10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリスクール選びの記録①

ここ2ヶ月くらい、この男Kのプリスクール探しで頭を悩ませておりました。
記録のために、書かせてください。

IMG_8084blog.jpg

プリスクール、日本でいうと幼稚園にあたるのでしょうか?
(今の日本には「プリスクール」があるようですけど・・・・)

州によっても異なるとは思いますが、アメリカだと、3歳、4歳児がプリスクール。
5歳児がキンダー。
6歳児が1年生かな?
キンダーは、日本語訳だと幼稚園だと思いますが、キンダーからが義務教育にあたります。
大体小学校にキンダーがくっついてます。

プリは行っても行かなくても、それは親の判断です。

うちのオットはプリスクールに行きませんでした。
理由はいまいちわかりませんが。
で、キンダーにいきなり行ったところ、もう少しで落第しそうになったらしい(汗;
(アメリカは何歳でも落第っていうのがありますから)

公立、私立、教会系、ミリタリー系、とにかくいろいろなプリスクールがあり、とほうにくれましたが、まず、
予算と、自分たちが学校に求めるものをリストアップしました。

・基本的な礼儀(数分でもきちんと座ってお話を聞く、など)を身につけられる
・社交性を身につけつつも、基本的なルール(一緒に遊ぶ、順番を待つなど)を身につけられる
・集中力をつける
・常にハイパー(テンションが非情に高い)状態なのをコントロールできるようになって欲しい

と、まあ、親の立場となるといろいろと考えてしまいます。

パズルや迷路がものすごく得意なので、そこを伸ばしてあげたい、とか体を使って思いっきり遊ばせたいとか。

ただ、まず第1に、息子はワタシが視界からいなくなるとパニックになってしまうことを克服して欲しいことが重要でした。
どの託児所でも1時間ももたないくらいギャン泣きですから、初日が大事。
初日に楽しく暖かい雰囲気で迎え入れてくれて、その後も『学校に行く』ことを楽しみに思ってくれるようになることが第1目標です。

で、いろいろと考えて、お友達からの評判を聞いたり、学校を評価するサイトをガン読みしたり(こんなサイトなど)して、10くらいのプリの見学に行き、やっと決めました。

まず、私立のプリは我が家にはちょっときついくらい高いです。
集中力をつける、知的好奇心を養い自発的に学ぶ姿勢を身につけられる点で、モンテッソーリ教育の学校に興味がありました。
市内には公立・私立と数校モンテッソーリの学校があります。
公立は我が家の学区にひとつありますが、すでに来年度のプリスクールは定員いっぱいとのこと。
ちなみに公立でも、週5日8時~14時まで入れて月500ドルかかります。
私立だと、1校を例にあげれば、週2回午前中2時間入れて月300ドルくらいになると言われました。
余裕さえあれば週5日1日いっぱい入れることも可能ですが、そうなると月700ドルくらいになるようでした。

*アメリカの場合、学区はA学校の学区というのではなく大きなエリアをひとくくりで学区。その中に何個も学校があります。基本的に、学区内に住んでいるとその中の学校にはどこにでも入れられますし、優先的に入れます。
でも、他の学区の学校でも早めに申し込んでおいて抽選などで選ばれると入れますので、基本的にどこでも入れるといっても過言ではないかと思います。
ただ、学校の人気が高い学区だと、そこに住んでない人は優先順位が下がるので、なかなか入学できない場合なども出てきます。

私立のモンテッソーリのプリを2軒見に行きました。
どちらもとてもいい雰囲気で、学究レベルがあがることがすごく期待できそうでしたが、モンテッソーリは自立心を育てることを重要視しているので、クラスの雰囲気はなんというか規律が行き届いていて、静かで緊張した雰囲気。
子供一人ひとりが自分で選んだ作業をしているので、初日にこれだと息子は絶対に入っていけないな、という印象。
いちおう、息子の『Separation anxiety(辞書だと分離不安:慣れた家族や環境から離れることへの不安)がとにかくひどいんですが、そういう子にはどう対処してくれますか?』と聞いたのですがどちらの学校も

子供だから慣れます。絶対に慣れます。

の一言でした。ジムの託児所に4ヶ月通っても慣れなくて、行くことすら拒否してるのですが、と言うと、「うーん、そういう子もいますよ」とだけ。
そこがワタシが一番不安としているところなので、そこの相談にのって欲しかったのですが、そこはあまり重要ではないみたいだったので、ちょっとワタシが不安になりました。
いろいろな文化を学べたりするのもとても魅力でしたが、まずはワタシから離れることを学ぶ必要がある息子にはまだ早いかな?ということで、最初に入れるのはあきらめることにしました。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 海外で育児
genre : 育児

