06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母帰国~ちょっと感傷的

約1ヶ月の滞在を終え、母が今朝帰国しました。

出産前は、一緒に買い物をぞんぶんに楽しみましたし、産後は『産人預かり(産後の人の世話をする人のことを母の実家ではこう呼ぶんだそうです)』として立派につとめてくれました。

特に、オットとは以前書いたように言葉の問題もある上に、オットはとにかく好き嫌いが激しいので、いちいち『これってSは食べれる?』と毎回気を使わせてしまいました。

産後のエモーショナル=感傷的?な時期は過ぎたはずなんですが、(産後一気にホルモンが出るので、涙もろくなる時期)今日はさすがに、母を送り出したあとの空港からの帰り道、車の中でしくしくと泣いてしまいました。

地元の友人で、同じく国際結婚をして、今はドイツに住んでいる友人が、
『産後の手伝いにお母さんに来てもらった時、特にそれまでは普通だったのに、いざ空港まで行ったらなぜか号泣しちゃったよ』
って言ってた気持ちがよくわかりました。
あ、彼女が特別彼女が感情の起伏が激しいタイプってわけじゃないです。
むしろ、すごいサバサバしてて、マイペースな彼女。号泣っていうイメージ全然ないの。

なんだろね~?これからあたいはどうすりゃいいの?っていうある意味絶望に似た気分でしょうか(汗)

オットは
『困ったことがあればボクのオフィスに電話してくれればいいし』とか
『もしヘルプが必要だったら、すぐにボクのママに来てもらうから』とか、運転しながら必死に言ってたけど、
仕事中のオットに電話して何をしてもらえるのか?って感じだし、Sママに来てもらったとしても、自分の母みたいに、両乳出しっぱなしで『清浄綿持って来て~~~~』ってお願いできないしサ(苦笑)

でもでも、家に着いて家事をし出したらもう全然ダイジョウブになりましたので、ご心配はご無用。
母も乗継地のサンフランシスコに着き、成田行きの便の出るターミナルへの移動も無事終え、時間つぶしをしてるみたいでほっと一安心です。

父のときとは違い、今朝のコロスプ空港はガラガラで、セキュリティーにも列はなし。
ただし、やはりここからサンフランシスコへの便も、サンフランシスコから成田への便も、出発時間は変更されてました。
10年前くらいは、海外旅行するときはかならず出発の2、3日まえにリコンファームの電話を航空会社にして確認しなければなりませんでしたよね。
もうその必要はないのは百も承知だけど、こんなにも時間変更があると、常にネットで確認できる状態にある人以外は、なるべく電話して確認した方がいいのかなあって思いました。

そして、サンフランシスコ空港ですが、国内線から国際線ターミナルへの移動にバスを使うんですけど、(ワタシはあまりサンフランシスコ空港を利用したことがありませんが)
『インフォメーションのアジア系のおじさんにチケットを見せたら、あり得ないくらい汚いドアに連れて行かれて、これまたあり得ないくらい汚い階段を降りたらバスがあった』(母談)だそうです。
そのおじさんの案内でしか行けそうもないとのこと。
これから利用する方のため、念のため。




こんな風にKをすやすやと眠らせることができるのは母かオット。
おまけに、授乳後のKの、顔が真っ赤→ゲロ→泣く→う○こ・・・etcとかいうルーティーンワークをしっかり知ってたのは母。
ワタシはいまいち知らないし(恥)
これからKの観察と眠りに落とす練習をしなければなりませぬ。
スポンサーサイト

チョットーーーーーーーーーーーーーーーv-42
K君!すっごい鼻高くないかぁっ?どこがアジアンな顔だ???すっげ~可愛い。今度、ムギュ+クンクンさせて下さ~い。…なんか変な人みたいだけど。

お母さん、帰っちゃって寂しくなっちゃたね。
私も想像しただけで、ウルウルしちゃった。自分が日本からアメリカに帰って来るなら、泣かずに大丈夫そうだけど、お母さんに帰られちゃうと…。寂しいね。
今度は、まだK君がまだ小さいウチに日本に帰って、お父さんとお母さんに会ってもらわないとね!

ダディS君も、今度は仕事してる時でも電話したら15分で帰って来るよ!仕事に出かける時間も遅くなるし、帰ってくる時間も早く(?なるか?)なるし。

大丈夫、大丈夫!!!!!みんないるよ!

