10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褒めるかけなすか

オットの仕事着を買いに、いっつも行ってるTJ・MAXXへ過去記事こちらです
以前の職場は、ポロシャツとジーンズでOKだったんですが、今の職場はもう少し改まった格好が望ましいということで、ちょっと服が不足してまして。

ここの試着室は男女別になってます。
試着室の入り口に店員さんがいて、自分が試着する服を何着か申告し、その数がついてるプレートをもらってそこから男女別の方向へと行く感じ。
試着し終わって、買う必要のない服はこの店員さんに戻すんです。

男女別ということで、オットの試着室にはいることができないのがとても不便。
この店員さんがいるエリアでオットが1着着ては出て来るのを待ちます。

昨日はワタシ以外に見た目的には50代半ばのおっさんもこのエリアに立ってました。
すると、スタイルは超いいんだけど、どう見ても40代後半、もしくは50代半ばのおばはん(このおっさんの奥さんらしい)がなんと、ビキニで試着室から出てきました。
ワタシとこのおっさんがいるエリアは、試着室のエリア内ではありますけど、店から続いてて、店内からも普通に見渡せるエリアですよ・・・
スタイルはいいけど、日本じゃ10代の子しか着ないような、面積が超狭いビキニよ~(汗)

で、おばはんは
『ハニー!これなんかすごくよくない?私、タンキニよりはビキニの方が私の体型に合うと思うのよね』
と言う。
おっさんは
『ベイビー!!!君はなんてセクシーなんだ!!!最高だよ!!!パーフェクトだよ!!!』
って。マジ大声で。脚色ナシですわよ。

おいおい、そんなこと家でやってくれよ・・・いい大人なんだからよ・・・って思ったワタシ。
アメリカサイズでもLサイズの服しか今は着れないヒガミと言われればそれまでっす。

何が言いたかったかというと、アメリカ人は自分のことも、そして自分の身内のことも、公共の場でめっちゃくちゃ褒めます。
日本人、若干ヒキマス。。。

子供なんて特にそう。←子供を褒めるのは上のカップルとは違って微笑ましいけどね。

例えば、(この例、前にも書いてたらすんまそ)
『おたくのお子さんスポーツ万能でいいわね~』って知り合いの奥さんに言われたら、
日本人なら『わんぱくなだけで・・・もう少し勉強に身を入れてくれればって思うんですよ』とか言うでしょ?

アメリカ人なら『えー。スポーツもそうだけど、勉強もすっごいがんばる子なの。将来が楽しみなんです』
って普通に言いますから。

根っからの日本人なワタシにはこれがまた難しいの。
この前も、オットの同僚に
『なんてかわいらしい赤ちゃんかしら!!!おまけに見てこの肌!ビューティフルな肌だこと!』
とべビ男Kのことを言われ、思わず
『ちょっと暗くて見えないけど、最近ラッシュ(湿疹)がひどくて、実はぶっさいくなんですよ』
って言ってしまい・・・
アメリカ人ひいてましたね(焦)

だってさ、うちの母と
ワタシ『Kさあ、ウェンツくんみたいな美少年になってくれないかな?』
母『いくらハーフでも無理でしょ。だって母親(ワタシのことね)のレベルが低いから』
ワタシ『そりゃそうだ。ははははは』
みたいな会話になりましたもん。

こんな環境で育ってるワタシ、人前で自分の息子べた褒めできるようになるかねえ・・・
ちなみに、オットママは今でももちろん、いろんな人の前でオットのこと褒めますよ~。

昨日、初のう○こミサイルを浴びました(苦笑)
その後、ビミョウにKはガッツポーズしてまして、思わずう○こ洗い落とす前に撮影(恥)




ま、う○こと言っても、彼は今ワタシの母乳しか摂ってないわけだもん、汚くなんかないわい。って思ったよ。
若干、親バカになってきましたでしょうか?まだまだ?
スポンサーサイト

すごいよね、アメリカ人の自慢って。
ウチの隣のスーザンご夫婦もすごいのよ。
57歳よ、57歳。
なんか会話を聞いてると、わざとか?って思う感じ。
2人で気を使いあってオダテあって…って。
ウチなんて結婚8年でもうクタクタ夫婦みたいに、なるべくお互いカンショウし合わない様に、でも、イヤな所は気になる関係よ。

ところで、K君。彼、やっぱりS似だわっ。可愛いッ。
顔を横に向けてるせいか、いつもと違く見えてフックラしてる感じ。

すごいなあ・・・・
まず、50代でビキニ着てみよう!っていうのが日本人にはまず浮かばないよね。
イスラエルだと、ずどーんとしたおばちゃんもビキニだから、ワタシも!!って思えるんだけどねえ。

