03
1
3
4
5
6
7
11
12
13
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロラド チャリティーヤードセールのお知らせ

187795_204705782891534_2237986_n.jpg

デンバー在住の日本人の方たちが、「ココロラド」というグループを結成し、今度、チャリティーヤードセール(バザー)をすることになりました。
上は、コロラドの州旗の真ん中の丸をハートにした、ココロラドのロゴマーク。
ステキです

Location: Image Dance Academy(Irish dance studio)←クリックで、ダンスアカデミーのウェブサイトへ。そこに地図と行き方がついています
Time: ‎11:00AM Sunday, April 10th..

上記の日程で 『東北沖大地震で被災された方々の支援』 として、
チャリティーヤードセールを開催します。

できるだけ多くの方に協力いただき出品物を揃えたいと思っておりますが、回収に廻る事ができません。

つきましては、以下のように時間をもうけさせていただきました。
3月25日(金)4月1日(金)19:00−20:00に上記の場所で、
......また当日10:00am−12:00pm にも受け付けております。
皆様のご協力よろしくお願いします。

(FacebookのCocoloradoページからコピーさせてもらいました)

ワタシも、当日はできるだけのお手伝いをさせてもらおうと思っています。
ぜひぜひ、近郊にお住まいの方はいらしてみてください。
出品することはもちろんですが、買うことでも助けになります!
日本人の出品物ですもん、きれいでいいもんがいっぱいに決まってます!(笑)
売り上げは全額赤十字に寄付されます。

ワタシとしては、寄付金を集めることはもちろんですが、一般のアメリカ人にもっと知ってもらいたい!って思います。
最近は、アメリカ国内でのニュースでの扱いもだいぶ少なくなってきていますので・・・


ところで、ワタシ、ブログの更新が、まったくできません。
なんというか、無力感にさいなまれてるというか。
何を書いても、「これは、ワタシが今被災地にいなかったからできたことじゃないか」と思うと、書けなくなってしまいます。
この罪悪感に似た気持ち、まだまだ自分の中で消化できないかもしれません。

今日もまたネットでニュースを読んで泣いてたら、オットに「心配するのはよく分かるけど、もう読むのやめたら?他にできることはあるよ」と言われました。

じょじょに、罪悪感よりも、すべてを感謝の気持ちに切り替えていければ、と思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ山岳部情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 地震
genre : 日記

目標は、伝えること、そして継続すること

pray-for-japan-yumi-kim.jpg

さきほど、あの恐ろしい東北関東大地震からちょうど1週間が経ちました。
先週のこの時間はのーのーと寝ていたのですが、今日は寝てられませんでした。

たった1週間ですが、仮設住宅の着工が決まったとか、佐川急便が被災地への配達を開始したとか、
いいニュースもいっぱいありましたが、それでも、まだまだニュースを見ていると辛くて辛くて。

地元八戸市に住んでいる妹と電話で話したところ、やはり、食料と燃料が足りず、
特に燃料(灯油、ガソリン等)が手に入らないのがきついとのこと。

姪の学校は再開していますが、今週は真冬並みの寒さで、アノラックを着たままで授業を受けています。

妹の職場は建物が古い上に暖房もないので、アノラックにマフラー、湯たんぽで寒さをしのいでいます。

車はガソリンがなく、妹はバスで通勤していますが、バスも燃料がないので、間引き運転。

こんなときにも春の人事異動の発表があり、妹はどう考えても車以外に交通手段がない場所へ異動になります。
4月1日から、どうやって通勤するのか。

どこそこのガソリンスタンドで今日ガソリンが手に入るらしい、という話が伝わると、何キロもの車の列が道路に渋滞を作り、7時間もかかって数リットルのガソリンを購入できたとか。

