09
1
3
5
6
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりママはすごい

うちのオットはまだまだ飛行機乗り遅れのショックで、カウチから立つのも嫌なくらいの落ち込みようです。
さすがに、今度は、今回みたいな失態はないと信じつつも、また何かあったらいけないので、前回より2時間くらい早く家を出る予定だそうです。
家からデンバー空港まで、何もなければ1時間半くらいでじゅうぶん着くのですが、そこから長期駐車の客のための駐車場に停めて、そこからターミナルまでシャトルバスだったりするので、そこの部分の時間の計算を誤ったようですので。

茫然自失のオットが心の支えにするのは、この心優しい嫁と(ぶっ)もちろんママです。

前からしつこく書いていますが、本当にオットSのママは心優しいスバラシイお母様です。

で、オットとママがどんな会話を電話でしたのかは知りませんが、後からママからメールがきてたらしくその内容をオットが教えてくれました。
「あなたが今頃自分に腹を立てて、落ち込んでいるのは想像がつきます。
でもこういうときこそ、改めて、abechiの存在があるからいつも物事がスムーズにいくんだ、自分が機能するんだ、ということがわかるでしょう?
そのことを彼女に感謝してみたらいいのではない?それが真実なのだから。
abechiもそのほうが、ただ落ち込んでるあなたの愚痴を聞くよりもずっと気分がいいはずよ。』

嫁abechiすっかり気分があがりました手書き風シリーズ矢印上
単純ですから(笑)

いやあ、ほんと、ママのような人間には一生かかってもなれそうもないワタシです。
スポンサーサイト

唖然

またまたオヒサシブリです。

日本滞在も残り少なくなり、オットが来る前に用事を済ませておかなければと
美容院やら、日本最後になる妊婦検診やら、免許証の書き換えやらにばたばたしておりました。

で、今日、オットがついに約4年ぶりの日本に来る日。

オットは、忘れ物をしたか?

いやいやそれどころか・・・・・・

本人が来ませんでしたーーーーーーーー(マジ)

今日、迎えに行くのは夜遅いので、午前中のうちに、お彼岸ということもあって、祖母の家にお線香をあげに行きまして。
さてさて、家に帰って昼寝でもして夜のドライブに備えようかね、と帰宅してみると、留守電のメッセージありの点滅・・・・

ワタシ、こういうのめっちゃ勘が働くんですよね(悲)

絶対あの男だ。と思うと、やはり、着信番号がオットの携帯の番号。。。。
フライト遅延???キャンセル???と焦りながらメッセージを聞くと
『I'm so so so sorry~』あとはだらだらと英語。
聞き取りにくくて、もう1回聞こうとしたら焦って消去(爆)

こっちからかけてみると、かかる→ということは飛行機には乗っていないがっくり
出た本人に『な、何があったの????』と聞くと、

『ボクがヴァカで、パスポート忘れて、家に戻って、その後もありえないとこで渋滞に巻き込まれて、なんだりかんだりで、LA行きに間に合わなくて、他のフライトもいろいろ探してくれたけど、結局東京行きに間に合うフライトが全部満席で、こうなったら、明日でもいいって思ったけど、今度は明日もあさっても、LA発東京行きが満席で・・・・
結局火曜日の便しか取れなかったんだよ。ほんとにボクがぜんぶめちゃくちゃにしちゃって・・・』
とものすごい暗い泣きそうな声。

ワタシはもう、怒りとか通り越して声も出ませんでしたね。

だって、家を出る2時間くらい前に電話で話して
「まあとりあえず、パスポートさえあればどうにかなるからそれだけは忘れないでね」
って言ったら、若干うるさそうに
「わかってるって、そんなの昨日のうちにバックパックに入れたし」
って言ってたくせに、

「そう思ってたのに、入れてなかったんだよ・・・・」

そもそも、うちのオットには
・忘れ物が激しく多い
・思い込みで行動する
・なにごとも再確認というものを忘れる
・時間の計算がまるでダメ男
・眠りに落ちると、前後不覚になる

という、社会を生きていくうえで重要なことがヤヴァイという特徴があるのですが
それらで今までも人生をゆるがしかねない失敗を重ねているというのに、そこからまったく学習できない(これを自分で学習できない病気だと本当に思っている)という痛い面があり、
さらにその点をワタシが指摘して怒ると、逆にいじけて
『ボクってダメな人間なんだよ。。。。』ってひきこもったりする傾向があるので、頭ごなしに怒るわけにもいかないんです。