褒められたときって、うれしいけれど、
ここで謙虚にならねば!っていう気持ちがとっさに働くものねえ・・・
ワタシは、ありがとう♪ってニッコリ。までだなあ・・・・

>『ハニー!これなんかすごくよくない?私、タンキニよりはビキニの方が私の体型に合うと思うのよね』
>『ベイビー!!!君はなんてセクシーなんだ!!!最高だよ!!!パーフェクトだよ!!!』

これ日本でやったら何のコントですか?って感じだね。
文化の違いを感じるね~。

日本だったら、自分の子供の自慢されたら、一瞬「えっ!何?」ってなるかもねi-229別に悪いことじゃないのにね、なんでだろ~
私も、自分の子供は、けちょんけちょんに言ってるくちなんで、もしアメリカにいたら、この人は自分の子供を愛してないのかしら?って引かれるね、きっと。
ほんとお国がらだね~

にしても、K君はめちゃんこかわいいi-233こんなに、めんこいんだもの、
abecihもアメリカ式でどんどん自慢しても大丈夫よ!

し○こミサイルは想像がつくものの、う○こミサイルって…。
さらに“浴びる”って…。
「ワオ!」です。
戦場はなかなか厳しいですなi-203(笑)

褒めすぎると、つけあがるんじゃないかって心配よね。
勘違い人間にだけはなって欲しくないしね。
って、これは日本人特有の心配なのかな?
でもけなしすぎてひねくれ者になってもヤだしね。
やっぱアメとムチ?
上手く使い分けしていくのが一番なのかねぇ。
子育てって答えがないから難しいわ~i-238

う〇こミサイルって浴びるもんなの???ブリっってかんじ?まだ母乳だけだから、ゆるいのかしら?
Kチャマのガッツポーズ、かわいいんですけどぉ~。(^^)
abechiはさ、特に謙遜するタイプですからアメリカ式、人前で褒めるのには抵抗があることでしょう(汗)


日本人は、家の中では褒めるよね~。外でも褒めたら周りから何言われるかわかんないしね~。でも、家の上司たち、家の子がね~、何とかで何とかでさぁ~、とかブーブー言いながら、かわいくて仕方がないみたいな言い方するよ。ダイレクトではなく、さりげな~く、自慢してるわ。
わたくし、独身ですからびみょ~に、冷めた感じで聞いているよ。子供できればそうなのかしら~。

abechi、わたしたち仲間の前でどんどん自慢してね~♪

う○ちミサイル、、浴びましたか。うちのもよくやったわ。そのうちお○っこミサイルも浴びると思われます・・・。男の子は特に。でも母乳飲んでるうちは確かに臭くはないよね。これが離乳食始まるころになると、普通に匂うからさ。今のうちにかんどけ~。
K君、ふっくらしてきたねぇ。表情出てきて、ますますめんこい。これは、ウェンツも夢じゃ無いかもよv-344
自分の子が自分の好みの顔に育つなんて、すっごい楽しみじゃない!?
うちなんて、純日本人だからさ。しかもパパそっくりだし。将来の顔が分かりきってしまってるよ・・・。

確かに自慢はできないけど、褒められたら、「ありがとう」って素直に受け止め否定しないように努力中。。それは子供に限らず自分も。気が付くと謙遜してるけどさ。
自分の子供はブサイクだなぁって思うところもかわいいんだよねー。
うちのまいかは、最近は鼻を思いっきりふくらまして、ゴリラ!といって喜んでます。それ、かなりヤバイ顔だよ・・・と思いながらも大爆笑。そしてまた繰り返す・・

親ばかワールドへようこそi-179

確かに日本の親ばか世界では、自分の子を謙遜し合い、相手の子を褒め合うのが一般的だね。
アメリカ人が見たらパニック起こすかもね。。。

K君かわいいわぁ。
おでこでかいね、こりゃぁ彫りが深くなるね、きっと。

アメリカ人はほめまくっているから子供も自信満々に育つのかな。
うちの母は滅多に私をほめたりしないし、むしろ全否定ってくらいにけなされて育ったので私はこんな性格ですよ(笑)
中年夫婦のコントabechiさんとその場でみたかったYO!
Kタン毎回写真の表情が違ってほんとにかわいい~。abechiさんの親ばかっぷりが垣間見れてうれしいよ。

★いずみさま
たまに話題に出るスーザンさんって57歳だったの???
はあ・・・うちの母と同じくらいですな。
それで夫婦で褒めあってるの?
やっぱり日本人にはどうがんばっても無理だよね?
Sのことも、親戚や最低でもS両親の前では褒めなきゃって思うんだけど、やっぱりちくりといやみとか出ちゃう。
そんなワタシもなんのそのでママは褒めまくるけどね。
ある意味、褒め殺し?って思うけど。