田舎ですから、車だけが交通手段の人もいっぱいいるのです。

それでも、被災されて避難所生活をされてる方々よりは幸せだとがんばっています。

避難所の灯油も底をついているところが多く、インフルエンザなどが流行りだしてるところもあるとか。
二次災害がほんとうに心配です。

アメリカのテレビでもまだまだ日本の地震のニュースがメインの話題です。
義理ママは、かなり強烈な人ですが、毎日ニュースだけを観てる人なので、
『大丈夫?あなたの家族は元気にしてる?』
と電話をくれます。うれしいことです。

ただ、親戚には『家族の家は流されなかったのね。よかったわね!』で終わってしまってる人もいます。

こうやって、時間が経つにつれて忘れられてしまうのだろうか・・・・・
と、また悩んでしまうのです・・・・

あとは、原発の問題ばかりが大きく取り上げられて(もちろん、これも大惨事で、まったく違う県へ着の身着のままで避難をさせらてる方々がたくさんいらっしゃることは承知しています)
「放射能がアメリカまできちゃうんじゃないか?」
という感じに国民があおられつつあるような気がして、なんか腑に落ちないことばかりだったりします・・・・

ワタシがしていかなければならないのは、募金はもちろんですが、現状の様子を伝えていくこと。
そして、伝え続けること。
なのではないかと。
考え続けた1週間でした。

デンバーのお友達が、在住の日本人の方たちとチャリティー活動を始めるようです。
祈ること、そして、行動すること。スバラシイって思います。
ワタシも何かお手伝いできればと思っています。

そして今は、当たり前だと思っていること、たとえばシャワーを浴びれること、子供が元気なこと、コーヒーをがぶがぶ飲めること、洗濯ができること、なんでもかんでもに感謝して過ごしたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


theme : 地震
genre : 日記

他人事ではない、東北地方太平洋沖地震

日本で、大変なことが起こりました。
まずは、被害で亡くなられた方、ご家族・ご親戚・お友達などが亡くなられた方、心からお悔やみを申し上げます。
一人でも多くの方が救出されることを心から祈ります。

被災され、まだ通常の生活に戻れない方がいっぱいいらっしゃると思います。
ここからは何もできずもどかしいのですが、日本人の組織力と結束力を信じて、一日早い復旧を祈っています。

心配でTwitterを通じてつぶやくしかないワタシに、応援のメッセージをメールやMixiでくれたたくさんの方々、ありがとうございます!
アメリカ国内にいるお友達にも電話をいただきました。ほんとにうれしかった、ありがとうございました!

ワタシの実家は、大きな被害を受けた青森県八戸市にあります。
最初に地震発生時は夜中だったため、早く寝てしまったワタシは何も気づいておりませんでした。

次の日の朝早く、義理ママからの電話で『テレビでニュースを観てる?あなたの実家のあたりじゃない?』と言われて知りました。

大急ぎでCNNのニュースをつけてみると、ひどい映像とともに「HACHINOHE」という単語。
背筋が凍りました。
テレビからはこんな映像ばかりが



NHKのニュースでは「青森県八戸市では甚大な被害が出ている模様ですが、政府も詳細を把握しておりません」というメッセージが1時間に一回は流れていました。
とにかく生きた心地がしませんでした。
実家の電話、家族の携帯電話、どれもこれもつながりません。

同じ八戸出身でアメリカに住んでいるお友達数人と連絡。
どの友達も連絡が取れていない状況でした。

そこから数時間の間も、テレビにくぎづけで情報を待ちましたが、同じメッセージだけが流れます。
こういうメッセージはあまり流して欲しくなかったな、というのが本音。
下手に恐怖心をかきたてられてしまいます(悲)

CNNでは、東京に住むアメリカ人の方と話していて
「ということは、電話はもう復旧したんですね!」
ということになっていました。

思わず、いまいち使い方が分かってないにも関わらず、CNNのTwitterに「いやいや、うちの家族は八戸にいますが、電話は通じてません」と書き込んでしまいました。

Twitterといえば、Twitterでまず妹の旦那さまの無事が確認できましたが、彼は勤務地の青森市(直接津波の被害などはなかったエリアです)で足止め、両親や妹とは会っていませんでした。
が、今回はTwitterやMixiなどがほんとに役立ちました。