ひ~、小学校の通信簿(懐かしすぎ・・・・)でも、
”情緒の安定 C ” だったワタシは、どうなるんでしょう????
でも、赤ちゃんの威力ってすごいものね。
なんにもしなくてそこにいるだけなのに、みんなを幸せにしちゃえる!
赤ちゃんパワーでabechiさんしっかり進めるよ♪

前回のブログでお母様が帰国されるとのことだったので、寂しい思いされるのでは。。。と思っていたところです。
私も、妊娠中に母と姉が来てくれました。帰った後は私も大泣きしてしまいました。自分が日本→アメリカに来るときは泣いたことなんてないのに。。。
妊娠して初めて、母はこんな辛い思いして自分を産んでくれたのか。。。とか、今までやりたい放題やってきた自分に反省したり、わざわざアメリカまで私の様子を見に来てくれたことに感謝したり、何ともいえない気持ちでした。

K君、ぐっすり寝てますね~。
かわいい~。
ほっぺたとか、鼻とかつまんでやりたいです~~!!

私たちもサンフランシスコでその汚いドア&階段通りましたよ。
おそらく同じところだと思います。
サンフランを利用することが多い私たちですが、あそこは国内線おりて、国際線のゲートに行く前に国際線用のセキュリティーがあるんですよ。いつも長蛇の列で。。。
前回、私たちも国内線でサンフランに到着してゲートを歩いていたら、たまたま(って感じでした)
『国際線乗り継ぎ?そうだったら、ここから行くと国際線セキュリティーを通らないでそのまま、国際線のゲートにつくよ』
と職員の方に案内されて、『コレは社員通路か?』っていうような階段をおりたらバスがあり、それに乗って国際線ゲートに行ったことがあります。
『国際線乗り継ぎはこちら。。。』のようなサインもなく、本当に声をかけられた人のみいけるラッキー?!な通路ですかね?

いや~、K君の寝顔は天使の寝顔だねぇ。癒される。

子育ては母親も一緒に育つっていうからね。
考えてみればabechiだって“ママの赤ちゃん”なわけだし、これから試行錯誤しながらK君と一緒に成長するんだね。
お母さんの帰国はさぞかし寂しいと思うケド、ここはabechiもけっぱりどころね。
次の帰国までがんばっ!

久しぶりにブログ覗いたら、K君またまたりりしくめんこくなって~v-344
お母さん帰っちゃったのね。寂しい&情緒不安な気持ちはよ~く分かる!!
ホントに涙もろくなるんだよね。私も里帰り終了して、アパートに帰ったときそうだったもん。
あ~、実家に帰りたいって。はっきり言ってまだパパは役立たずだったし。
それでもなんとか慣れるものよ☆
K君はますます表情も出てきて、可愛さが増すしね♪
母は強し!!頑張れ、abechiv-217

お母さん、帰っちゃったんだ~。
寂しいね。読んでて私もウルウルです。。。
私も八戸→東京の際には超泣いたわ。
帰るの止めようかと思ったもん。

でも、まぁなんとかなるもんだわ。
ほんと、母は強いんだわ、私でさえ。
目下の敵は孤独、でしょうか?

K君、かわいいねぇ。触りた~い。

産後ってなぜか涙もろくなるよね。
私も退院日、実家で寝ながら、あ~これから子育てできるんだろうかとか、こんなに泣いてばかりいる赤ちゃんは家の子だけだよとか、、、色々考えてたら号泣してた。
家族も私も驚きでしたi-229

寝かしつけは難しいよね~
家の子も私より、母のほうがよく寝たなぁ。やっぱり抱き方がまだなってなかったのかしら?あと、私は『寝ろ~寝ろ~』とまるで呪文をかけるような気分で抱っこしてたから、その殺気にビビッてたのかも。。。

ちょ~!!

かわいいんですけどぉ~!K君!
こんなにカワイイ息子が生まれるなら今すぐ妊娠したいわい。
わたしのばやい、想像してみた→ん~、そうでもないかね(汗)

それよりも、abechiママ、日本に帰国されちゃったのね~。さみしいわね(;;)
心強い人がいなくなると、急に心細くなるよね~。

それにしても、彼女もママがドイツから帰るとき号泣したって・・・。結婚式の時なんかも私たちのほうがウルウルだったのにね。
そのくらい、出産直後は感情がコントロールできなくなるのかな~。

ま、その心配もまだまだないけどぉ~。
大丈夫!abechiには心強い現地のお友達がいるから、それに、アっというまに時間はすぎるよ!
がんばれ~!

お母様、帰られて寂しくなりますね。無事に国際線までたどり着いてよかったね。
これから日中一人でベビちゃんのお世話、たいへんだと思うけど、何かあったらいつでも呼んでください!役に立つ自信はまったくありませんが、買い物代行くらいはできます!助けてくれる人、周りにたくさんいるよ。がんばって!

