05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標は、伝えること、そして継続すること

pray-for-japan-yumi-kim.jpg

さきほど、あの恐ろしい東北関東大地震からちょうど1週間が経ちました。
先週のこの時間はのーのーと寝ていたのですが、今日は寝てられませんでした。

たった1週間ですが、仮設住宅の着工が決まったとか、佐川急便が被災地への配達を開始したとか、
いいニュースもいっぱいありましたが、それでも、まだまだニュースを見ていると辛くて辛くて。

地元八戸市に住んでいる妹と電話で話したところ、やはり、食料と燃料が足りず、
特に燃料(灯油、ガソリン等)が手に入らないのがきついとのこと。

姪の学校は再開していますが、今週は真冬並みの寒さで、アノラックを着たままで授業を受けています。

妹の職場は建物が古い上に暖房もないので、アノラックにマフラー、湯たんぽで寒さをしのいでいます。

車はガソリンがなく、妹はバスで通勤していますが、バスも燃料がないので、間引き運転。

こんなときにも春の人事異動の発表があり、妹はどう考えても車以外に交通手段がない場所へ異動になります。
4月1日から、どうやって通勤するのか。

どこそこのガソリンスタンドで今日ガソリンが手に入るらしい、という話が伝わると、何キロもの車の列が道路に渋滞を作り、7時間もかかって数リットルのガソリンを購入できたとか。

田舎ですから、車だけが交通手段の人もいっぱいいるのです。

それでも、被災されて避難所生活をされてる方々よりは幸せだとがんばっています。

避難所の灯油も底をついているところが多く、インフルエンザなどが流行りだしてるところもあるとか。
二次災害がほんとうに心配です。

アメリカのテレビでもまだまだ日本の地震のニュースがメインの話題です。
義理ママは、かなり強烈な人ですが、毎日ニュースだけを観てる人なので、
『大丈夫?あなたの家族は元気にしてる?』
と電話をくれます。うれしいことです。

ただ、親戚には『家族の家は流されなかったのね。よかったわね!』で終わってしまってる人もいます。

こうやって、時間が経つにつれて忘れられてしまうのだろうか・・・・・
と、また悩んでしまうのです・・・・

あとは、原発の問題ばかりが大きく取り上げられて(もちろん、これも大惨事で、まったく違う県へ着の身着のままで避難をさせらてる方々がたくさんいらっしゃることは承知しています)
「放射能がアメリカまできちゃうんじゃないか?」
という感じに国民があおられつつあるような気がして、なんか腑に落ちないことばかりだったりします・・・・

ワタシがしていかなければならないのは、募金はもちろんですが、現状の様子を伝えていくこと。
そして、伝え続けること。
なのではないかと。
考え続けた1週間でした。

デンバーのお友達が、在住の日本人の方たちとチャリティー活動を始めるようです。
祈ること、そして、行動すること。スバラシイって思います。
ワタシも何かお手伝いできればと思っています。

そして今は、当たり前だと思っていること、たとえばシャワーを浴びれること、子供が元気なこと、コーヒーをがぶがぶ飲めること、洗濯ができること、なんでもかんでもに感謝して過ごしたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

theme : 地震
genre : 日記

No title

生活が不便になっているのはしょうがないとしても、県内の産業が停止状態なのが気になります。いろんな大中小企業がかなり痛手だと思う。。八戸の水没地域は家だけでなく、工場が多いところで再開のめどもたってない。
でも、そろそろガソリンが届くとの噂。助かる!普通に生活するだけだけど、影でいろんな力に支えられていたことがわかったよ
避難所でも、フィットネスクラブや指圧院がボランティアでお年寄りのために来てくれてるみたい。
でもお姉ちゃんはニュースをそろそろ休憩して、心が和む番組を見て休んだほうがいいよ~。子供たちも心配するよ。