結論からいいますと、11時間後にやっと父の携帯とつながり無事を確認できました。
内陸部にある実家は津波に影響は受けておりませんでしたが、海岸部はやはり壊滅状態とのこと。。。

茨城にいる弟とは一番始めにちょっとだけ話せましたが、停電で携帯の充電も無く、余震も続いてるということで家族で車で寝てるとのこと。姪や甥が心配でした。

日立の叔父とは誰も連絡が取れていなくて、心配でしたが、今日になって避難所にいることが確認できた模様。
ほっと一安心でした。

まだまだ、ご家族、知人の方と連絡が取れていない方がいっぱいいると思います。
心が痛みますが、ただただ祈っています。

アメリカからできることは、募金と、あとは周囲のアメリカ人に実態を知ってもらうことだと思っています。

アメリカから日本へ募金できるサイトです

Amazon.com(American Red Cross)

American Airlines Support Disaster Relief Effort

PayPal Japan Earthquake and TsunamiRelief

American Red Cross

レディガガたんもバンドを作って寄付を募っています
screen-shot-2011-03-13-at-12-35-38-pm.png

Lady Gaga Japan Earthquake Wristband

実家の母によると、食料と毛布などの防寒具が不足しているとのこと。
米軍がヘルプに来てくれるなら、ヘリコプターからそれらをぼんぼん落としてくれないだろうか、などと話していました。
できることならワタシだってやってあげたいですが・・・

福島の原発もとても心配です。近隣の住民のかたのストレスを考えると心が痛みます。
計画停電に文句のある方がたくさんいると読みました。
福島の原発で作られた電気は、関東地方に供給されているのです。
少しでも助けになると考えて、協力して欲しいものだと、思いました。

アメリカからできること、そして、被災地以外からでもできること、みんなで考えていければと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

セレブもしょせん人間

なんか、全然使いこなしてないTwitterなんですが、有名人もたくさん利用してて、使いこなせれば楽しいらしい。

このセレブ夫婦、ニコール・リッチーとジョエル・マッデン夫妻
nicole-richie-240_jpeg.jpg
↑は2人の結婚式の写真。
ドレス、めっちゃくちゃかわいくないですか????
来世結婚できるならこんなの着たいな(笑)

旦那のほうのジョエルがこんなTweet
2011-03-nicole-richie-joel-madden-pillows.jpg

写真が切れちゃってごめんちゃい(死語)

要するに
「キミは、クレジットカードの請求書を見て、嫁に「ナンダって君は枕に3000ドル(30万円)も使ったんだ?って聞いたことある?俺はあるよ。枕だぜ?枕。」

ということ。

ちょっと、ニコール、3000ドルの枕って、セレブにもほどがある!
って、正真正銘のセレブだけど(爆)

でもさ、セレブ夫婦たちも、きちんとクレジットカードの請求書みて、あーだこーだ「お前これは一体なんだ」「あなた、これどこなの?」なんて話してるのね♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

theme : つぶやき
genre : 日記

Twitterには長すぎるつぶやき

ただのつぶやき。だけどTweetには長すぎ!的な。

2月の1ヶ月で、アメリカ国内のガソリンの価格がガロンで平均で40セントもあがった。
コロラドは今、大体ガロンで3ドル30セントくらいかな?
げっ!って感じだけど、サンフランシスコやフロリダが大体4ドル50セントくらいらしいから
それよりはまだ安い、っていうだけが。

リビアを含めた中東情勢の影響が大きいのだそうですが(日本にもすごい影響出てますよね。ワタシの地元なんて、寒いから、灯油の値段とか上がると困る人いっぱいいると思う)アメリカは、むしろ、経済状況が良くなってるサインともいえるらしいんです。どういう仕組みで?雇用が増えて、ガソリン使う人が増えてる?っていう単純なことなのかな?

このガソリン価格の上昇、アナリストによると、アメリカではメモリアルウィークエンドまでは続くらしい。
メモリアルウィークエンドって5月じゃん!!!???

