11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の卒業式に行ってきた

週末、もう1個行事がありました。
オットの従弟Aaron(アーロンって次から書きますが、英語発音だとエアロアンみたいな、ちょっと日本人にはきつい発音です・・・)の大学の卒業式です。




こんな大学のマーク入りの招待状が1ヶ月前に届きました。

アメリカの大学は、日本のように一斉に入学・卒業ではなく、学期ごとに卒業式が行われます。
大学を休学して授業料を稼ぎに出る人もいるでしょうし、とちゅうで軍にはいって戻る人もいるでしょう。(軍の学資援助が得られるので)
とちゅうで専攻を替えてゼロからスタートする人もいたり。
お金に余裕があれば授業を取れるだけ取って早く卒業する人もいるし、逆に余裕がなければ授業を少しずつ取ってバイトしながらの人も。
アメリカの大学って授業料高いからね。
アーロンの場合も、だいぶアーロン父からの援助もあったみたいですけど、高校出てちょっとお金貯めてから授業を取り始めたので、今は24歳です。

お金持ちの子弟のことはわかりませんが、こうして、一般家庭の子が大学を卒業するというのは家族にとってものすごい誇り。大イベントなようで、この招待状も一族全体に配られた模様です。

スプリングスから車で3時間ほど北のエヴァンスという街まで、叔母夫婦の車で。




この帽子とガウンを見ると、なんかドキドキ♪します。
やっぱり、大学の雰囲気ってなんかいいワ~

アーロンと婚約者のサラです。



二人はいわゆる『high school sweet heart』ってやつです。
高校からずーっと付き合ってて、大学在学中に婚約しました。
このまま結婚まで突っ走って欲しいとこですが、あと1年くらいコロラドで働いたら、他の州に出てみるとのこと、結婚はまだまだ先みたい。

日本って、まだまだ大学出ていったん就職したら、次探すの大変っていうイメージなんですけど、今はどうなんだろ?
アメリカはそんなことなく、どんどん色んなことに挑戦していけるとこがいいとこかなって思いました。
学部長(らしい)女性のスピーチでも
『アメリカではアナタがどこから来たのかは問題ではない、今からアナタがどこへ向かっていくかが問題だ』
って言ってましたもん。
妙に感動屋というかミーハーのワタシは、これ聞いて、アメリカの大学絶対卒業してやるって早速思ったし(苦笑)
今は、オットの卒業が先ですけどね。なにしろ何度も言うけどアメリカの大学高いから・・・

って、感動したままで終わるってことはやっぱりありませんでした。
式のあと、一族のディナーにも招待されてましたが、うちら夫婦と叔母夫婦は次の日の朝早く予定があったので大学から帰ることにしてました。
が、叔父やその他から
『この近くのもう1軒の親戚の家でコーヒーでも飲んでって!!!アーロンともそこでゆっくり話してあげて』
としつこく言われたので、そのくらいなら、と車で一行についていったんだけど、近くどころかハイウェイはいって、どんどん北上していくし・・・
結局スプリングスからはどんどん遠ざかっていくこと車で45分。。。
着いたら着いたでアーロンはいないし、一行は『もうレストランの予約の時間だわ』と出かける始末。
コーヒーどころの話でもなく。。。

相変わらずアメリカ人計画性なし。。。

帰りの車で叔母夫婦お怒りモードで、結局デンバーで渋滞に巻き込まれて、大学からなら3時間弱で帰れたところを4時間半もかかって帰宅しました。

日本人の中でも計画性がありすぎるワタシは
『そんなの、前もってどのくらいの距離か細かく聞いておけばいい話じゃん』
と後部座席で思っていたのでした。




スポンサーサイト

No title

アーロン、卒業おめでとう。
それにしても4時間半、お疲れ様でした。
妊婦のあなたには、さぞかしきつかったことでしょう。
イライラも禁物です。

こんな私でも、アメリカ人からしてみるとシッカリしてる様におもわれてしまいます。
でも、自分でも彼らよりは計画性あるって確信してるけどね。

No title

日本も今は売り手市場だから、次探すの簡単だよ。選ばなければ。
でも一時的なものだと思うな~。
なぜなら結局年功要素で給料が決められている会社が多いから、よっぽどの技能をもった人でなければ転職→処遇ダウンが待っていると心のどこかで恐れている。給料の基準が不明確なわけですよ。

年功じゃなくて、完全に仕事の中身で評価される業界じゃないと恐ろしくて転職できないね。

No title

お疲れ様でした。
日本人の中でもとりわけ慎重で計画しっかり!
のabechiさんには、?????でしょうね。
大変だよなあ。
”これからどこへむかうのかが大切”
確かにそうなんだよねえ。
後悔、反省なしのワタシは先しか見てないんだけれどもね。

No title

☆いずみさま
最近、ホルモンなのか、なんなのか、以前だったら即効でいらいらしてたようなことが起こっても
『ばっかだな~~~~(笑)』
と笑えるようになってきました。
自分でも不思議。
でも、4時間半は長かったっす。
デンバーがひどくて、ロードサービスに電話して、どうにか渋滞を避ける道を探したんだけど、それがよかったのか、逆に遠回りだったのか・・・

いずみさんなんて、日本人の中でもすっごいしっかりしてるからアメリカ人にびっくりされない?
ワタシ、まだ日本で仕事してたとき、よくアメリカ人に
『なんでそんなに先のことまで考えるの?』
って驚いて言われたよ。

☆shuheiさま
アメリカだと、ほぼ完全に経験と、仕事内容を見られるよね。
(軍は年功序列っぽいけど、昇格試験も数回落ちれば除隊になる)
あと、意外にも学歴が重要なのはこっちにきて驚いてます。
Sの職種はまあ特殊だから、仕事はあるけど、日進月歩の世界じゃない?
だから、どんどん自分で新しいスキルをつけていかないと、追いつかない。
いつだって、『明日から来なくていいよ』って言われる危険性はあるわけです。
で、大学も行きつつ、来月も自費で資格試験。

Sの教師の叔母も、あと数年したら、経営でマスター(修士?)取りに大学院行くって。
じゃないと、校長とか州の教育関係なんかの管理系の仕事はねらえないからなんだって。
何10年か学校教師してると、自動的に教頭とかにあがっていくわけではないんだなあ。。。って思った。
ステップアップした転職が普通でも、そのための自分での努力は大変みたいね。

☆mioさま
ワタシは、先のことを考えすぎてストレスがたまるので、徹底した刹那主義で行く努力を日々しています。
特にここアメリカでは明日のことがワカラナイ・・・
いい精神修行よ~~~~
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。