いろいろ大変そうだね。
友陽は今サッカースクールを変えるかどうかで検討中ですよ。
アメリカだと、こっちの予想をはるかに上回る対応をされそうだから悩むだろーな。慣れますといっててもあっさりと区別されそうだし。
信じて預けられるところであればどこでも良いのでは?結局思うようには育たないし、学校も期待どーりということにはならないのは日本も一緒のような気がします。
ま、俺は子育てあまりしてないからな~

No title

★周平へ
友陽のサッカー教室、なんで変えるの???
どんな理由か教えて!参考までに。
うちもK氏をサッカー、水泳、体操のどれかに入れようと考えてるので。

そうなんだよね。大丈夫です。慣れます。って言われても
「やっぱりだめでした。うちでは無理です」
って言われることもあると思うから、一番安心できそうなとこに決めたよ。

>結局思うようには育たないし、学校も期待どーりということにはならないのは日本も一緒のような気がします。
なんか、ちょっと安心したよ~。
ワタシ、すっごい心配性なとこあるからね。
でも、子育て、ちょっとは参加しなさいね。
うちのSは、プリ選びも見学についてくるけど学校のリストアップとかは全然しなくてワタシにがんがん怒られてますよ(苦笑)

No title

すごい!きちんとしたお母さんで、Kくんは幸せですよ。
ワタシなんか、とりあえずうちの近所、ってだけで決めちゃいましたから。

そうそう、日本でもプリスクールとかいうんだけど、イマイチ使い分けがよくわかりません・・・
うちのダヴィが現在週1で通っているところも、プリスクールと名乗っております。
ちょっと狭いなあとか問題点もあるんだけど、とにかく先生が優しいのが、もう安心できるところです。
意外なことにうちのダヴィもすんなり慣れてくれましたから。
まあ、2ヶ月、間が開いて、来週から再開なのでどうなることやら、なんだけどね。

うちは、かなりの教育パパですよ。
想像できると思いますが。
子供はとにかく元気に遊んでほしい、というワタシとはかなりの温度差があります。
幼稚園からはインターナショナル校に通わせる!とか・・・
そこらへんの不安なんかも、abechiさんにご相談したいわ~。

今年は里帰りの予定なし?

おはよう!こっちは土曜の朝、今日も仕事か~。子育てもっとしないとな~。

サッカースクールについて。もともと土浦で友達も全くいなかったので、また俺がサッカー好きだからにいれた訳ですが、(ちなみにスクールを選んだのは亜矢)サッカーというよりは団体行動や友達と遊ぶコトに主眼をおいてあるらしく、小学生になると他のスクールに変える子が多いらしい。したがって将来のプロへの芽を潰さないように(嘘)もっと名門スクールに変えようかな、と最初から思っていただけだよ。それも友陽が楽しいって言ってるので変えないのもアリだな、と思っている今日この頃です。
Kに『今日は○○の日だよ。準備して』って言ったら『やった!』って楽しみにしてくれてるなら何でもいーんでない?絶対成長するよ。

No title

うちは、去年からプリスクールに通ってますが(4歳です)やっぱり最初は泣いて泣いて大変でした。泣かれると、こっちも辛くて可哀想になってしまうんですが、でも「ここは皆と遊べて楽しい所」っていう事が理解できたら大丈夫だと思います。そこまでが親も子もちょっと辛いんですけどね。とはいっても、いまだに朝のお別れのバイバイでは泣く事もありますよ。泣くのは親子の絆がしっかりできている証拠と聞きましたので、泣くのもいい事だと思いますよ。

私は、週に2回とか3回通うよりも、毎日通った方がいいと思います。というのは、子どもは早く慣れる事ができると思うし、親はその分時間に余裕ができるので、多少なりともリフレッシュできます。まだ、ミキちゃんが小さいので、Kくんがいない時間をゆったり過ごすのは難しいと思いますが、それでも時間の使い方や気持ちが全然違ってくると思います。

初めの頃は、今何してるんだろう?とか気になって仕方なかったんですが、最近じゃ送り出した後の自分時間が楽しみで、お迎えの時間まで息子の事はほぼ忘れてます(笑)

No title

どこの国でも子どもが絡むと面倒だったり金がからんだり
ママは頭が痛いですねぇ・・・(泣)

私もソフィが3月から幼稚園
でも2ヶ月前から動いたヤル気の無いママ代表
教育熱が異常な韓国ママからするとある意味虐待っていわれかねんくらい
子どもの教育にはさほど感心もなければ放し飼い状態です