でもって、この前オバマ大統領就任、と思ったばかりなのに、もう次の大統領選挙のキャンペーン始まってるね。びっくり。
やっぱり、この人にみんな注目だろうね。Sarah Palin。
large_palin_sarah.jpg

結構前だけど、彼女の生活のリアリティーショーが数回放送されて、思わず録画して観てしまった。


政治家ですからね、一般人より何枚も上手でしょうから、演技もやらせもあるんでしょうけど、印象としては、肝っ玉母ちゃん。
ライフル持ってがんがん~ってとこはやっぱり、ワタシにはちょっと・・・という感じだったけど。

先進国で唯一なかった公的医療保険の法律が上院を通ったとはいえ、反対派はものすごく多くて、共和党は燃えてますからね~。
さらに、このガソリン価格高騰でしょう?
まだまだサラ・ペイリンファンも根強いでしょうね。
どうなるのかなあ~大統領選。

でもってワタシはやっぱり、公的医療保険賛成!なんです。

うちの義理パパ、先月、急な胃潰瘍で、救急車で運ばれて二日間入院しました。
で、保険会社からきた請求額は

2万2千ドル!!!!(単純計算で220万円です)

保険には入っていたのですが、保険会社が支払いを拒否。
ドクターの調べた結果では「2日くらいで一気にできて進行した胃潰瘍でしょう」と診断したにも関わらず、

保険会社の言い分は

「胃潰瘍は、患者(義理パパ)の既往症であった可能性が高い、ので、一切の費用の負担を拒否する」

だそうです。

生命保険じゃないですよ?病院にかかったときの保険ですよ?
既往症があると費用が払ってもらえないなんて、誰が病院に行けるんでしょう?
恐ろしいです、アメリカの民間会社の保険。

オバマ政権の提案した公的保険は、既往症の有無は保険のカバーに関係しない、とあります。
それだけでも今ある保険よりずっとマシって思い・・・・ません???

それでも、義理両親は絶対公的保険反対派(ガチの共和党派ですから)
「いやいや、いざとなれば自己破産したことを理由に支払いできないって戦えるけど、公的保険だったらそれが無理になるかもしれないし、別に国に私達のことを心配してもらわなくても困ってない」
とかナントカ。。。

なんだかんだと、結局、このお金をぶっちしようとしてて、それが公的なものだと困るってことか?

なんだかな~(二日連続)

全然つながんないけど、YOUTUBEつながり。
最近はまってるこの人たち



やっぱ。弦楽器はええなあ~。子供達にバイオリンやらせて、ワタシがピアノで協演したいな~(親ヴァカもいいとこ)

すいません、まとまりなくって。長いつぶやきだから。ね?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

最近のなんだかな~

またまたお久しぶりっこデス。
更新ないのかなあ???って見に来てくださってる方、すいません

どこのお母様方も同じだとは思うので、あまり弱音は吐きたくないんですけど
最近結構タイヘン(汗)

天使だと思っていたこの子です
IMG_7860blog.jpg

まあ、動く動く・・・・

階段もあっという間に2階まで登る登る
IMG_7877blog.jpg
(息子、撮影)

テーブルにもあーーーっという間にあがるあがる

ワタシの足元にまとわりつくか危険なことするかどっちかなんで、何もできません。

息子はテーブルに登ってはいけないことになってるので、ミキがやると
『Baby!!!Get Down!!!』
と言って、足を引っ張って引きずりおろそうとします。
これが危険。

なので、ちょっとの時間にPCに向かって、書いて、とちゅうでやめて、下書きに保存した記事
いーーーーっぱい(苦笑)

最近読んだ雑誌の記事についてとか、アカデミー賞のこととか、書いてたのにな~(遠い目)

なんだかな~~~~

ということで、なんだかな~記事(強引)

アメリカ生活も6年です。
ちょっとやそっとのことじゃ、怒らなくなりました。
世界で一番、サービスが行き届いてる国「日本」からキマシタので、いらいら・ぶつぶつっていうことは多いのですが、もう、菩薩のような目で見るようになってます。