No title

アノラックって何ですか?
あのヴァカなコメディアンが解雇されたアヒルの会社みたいな名前だけど…

もう既にアメリカの新聞では、日本の話題は一面の下のほうにちょこっとになってた。日本では苦しんでいる人が沢山居るのにね。子供が食べ物が無くてなくなっているっていうニュースを今日はじめてみたんだけど、今まで平和だった日本でそんな事態になっているなんて信じられない気持ちでいっぱいですよ。昨日はジムの講師の先生が私の家族の事を気遣って声をかけてくれたんだけど、「アメリカのニュースでは日本に滞在中のアメリカ人の~さんは無事です。よかったよかった。アメリカ市民は国外に避難するように!」みたいにアメリカのの事しか考えてないよ。おかしいよ。日本で何人の人が亡くなっていると思うの?全然良くないよね?」ってすごい熱く語ってくれました。そうやって日本の事を心配してくれる人が居る事、とってもありがたいです。

No title

まだまだ心配だし、心が痛むニュースも続きますが、
救出、援助、復興、たくさんの人ががんばってる姿も伝わってきて、
やっぱり人間はすばらしい!と思うようなこともいっぱいあるよね。

こういう言い方は不謹慎かもしれませんが、こういうことがあると、
普段の生活って、とてもありがたいことなんだなあとわかるよね。
ワタシも父が死んだとき、本当に色々考えて、毎日を大切に、全てのことに感謝しながら、人に優しく生きていかなくちゃ!と思ったのに・・・
その気持ちが薄れかけてました。
また考えなおさなくては!

そして、さとこさんのコメントにじ~ん。
妹ってなんでこんなに強くて優しいんだろ?
ワタシも東京の妹を心配して電話すると、
”あなたたちは日本に居なくてよかったよ、停電とか食料不足とか、
あなたのうちは大丈夫かなあと心配する必要がなくて、よかった”
と、言われて、ほろりときました。

遠くからでもできることを続けて、少しずつでも、
復興のお手伝いになりたいよね。

No title

おんなじこと考えてました

日本でも徐々にテレビも普通の番組をやるようになってきて、落ち着きを取り戻すとか娯楽で元気を与えるという意味ではいいのだけど、情報が減るのに比例して世間の関心も薄れてしまうんじゃないかって心配です

復興にしても、その被害の甚大さはもちろん、今回被災した地域の多くが東北の過疎の進んでるような田舎町であることを考えるとものすごい時間や労力、お金が必要なわけで、本当に、一時的なものではない「継続」が必須だよね

Sanも自分にできるなにかしらの継続的なもの、例えば毎月○日を献血の日、とか募金の日、とか決めて少しずつでも続けていこうかと思ってます

お互い家族が心配なところではありますが妹さんのおっしゃるようにabechiさんまで体調を崩してしまわないように気をつけて元気で過ごしてね!
Sanもまだまだなかなか前向きになりきれませんが、離れてる家族である自分が元気で健全に過ごしていることで、いざとなったら頼れる人もいるという安心感も与えてあげられるんだ、と自分に言い聞かせる努力をして過ごしてます

同期みんな元気です

地震のせい?かパソコンがいかれ気味。やっと実家に来れたので。

燃料不足のせいでガソリンや灯油の盗難がここ八戸や三沢でも起きているそうです。被災家屋に入って使えそうな家電製品や貴金属も持っていかれているって。悲しいことだよ。

本当に困っている人は日中スタンドに並べないし、スーパーにも行けないから調達が難しいんだよ。
三沢は八戸より食糧が非常に少ない・・・。地震以降豆腐や納豆、乳製品にありつけないんだ。今日スーパーみなとや(笑)で久しぶりにご対面!今は栄養を取りたいだけにつらいです。野菜ジュースやカルピスとかでしのいでたよ~。
でも被災地に比べれば電気もあるし、水もでる。暖もとれるから本当にしあわせだと思ってるよ。

旦那の実家は町が壊滅状態の岩手にある山田町で、おばあちゃんはなんとか避難できたけど、親戚がまだ安否不明の人がいるらしいので心配。毎日ニュースやネットで情報を得ているけど「報道がされなくなったら終わりだ」と旦那は心配してる。風化させちゃいけない出来事です。CMが同じのしかやってないから飽きちゃってイライラしちゃうけど~(苦笑)

確かにニュースとか見ると精神的に辛くて少し痩せちゃったから旦那にはあまり見ないようにと言われてます。
abechiも程々に!

ちなみにOちゃん東京で被災して八戸に帰ってくるすべがなく困り果ててたら、運よく三沢までの飛行機チケットキャンセルがあって帰ってこれたよ。しかもお兄ちゃんも津波に車のまれたけど自衛隊に救助されたって(怖)
兄弟そろって強運の持ち主だ!