よく、『abechiちゃんって、面倒見いいよねえ、自分の旦那だったらほっとくわ』などと言われることがありますが、これをほっとくと、ワタシが痛い目を見るので、その前に芽は摘み取っておかないといけないわけなんです。

まあ、このことを語り始めると、終わりがなくなるので、やめておきますが、

今回は1週間の滞在予定が、正味3日の滞在。
そのためにいくら払ってるんだろううちらって・・・という感じではありますが、とにかく、コロラドに息子と二人きりで戻る自信はさらさらない、っつうか、そんなんなったら、第2子出産まで日本にいるわ!!!っていうのが本音なので、とりあえず、3日でも帰りの飛行機にいるだけでもいいかなぁ。
と、いいようにいいように考えてますけど。。。。

でも、オットが会いたいとリクエストしたので、千葉の弟家族にもわざわざ来てもらうことになってたのに、1日違いで会えないし、他にも何人か会えなくなるお友達もいるしで、ほんと、色んな方にご迷惑をかけています。

『有給が無駄になるんだから、月曜日とか仕事に行ったら?』
と言うと
『そんなの恥ずかしくてできるわけないじゃん』だと・・・
そんなとこでプライド見せてんじゃねーよ。。。

ほんと、今はため息しか出ませんが、本人は相当落ち込んでるし(そりゃそうだべな)次の飛行機には乗り遅れないことを祈るしかありません。

ズームインで

毎朝、我が家はズームイン。
ワタシは日本の流行を、ズームインの中の「東京HOTスタイル」というコーナーで勉強。
いやいや、追いつく気はさらさらないけど、ほんとに日本の流行って早くておもしろいです。

最近『ほほー』と思ったのは
(画像をネットで探しましたが、なかなかいいのが探せなかったので、分かりづらいものもあるかも)

・カメラ女子
e12ec10fd9fa2e53ecce85f872d2ed00.jpg

こんな感じで、プロが使うような一眼レフの大きなカメラを首や肩から下げて街を歩いてる女子急増中なんだそうです。
こんな雑誌まで出るくらいだから、カメラが大ブームなのでしょう。
おしゃれ系女子に多いんだそうです。
中には「なんちゃって」の子もいるらしく、「かわいく見える」「おしゃれに見える」という理由でファッションの一部として持ってる方も多いとか。

・ヘッドフォン女子
head.jpg

これまた女子ですが、こんなでかいヘッドフォンを頭につけて歩いてる女子のこと。
東京にはほんとにうじゃうじゃいるらしい。
これがですね、音楽聴いてるかと思いきや、聴いてない子もすごい多いらしい(笑)
「頭や顔が小さく見える」という理由だけでつけてる子が、街頭インタビューで多数見受けられたのが印象的。
このヘッドフォン女子、なんと男子からも「自分がありそう」とかいう理由でモテルらしいんですよ・・・
『音楽聴いてればの話じゃね?』というオバハンがここに一人。

ちなみに、洋服との色を合わせてコーディネートしてる子も多数見受けられ、一個3万円以上もする、BEAMSで販売中のオサレヘッドフォンが紹介されておりました・・・・(汗)

・まろ眉スタイル

これの画像、どうしても見つけられなかったので悔しい!!!!!(涙)
これこそ衝撃的でした。
若い女の子たちが、こんな眉にしてるんですよ。
waka2.jpg
(ほんとだよ!いずみさん!)

これって、うちらアムロ眉スタイル年代(笑)には超衝撃じゃないです????
「まだ眉毛買いてないから家出れない」レベルじゃないですか???

でも、『デカ目に見える』という理由で急増中らしいですよ。

やはり、日本人は『デカ目』と『小顔』に憧れが相当あるんだなあ、って思いました。
アメリカ人は、結構「自分大好き」な人が多いので、矯正してまで顔をどうにか見せようっていう感覚はないような気がします。
まあ、一般的、欧米人女子は、小顔でデカ目なわけだけど。
アメリカ人の美容部員の化粧品を見に行くと
『あなたのその茶色の目の色をもっときれいに見せるには』
とか
『あなたの目の形がきれいだから、こんなアイラインがいい』
とか、今の自分を最大限に活かすものをおすすめされますけど、

日本だと
『この商品でくすみをカバーしたほうがいい』とか
『しみには早いうちにこれで対処したほうがいい』とか
『これが今一番流行の色です』とか

今の自分には結構ネガティブで、あとはみんなが使ってるメークをおすすめされるっていうことが多いですね。

これもそれぞれの文化なのでしょうね。

最もワタシが共感できたのは
・歴女(れきじょと読む)
c68ed58ac0a1264e.jpg

今、若い女性に戦国武将が大ブームで、こんな風に、各地の城のお祭りなんかに参加して、鎧甲冑なんかをつけるのを楽しんだりする人急増中なんだそうです。
史跡や城跡などへの旅行客もすごい増えているとか。