が、でもまだ「こらーーーーーー」って思うとき、あります。

先日、確定申告があり、税金の戻りがありました。
我が家には、ローカルの銀行に車のローンがあるので、今月分の支払いをしがてら、完済するのは簡単かどうかを聞きにオットが行きました。
すると、まったく問題なく、その場で終了できるとのことでした。

話を聞きに行っただけのオットだったので小切手帳も持たずに行きましたが、デビットカード(ATMカードと同じで、普通口座から即時引き落とされる)で支払い可能とのこと。
(普通口座などは他の銀行にあるためです)

*アメリカの銀行では、日本のような電信振込みが一般的ではありません。

可能ではありますが、手数料がヴァカ高かったり、その銀行に取引があるとか、いろいろと条件が出てきます。
日本みたいに、「あ、振込みしなきゃ!」って飛び込みでその辺の銀行で、という便利なことはできません。
お金を送るには大体小切手を郵送という形をとります。


で、ローンのある銀行の担当者が
「デビットカードで支払いできるのですが、たまに銀行によってはそういうふうにデビット決済をすると手数料を取る銀行もありますから、ご自分の銀行に聞いたほうがいいですよ」
と言ってくれたそうなので、その場で、普通口座のある銀行のカスタマーサービスに電話すると

「いいえ、うちでは手数料は取りません」

と断言・・・・

この流れ、そうです・・・・
家に来て、残高確認すると、しっかり取られてました~~~~~(キター)
それも30ドルも!!!!

即効でオットに電話させると

「それは、誰が対応した分かりませんが、うちでは手数料を取る規定になってます、申し訳ありません」

心の優しいオットは「そうですか」って切ります。

ハイ、やり直し~

もう一度、電話をさせ(こういう場合、外国人だと思って甘く見られて相手にされない場合が想定されるので、ワタシは電話せず、オンフックにして後ろで聞いてます。恐い嫁です)

「わざわざカスタマーサービスに電話して、手数料が取られないって聞いたからその場で決済をしたんです。
手数料が発生するって教えてくれてたら、家に帰って小切手帳取ってきてましたから(それだと無料)」

とだだをこねさせたら、上の人を出してくれて、結局即返金してもらえました。

カスタマーサービスの担当者によっていう事が違うってこと自体、日本では起こりえないことですけど
即座に返金してもらえるフレキシブル対応は日本ではなくないですか?
(印鑑が必要とかそんなの多くない?)

書きついでにもう一個(まだある)

今月、子供達の誕生日を控えており、誕生会は最近会員になったファンシーなフィットネスクラブでしようと計画しました。
我が家ではどうしても手狭で、動き回る小さいお友達に対応しきれないためです。

とりあえず、誕生会コーディネーターという女性と連絡を取れ、と言われ、その人に電話してもメールしても2週間返事がもらえず、
直接オフィスに乗り込んだらちょうど会って
「ごめんなさいね~。インフルエンザでずっと休んでたから、電話の留守電とか全然聞いてないの」

仕事だろ・・・留守電くらい聞けや・・・

で、まあ、その場で予約を取ろうとしたら、それはまた別の人が担当してるから、その人に電話しろ。

なんだったんだ、この2週間

で、その人に電話したら、また留守電。(留守電に必ずメッセージを残すようにいわれてたので残す)
そしたら、今回は次の日に電話がきたからよしとすることにしました。

が、2時間のパーティで220ドル。(場所のみ)
ま、仕方ないと思ったけど、予約が取れるのは昼時のみで
「この時間にするのであれば、子供たちにランチを出すのが普通ですよ」
と言われ。
そりゃそうだ、と思ってたけど、子供が何人でもプラス100ドルで320ドル(3万円・・・・)

おまけに、来てくれる子たちの親御さんにもランチを出したいと言うと
「契約してるケータリング会社以外からの持ち込みは一切禁止です」
そのケータリング会社のメニューも、庶民の値段じゃないんですよ・・・
おまけに飲み物すら持ち込み禁止。
軽く計算しただけでも、余裕で500ドル超え(汗)
それ以外にもケーキやらもろもろは自分たちでそろえるのですから、どんだけセレブな誕生会だYOって話です。

とりあえず、キャンセル期間まで時間があったので、予約をしました。
が、どう考えても私たちには不釣合いすぎる、そんなことしなくたって、誕生会はできるはず!