No title

ほんとアメリカのニュースとか観てもだんだん日本の地震のことは忘れられるのかな・・って悲しくなります。
青森では皆さんも書いてるようにガソリンが思ったように手に入らなくて大変だってって言ってるけど、ガソリンが手に入らないから市営バスも休むとかって聞きました。ほんとにこの先が不安です。
まだまだこれから大変だと思います。子供たちの学校では今週1週間日本への募金を集う事になってたので週末に折り紙で鶴を折りました。(他の方のブログでみたので)少しでも多くの子供たちに関心を持ってもらって募金してもらえたら嬉しいです。

No title

こんにちは。私達もなんとか生活しています、元気です。

徐々にガソリンの販売が始まり、この3連休で給油できた人がだいぶいたようで、今日あたりは自動車の台数も増えていると感じますが、まだまだ入手するのは大変で・・・私も昨日、父と一緒に8時開店に6時からならび、20ℓ給油して家に着いたのは10時過ぎでした。まだマシなほうかなぁ。

先週はじめ頃は、お米を買うこともできませんでしたが、週末には買占めもなくなり何とか買えました。
みなとやは結構食材がそろってて助かります。でも、なんとなく不安です。自分の分を減らしても、なるべく子供に食べさせたいと思うあまり、食欲減退気味の母です。

私の周りの(ごく一部数人の)独身男性はのん気です。
貴重なガソリンをまき散らし毎日温泉に行っているとか、温泉帰りにマクドに寄るのが日課だけど営業してないとか、灯油はないけど電気はなんぼ使っても大丈夫だから28℃設定でTシャツで過ごしてるとか、地震の番組ばかりでつまんないからレンタル屋をうろついてるとか・・・。
こんな事を言うので、キレてしまいました。
募金・寄付までは要求しないけど、家や家族を失った人達のことを考えて、せめて無駄をなくすとか自分のできる事をしてほしいです。
私の周りには、こういう↑男性しかいなくて悲しい。
だから結婚できないんだろうなぁ(遠い目)

No title

★さとこさまへ
いやあ、mioの言うとおり、妹は強い!スゴイ!
今、ワタシが八戸にいたらどうなってたと思う???
多分ひきこもりで、凹んだ状態だよね・・・とほほ。
でも、ニュースがだんだんと前向きな感じになってるのがうれしい♪
ガソリンや灯油も列車で横浜から一日2往復運ばれてるようだから、
そこにもすぐに届くでしょう。というか、そう祈ります!

ここにいると、何もできない自分へのいらだちと、無力感みたいなのに襲われるんだ。。。
ブログも、日常を書いていこうって思ったり、そんなこと書いて何になるのよ・・・って思ったり、と、精神的にまだまだダメな感じ。
日本にいないのにへこんでたら、被災者の人たちに申し訳ないって思ったり。
の堂々巡りです。

★のぞみさまへ
アノラックですが、妹にまで「オネエチャン、アノラックなんて通じるわけないじゃん」と言われたのですが、この前
「今年はAnorakが流行る」ってアメリカで見たのよ。
http://www.urbanoutfitters.com/urban/catalog/productdetail.jsp?id=17819186&CAWELAID=724096456

だから標準語だって思ったのよ!!!!!
でも、まあ、この写真よりも、スキージャケットのほうがイメージ的には強いかな、うちら北国の人には。

熱くなってる人がアメリカ人にもいてくれるとほんとにほろっとするよね。
この前、さきちゃんとこのレストランで隣に座った人が「心からお見舞いの気持ちを伝えたい」って声をかけてきてくれて、すっごいうれしかったよ。
でも、きっと、じょじょに忘れられていくのかなってすでに思ったりして泣けたりしてさ。
募金活動、がんばろう!!!!