今の幼稚園も楽しそうに通えるなら&自宅から徒歩圏内ってな理由のみで決断!(爆)


息子さんがママが居なくなると泣くのは程度がハッキリ分からないけど
正常なことだと思います

過去ソフィ(私のブログの2009年1月あたり参照)もそういう時があって
本当に辛かったです。その状態で預け出したので
始めは朝の別れだけで疲れてましたが
子どもは少しずつながらも毎日成長してますから
Kくんもママが好きなのはママがそんだけ愛情をかけて育ててる証拠だと思います^^ 焦らず子どもに合わせてあげれるabechiさんは立派ですよ~~

No title

この念の入れようには頭が下がりますです。
こんなにいろいろ考えてもらってKちゃんは幸せ者だよなぁ。

選択肢がいろいろあるのはチョイスするのが大変そうだけど、田舎者からしたら羨ましいな。
しかし、もうお金がかかり始める年頃なのねん・・・orz

Kちゃんのおパンツかわいい!
テツはまだおパンツ持ってないんず。
お気に入りのやつを買ってあげればトイレに行く気になってくれるかしらねw
最近てごわさに磨きがかかってきて超KKN(かちゃくちゃね)なのよ(;;

No title

★mioさまへ
旦那さま、教育パパでうらやましいよ~
ワタシは旦那さまレベルまではいかないけど、うちのKは最初でつまづくとずっとダメなタイプだと思うから、プリ選びは慎重にしたくて、いろいろとリサーチしてるけど、Sはまったくだよ。
見学には来てくれるけど、アポイントメント入れるのもワタシ。

ただでさえ英語読むのめんどくさいのに(苦笑)

今年の夏、帰りたかったけど、チケット代の高騰であきらめざるを得ないみたい。3人で5000ドル以上いきそうだもん(涙)
来年は絶対!

★yukiさまへ
>泣くのは親子の絆がしっかりできている証拠と聞きましたので、泣くのもいい事だと思いますよ
なるほど。そういわれるとちょっと気が晴れます(喜)
1月から通ってたジムの託児所、最近は太ももにしがみついてぎゃん泣きで、絶対に建物の中に入ろうとしなかったんです。
3ヶ月たってもこれか・・・プリはどうなるんだ????って思っています。。。

息子さんはどんなプリに通われてるのですか?
うちは、多分次の記事に書くと思いますが、すぐ近所の公立のプリが無料で午前中2時間ですが毎日通わせられるんですが、先生が恐すぎて、さすがに無料でもこりゃないだろ、と、あまり文句とか言わないオットが見学から建物出たとたんに言ってたくらいで・・・
あとは毎日通わすには経済的にきつい(汗)
ということで、週2回になりそうです・・・

★KEGURIさまへ
韓国はすごそうですよね~教育熱が!!!!
たしか5歳から義務教育になったのではありませんか?
ここコロスプにもたくさんの韓国人ママがいますが(アメリカ人と結婚している)、彼女たちは子供に韓国語を教えないんですよね。
理由は「それで学校で遅れをとったらいやだから」だそうです。
逆に日本人は「英語なんてそのうちいやでも話すようになるんだから、日本語をがんばってもらわないと」という人が多い気がします。

ソフィちゃんにもそういう時期があったのですね・・・・
今度じっくり過去記事を読ませてもらいますね。
うちの息子は、無理矢理試した託児所、デイケアの3時間など3ヶ月くらいしましたが、慣れる日は来ず(涙)
どうなるのかな~?という感じです。

★くみさまへ
ほんと、そろそろ大変な時期になってくるよね。
お金もかかるし(お金さえかければいくらでもいい学校はあるのだけど、そうもいかないからきつい)リサーチに時間かかるし。
見学の予約取る電話を、周りで子供2人がわめいてるときにしなきゃならんしで、ほんと疲れたよ。。。

大体のプリはおむつが取れてないとだめなんだよ(泣)
だから必死。
取れてなくてもいいです、っていうとこは、大体プリの前の保育園レベルのクラスに2歳児とかと一緒に入れるとこから始めて、おむつが取れたらプリのクラスに移動っていう形をとるパターンかな。
なので、トイレトレーニングも必死。
まだ完璧には程遠いんだけどね。
この模様も後日ここで書かせてもらうよ。
KKNって超ウケタ!
うちの息子もKKNなんだけど、さらにそれだけじゃ表現できない面も(苦笑)
なんだべなあ・・・
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。