ということで、翌日にキャンセルの電話をしました。

が、またその人がつかまらないのなんの。
メール攻撃もしましたが、返事こない。

ついには、仮予約分のお金が引き落とされてました(おい!)

こうなると鬼嫁の出番。
電話で、冷静かつ嫌味臭くメッセージを残したら、即効で電話ではなくメールがきてました。
ワタシ、どんだけ恐かったんでしょうね。

「お返事が遅くなってごめんなさい。引き落とされたお金はどうやって返金するのかを、経理とかいろんな部署に相談してたので時間がかかりました」
だと。

ここのフィットネスクラブ、施設は最高だけど、事務仕事は最低。。。

ワタシを雇え!しっかり日本人の仕事してやるから!って感じ。

以上~

またすぐ更新したい!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

theme : アメリカ合衆国
genre : 海外情報

今さらながらバレンタインデート

遅ればせながら、オットとバレンタインデーデートに行ってきました。
急に義理両親が子供達を見てくれることになったからです。
なんだかんだ言っても、息抜きになるので、助かってます。

声を大にして言います!

お義父さま、お義母さま、ありがとうございます!(必死)

行ったのは、お友達に教えてもらった、レストランというより、ちょっとファンシーなバーって感じのお店
『The Blue Star』です。(ウェブサイトはここクリック

IMG_7876.jpg
すいませんね・・・はしゃいじゃってますね・・・・(笑)

IMG_7875blog.jpg

日曜日は、ボトルのワイン全部半額~

IMG_7874blog.jpg

オットはあまりワインを飲まないので生ビール。
レストランの隣はブリュワリー(地ビール工場)になってて、自分で入れ物を持って行ってそこから買うこともできます。

ワタシが食べた、サーモンのレモンクリームのなんとかいうやつ、美味しかったです♪
IMG_7872blog.jpg

オットは肉!!!!
IMG_7873blog.jpg

でも、肉が小さくてご不満。
ただし、ソースはすごく美味しい~って。これで肉が大きかったら!!!ってぼやいてました(笑)

ワインの種類が豊富でよかった♪
日曜日はワインが半額、木曜日は終日ハッピーアワーなんだそうです。
女子会はここで!

夫婦って、会話してるようでも、子供がいるとなかなかじっくりと話したりできません。
さらに、最近はオットが夜勤とか大学の授業とかあって、まともに会話ってなかったので
こんな機会を設けられてよかったです。
息子のプリスクールのこととか、確定申告で戻ったお金をどこにどう使うかとか(笑)話せたしね。

急に義理両親が子供を見てくれることになったのは、義理パパが新しいテレビを買いたいって言うので、それを選ぶのにオットが週末付き合って取り付けなどもヘルプしたから、っていうのもあります。
パパは60インチのSHARP AQUOSを買いました。

嫁は
去年自己破産したばっかなのに、もう60インチのプラズマテレビが買えるなんて
アメリカってすごい国だな・・・って思ったりしました・・・・


義理ママもこればっかりはかなり反対だったみたいだけど、家電製品になると止められないとこは父と息子、そっくりなのですね。

もうすぐ3歳児Kも、義理両親と楽しく過ごせたようです。
いつもまともな食べ物がない家なので、また、弁当作って、味噌汁までタッパーに詰めて持たせたのですが
『晩御飯なら準備してたから、心配しなくてもよかったのに~』って。

晩御飯は・・・・

冷凍のチキンナゲット~~~~~~~~

でもまあ、お世話になりました。ありがとう。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ山岳部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村

theme : 国際結婚
genre : 結婚・家庭生活

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。