かくいうワタシも結構に歴女。
ただ、戦国武将オンリーというわけではなく、どっちかっていうと、日本だったら、白虎隊に一時夢中になったりとか。
好きなのは古代中国史と、地中海メソポタミア文明、イギリス16世紀くらい、など。
好みの歴史上の人物は、諸葛亮孔明。

こんなワタシと語り合ってくれる歴女募集(笑)

久々のオヒトリサマ

改めて、前記事におめでとうコメやメールを下さった方、ありがとうございます手書き風シリーズ矢印上
息子Kが怪獣なだけに、家のなかにはめでたい雰囲気が流れてないので、ありがたかったです(苦笑)

土曜日、ワタシ、眼科の予約がありました。
息子を連れて日本の病院だなんて、到底無理なので(予約を入れてても結構待ちます。予約がない病院だと、死ぬほど待ちます(苦))両親+妹が息子を連れて遠出をしてくれました。

眼科が終わってからも、みんなまだ出かけていた模様だったので、久々にオヒトリサマで行動しました♪
これって、超X100くらい久々です。

まず、コンビニ(地味)
息子がいると、まともに商品など見られません。
商品棚からぽいぽいと取り出して投げるからです(汗)
いつもダッシュで目的のものだけ買います。っつうか、息子付きでコンビ二にはほとんど行かないかも。

ファミマに無印の商品が入ってるなんて知りませんでした(恥)
IMG_3427.jpg

お買い物も自分用
IMG_3428.jpg
無印のグリーンカレーの大ファンなんだけど、お湯かけるだけタイプもできたのですね♪

それでもまだ時間があったので、行きたかったお店「パステリアTAKU」さんにランチに
2118774.jpg

こじんまりとした小さなお店で、ちょっとおしゃれ。
子連れだとちょっと無理目だったのであきらめかけてたのですが、今だ!とダッシュで。

ランチメニューも豊富だったけど、やっぱり、アメリカでは食べれない、『たらことウニのスパゲティー』にしました。
IMG_3431.jpg

味は結構、こってり濃厚。
量も、アメリカ並みのボリュームでした。

つわりで、さっぱりしたものではなく、なぜかこってりしたものが無性に食べたくなってるワタシにはぴったりでした。
しかし、これまたつわりで、食べたくても大量に食べると、その後1日くらいひどい胸焼けに悩まされるので、やはりしっかり胸やけに(涙)
しかし、これが食べられたので、胸焼けも本望っす!

オヒトリサマ、楽しかった~

すでに2ヶ月近くオヒトリサマのオットS。
韓国出張を終え、今日コロラドに戻ります。
韓国でも、相変わらずつかまりにくい彼(オットは自分から電話とかする人じゃないもので)でしたが「時間が過ぎるのが遅い」とか言いながらも
同僚と北朝鮮との国境を見るバスツアーなんかに参加して、結構楽しんだんじゃないか、と。

ただ、『写真たくさん撮ってきた?』と聞くと『カメラ忘れた』とか、
常にいろんな意味でKYなのが痛いですけど。

母子手帳

IMG_3410.jpg

母子手帳をいただいてきました。

実はワタシ、第2子妊娠判明ですがーん

一番驚いてるのは、はっきり言ってうちら夫婦です。
一回妊娠すると妊娠しやすくなるんですかねえ・・・・
結婚して5年間妊娠できなかったのはなぜだったんだ????という感じ

だって、ぶっちゃけ、一発百中でしたから(爆
まあ、ここまでぶっちゃけなくてもいい話ですけど(笑)

家族の反応は・・・やはり、うちの息子Kがほんと恐竜みたいなので、
『いやあ、妊娠してこの子の子育てかぁ・・・がんばって』
とか大爆笑とか。
前途多難なのは否定できませんね。

まだ安定期にはいっていないので(3ヶ月です)ここに書くのもどうか?って思いましたけど、
日本の公的サービスってスバラシイな、って思ったので、書きます。

まず、ワタシはいつも里帰りが長くなるときは、住民票を戻しています。
息子もいるので、病院に行くこともあるかと(そして確かにある)いうことで、国民健康保険に加入させてもらいます。

