今日来たんですか???日本人住んでるんですか???』
と言われましたわ(苦笑)

彼女いわく、「LAは、英語ひとことも話せなくても生きていけますよ」とのことです。

この時点で気づいた点
*LA空港での授乳は、トイレ以外では結構難しい。おむつ交換台も全トイレにあるわけではなかった。
*子供がごろごろ遊べるような場所は見当たらず・・・・・

長文お付き合いありがとうございます。でも、まだ続きます(笑)

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。