★いずみさま
昨日はまたまたお世話になりました(汗)
ということで、勝手に今日のブログの話題にさせてもらいました~!
コロッケさっくさくだったわ。
どうしたらああいう風に揚げれるのか教えてください。

お世話になりっぱなしで、いつ恩返しできるかなあ・・・って悩んだりしてます。

★mioさま
ほんと、懐かしすぎ(笑)
情緒の安定いつもAだったワタシでもこうよ~
感情のコントロール、全然できなくなっちゃうのよねえ。
mioは・・・どうなるの・・・ワタシも興味あるわ。

★puntensuさま
やはりそうですか。誰でも通る道みたいなもの?なのでしょうか。
日本からアメリカに戻るときは、たぶん生活が待ってるからか、日本の食べ物が食べられなくなるなあくらいの寂しい気持ちはあっても、ここまで感傷的になることはないですね。
出産してホルモンも出っ放しっていうのも大きな理由だとは思いますが。
こんなに悲しくなるなら、次(があるなら)は日本で産んで半年くらいいようかな、とかそんなことまで思いました。
1日たったら、感傷にふける暇などなく、けろっとしてる自分がいて恐いくらいです。

ワタシ、サンフランシスコは3,4回しか利用したことないんですが、こんな秘密の通路みたいなとこ通ったことないんですよねえ。。。。
だから、最近始まったサービスなのかと思ってしまいました。

母によると、国内線降りてすぐのインフォメーションの人にチケットを見せて国際線のゲートを聞こうとしたら
『あそこのジェントルマンのとこに行ってみて』
と近くのアジア系おじさんを指差されたそうです。
で、そのおじさんにチケットを見せたらその秘密の通路に案内されたとか。

puntensuさんの帰国ももう少しですね!!
フライトの変更とかなくスムーズにいけること、祈ってます~!

★くみさま
寝てるときは天使に見えます(笑)

昨日のしくしく泣きが功を奏したのか、Sの働きっぷりがスゴイ!
朝起きたら、台所が片付いてたし、寝床には飲み物とか持って来てくれたあとが・・・
あれはあれでよかったかな、と。
夫婦で成長できそうです。

★しほこさま
実家から帰ってもそうなのか~。。。
でも、ガランとしたアパートに帰ったら、親子二人でどうしたもんか・・・ってしずむ気持ち、想像できるわ(涙)
うー、みんながんばってきたんだなあ。

Kの顔、いまは赤いにきびみたいな湿疹でぶっさいくになってます。
たまに笑えます。ひどい?

★haniwaさま
東京ってまた、なんか寂しい気持ちを募らせない?
あの都会のさばさばした雰囲気が。。。
そうそう、そして、孤独な気持ちも募りそう。

家の中でぽつんと二人って結構きついね。(ってまだ二日目なのに)
haniwaさんみたいに、ママ友達との交流深めていこうって思います。
どんどん外に出ていかなくっちゃ。今まで一人のときは、超がつくほど出無精だったからさ。

★じゅんこさま
わーお。じゅんこも号泣でしたか?
出産経験者は通る道なのね。。。
勇気が出ましたわ。

今がまさにその殺気モードだと思う(笑)
朝ごはん、ブログ更新、コメント送信、と3時間以上経過してるけど、寝てくれん・・・
寝ろ~~~寝てくれ~~~~ってオーラ発してたからだねきっと。
でも、やっぱり寝ろ~~~~って思ってしまう。まだまだだね。

★マナコさま
そうだったよねー!思い出した!
ワタシたちがうるうるきてるのに、彼女は、たしかドレスの背中がばっくり開いてることばっか気にしてたような(笑)
楽しい思い出だね。

マナコちゃんなんて、おばあちゃんもお母さんも実家で手伝ってくれるわけじゃない?
準備万端だね!!!
マナコちゃんの子供、ぜひぜひぜひ見たいわ。
やっぱり10年単位で知ってる友達の子供っていうのは感慨深いもの。
って、一人先走ってすんません(汗)

★Etsukoさま
今まさに、ワタシだとBOPPYの上でしか寝てくれないKとBOPPYを太ももに乗せてコメント書いてるわけですが、
両足がしびれきれてるんだけど、ちょっとKを持ってて!という母がいない・・・
歯をくいしばってしびれを耐えつつ、Kを抱きつつ体勢変えるのって戦いです。。。

この日中の孤独がやはりさみしいですね。
なので、お茶するのが今からとっても楽しみなんです♪
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。