★mioさまへ
ほんと、妹は強いね。
今、ワタシが日本にいたら、どんなになってたかな?って思うと、恐ろしい。
ここにいてもだめだめなのに・・・
でも、やっぱり、じょじょに避難所でみなさんが協力する姿とか、物資がどんどん運ばれていく様子とか、もう道路が直ってきてるとか、そういうニュースが最近増えてきて、ワタシの気持ちもポジティブになってきた気がするんだ。
日本人はスゴイ!って。

>普段の生活って、とてもありがたいことなんだなあとわかるよね
これを最近、毎日心に刻んでるよ。
今、ほんとに当たり前にご飯食べて、当たり前に子供と遊んで、っていうすべてのことが、一瞬にして消えうる可能性があるってこと、忘れがち。
例えば、子育てつらいつらいって思ってばかりじゃなく、ありがたいって思っていこうと思ってます。

★Sanさまへ
昨日も、Sanちゃんの地元のご夫婦の話をNHKで観てたの。
(ご夫婦で同じ老人介護施設で働いてて、地震のときも2人とも同じとこにいたんだけど、旦那さまは車椅子のお年寄りの避難を優先してて、奥さんに「先に帰ってろ」って言って、そのまま帰ってこなかったって・・・・で、奥さんがその元職場で旦那さんを探してるのよ・・・・)
で、こんな人たちが今、何万人もいるはずなんだから、ちょっとやそっとで忘れちゃいけないし、忘れられても困る!ってまた思ったんだ。

アメリカでは、CAで放射能が計測されたから、ニュースはほぼ9割放射能と原発の話。
その陰での避難した人たちとか、がんばってる電力会社の人とか、そういう話が出ないの。
放射能ももちろん恐いことだけど、それで恐怖心をあおられてる人がいーーーっぱいいるわけで、その人たちが意味なく日本を恐がることになるんじゃないかって思って、すごく悲しい。
真実も伝えていかなくてはって思うよね。
毎月○にちは寄付の日、すごくいいアイデア!
ワタシも漠然と、スタバ分を寄付、とか、外食分を寄付、とか考えてたけど、毎月決めるといいよね。

★マナコさまへ
この前は電話で話せてよかった!
電話でも言ったけど、ご主人が山田町と関係があるってことはすっごい覚えてて、山田町のニュースもよく観るから、すっごい心配だったの。
今はマナコちゃんも安全にしなきゃいけない時期だしね。

みなとやは、地震直後の電気がないときも、軒下で電卓使って売ってくれたってうちの妹が言ってた。
グッジョブみなとや!ローカルのスーパー、がんばれ!
そろそろ物資もどんどん入ってくるはずだし(ニュースによると)ガソリンも灯油も早く入ってくれるといいね。
それにしても、オール電化でよかったねマナコ実家!
うちの実家もオール電化にしないかな・・・・

Oちゃんとも電話できたよ!
Oちゃんは生協に並んでた(苦笑)
ガソリンも前の日の朝4時から並んだって言ってた。
バスの便がいいとこに住んでる人なんて、そんなにいないモンね八戸だと。
でも、がんばってる様子がわかって、安心しました。
また電話するね。

★さらさらさまへ
折鶴を作ったんですね!!!!
学校も協力的だったなんて、よかったですね!
ワタシは、行ってるスポーツクラブのカウンターにでも募金箱を置いてもらえないかってディレクターにメールしたんですけど、いっこうに返事がきません・・・・
なんかなあ~って感じです。

青森も灯油のタンクは満タンには入れてもらえないってNHKで観ました。
八戸もガソリンは手に入らない(もしくは明け方から並んで8時間とかかかってやっと入れられるとかそういうレベル)し、バスもガソリン不足なので日・祝日ダイヤでの運転だそうです。
ぎりぎりの生活がいつまで続くのか、お互い青森県民として心配ですね。。。

★ぬまはたさまへ
さすが、鋭い目で世の中を見てるあなたです。
まさか、このコメントが結婚できない理由で終わるとは思いませんでしたわよ(苦笑)
でも、そんなのーのーとした人がいっぱいいるの???
独身男性に限るの?
ちょっと残念なお知らせって感じだね。
だから結婚できないっていうのはそういう人たちのこと、あなたではないんじゃない?
ぬまはたさんにぴったりの男性、絶対いるはず。妹の旦那さんに聞きましょう~

>自分の分を減らしても、なるべく子供に食べさせたいと思うあまり、食欲減退気味の母です。

泣けました。母は強い!!!!

それにしても、今回は帰らないことになったので、残念の一言に尽きます。。。
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。