で、今回の妊娠判明。
産婦人科の先生に妊娠証明みたいなのを出してもらって、役所に持っていくとこの母子手帳が発行されます。
一般のものはディズニーキャラでかわいいんですけど、日英版は・・・・・地味(笑)

早速、市の看護士さんと栄養士さんが出てきて、
『何か妊娠や子育てで困ってることありませんか?』
と相談に。
こういうときはやたらとハイテンションでおしゃべりになるワタシなので(恥)なんか管轄外のことまでご相談。
アメリカで出産するというのに、親身になっていろいろと教えてくれることに感動です。
ここまでで、アメリカだったらいくら請求されてるんだ???という感じでしょう。

で、今度は妊婦検診無料券をもらう。
妊婦検診などは保険の適用外なのですが、今は自治体が4回まで負担してくれるそうで
『アメリカに戻るぎりぎりまで使ってくださいね』
という優しい言葉。

そして、まだある。
国保に加入している妊婦は、国保適用内の診療費が出産後1ヶ月まで無料になるんですって。
で、その券を交付してもらう。
言い換えると、妊婦検診とか以外の、例えば歯医者とか内科とかを妊娠中に受診した場合、それは全部無料になるというわけ。

実際、今日妊婦検診を受けてきましたが、つわりで頭痛がひどいので、その薬を出していただきまして、その分は無料。
すごいですね。

ついでに、この検診では、血液検査もしてもらったし、超音波も撮ってもらいましたが、自己負担は850円・・・・・安っ・・・・・

アメリカでは、多分、この分の検査をしてもらうだけで、トータルで1000ドル近くはかかるかな?
そこから保険会社がいくら負担するかは、個々の保険会社や自分が契約してるプランによりますが。

今、我が家か加入してる医療保険だと、妊娠・出産関連費用は自己負担なし、だったはずなのですが、帰ったら即確認しなくては、と思ってるとこです。。。。
息子Kのときは、常に15%自己負担だったので、血液検査とかされると、請求書が恐くて恐くて(苦笑)

こんなスバラシイ日本ですが、この前新聞で読んだら、先進国の中でも、政府が保障する子育ての費用などは下から2番目なんだそうです。

あ、ちなみに最下位はアメリカです。納得です。

日本とアメリカの差、金額にすると数ポイントの違いのようです。

金額で何100倍も多い、スウェーデンやフランスといった国々では、いったいどんな手厚いサービスが受けるのでしょう????興味津々です。

そういった国々は消費税や所得税が高い、アメリカ人はむしろ、そういう税金で他の人の分まで払ってあげる、という感覚がない、自分の生活は自分で守れ、という視点らしいのですが。。。

これはどっちがどっちともいえませんけどね。

IMG_3406blog.jpg
(きみ(とうもろこし)を初めて自分で食べてる息子です)

こいつがお兄ちゃんに????いやいや、これからがabechi34歳、体力勝負。
今は、つわりが結構あるので、母におんぶに抱っこですが、あと少しで自分一人と思うと途方に暮れてしまいますが。
がんばるしかありません。

ワタシと裁縫

昨日、母に、丈詰めの仕方を教えてもらいますた。

裁縫です。

裁縫とワタシ、まったく違う世界で起こってることとしか思えません。

まず、裁縫といえば、高校で2年間は家庭科必須科目で、裁縫もやってました。
2年間同じおばあちゃん先生だったんですけど、1度も作品を提出したことがありませんでした。
ワタシの場合、がんばっても空回りするんですよね。縫っちゃいけないとこ縫ってたりとか。
先生には最後に『abechiさんの作品を結局見れなかったわね』と言われました。

それでも2年間3をくれていた先生は、
きっとワタシのことが好きだったのでしょうね(笑)

その後の人生も、裁縫とは無縁の生活。
社会人になっても、料理・裁縫とは本当に無縁だったんです。

『人が作ったもののほうが良い』

がポリシーでしたからね。

週末は昼から酒飲んで、本読んで、そのまま寝ちゃって、夜からまた飲みに出かける、みたいな人でしたからね(汗;

そんなワタシが今は専業主婦ですもん・・・世の中ほんと、どうなるか分からないものです。

ということで、昨日の丈詰め。
基本がことごとくなっていないので、何をするにも息を止めちゃって苦しかったです(笑)
ミシンも、糸をかけれないし。
しつけ縫いがきつすぎたみたいだし。
初めてにしてはよい、というお情けの点をもらいましたけど。

今後の専業主婦生活、希望があまり持てませんね。
ボタン付けくらいは、これからは自分でやろうかなあ、とは思います。
今まではオットがやってましたから(恥)

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。