★mioさま
そりゃもう、アメリカにもあり得ない体でビキニ、へそだし、いくらでもいます。
ただ、試着室から堂々と出てきた人はここでは初めて見たので思わずずーっと会話に聞き耳たてちゃった(恥)

ワタシも、自分のことを褒められても、必ずいえいえそんなことはまったくありませんと言ってしまうので、せめてKのことは、褒められたら「ありがとう♪」くらいでおさえて、謙遜はやめとこうかな。って思います。
練習必要だけど。

★shuheiさま
もうある意味国民全体がコントです(爆)
素人の夫婦が赤ちゃんを初めて家に連れていく番組をよく観てるのですが、
夫『彼女は世界で1番の母親だって叫びたい』
妻『子供を持って改めて、さらに彼(夫)を愛する気持ちが募ったわ』
とか、普通にインタビューで答えてるの。
昼メロか・・・って思うけど、このくらいじゃないと、『自分に自信がなさすぎる(セルフエスティームが低すぎる)』ってカウンセラー通いをすすめられる国ですからね。

★じゅんこさま
ワタシもどちらかというと『ケチョンケチョンに言う』派になりそう。
でも、じゅんこの指摘どおり!!!
あまりやり過ぎると「愛してないの?」ってことになるみたいね。
でも、生まれ育った日本の環境から抜け出すのはムズカシイ。
練習が必要。
まずは身近の米人、Sの観察からだね(笑)
どんな風にひとまえで褒めるか、また報告します。

★くみさま
ワタシもう○こミサイルは予想してなくて、一瞬凍った(苦笑)
でも思わず写真撮ってるし(笑)
おまけに、手を洗ったあとSの職場にも電話したし(笑)
じょじょに親馬鹿してますわ。

「褒めすぎるとつけあがる」わかるわかる~~~
だって、Sも褒められて育ってて、今も褒められてるじゃない?
ワタシが褒めずに突っ込むとすっごい落ち込んで、おまけにすごい言い訳大臣になる。
何をやっても褒められてると、こういうのに弱くなるって思うよ。
子育てって何からが子育てがわからなくって不安です。
今、日本の子育て本探してますもん。

★マナコさま
そうなの、常にゆる~~~い便(苦笑)
ぴゅって飛んできたよ(汗)

日本人って家では褒める?
ワタシってあんまり褒められた記憶がないんだなあ・・・って親は今ごろ「褒めてたぞ」って思ってるかもだけど。
ワタシはみんなの前でこそけなしそうだなあ(笑)
まあまあ、上司もそれくらいしか話題がないんだから、付き合ってあげましょうね♪

★しほこさま
そうなんだってね!乳だけのうちは問題なくても、離乳食始まれば普通に大人な臭いだって聞きました。
あー恐ろしい(笑)
いいじゃんパパそっくりってことはきりっとした感じでしょ?
うちは、なんかぼやけた顔になりそうよ。ってここでもケナシてますね。
褒めちぎれる日はくるかなあ~

★さとこさま
あのゴリラのビデオは、悪いけど、何回も観ました。
おばばか万歳!!!!
おばにはものすごくかわいく見えます!!!

ワタシも『サンキュー』って言って余計なことは言わないように努力中。
自分のことも、例えば『その服とってもかわいいわ』とかアメリカ人はよく言うんだけど、今までは『そう?でも古いよ』とか『超安いよ』とか付け加えてたけど、最近は『サンキュー』と満面の笑みだけで答えます。

★haniwaさま
OYBワールド、いいねえ楽しくなってきそうよ♪

アメリカ人と話してると、日本人はパニック起こしそうになるよ。
自分の子供を褒めちぎる相手にどう対応していいかわからないからね。
負けじと「うちの子はもっと~」とか言い続けてたら、いつその会話は終わるのだろうか・・・なんてね。
まだまだだよ。

夏、帰ったら会えるといいねえ。
haniwaさんとこのおぼっちゃまはだいぶ大人になっちゃって、うちのKなんて相手不足とは思うけどね。

★チャッピーさま
やっぱり半々がいいよね。
アメリカ人みたいに、ちょっとしかできないのに自信満々なのもどうかって思うし、日本人みたいにすごいできるのにまったくできないって言い張るのもどうかって思うし。
ワタシも、典型的な日本家庭で育ってますからね、よく謙遜飛び越えて卑屈になってSになんで?って言われます。
でも、『コンニチハ』しか知らないのに『日本語話せるわ』っていうアメリカ人みたいにはどう考えてもなれやしないよね。

ワタシも、この中年夫婦のコント、ビデオにでも撮ってチャッピーと分かち合いたかったです。

K男くん、かわいいやん☆
アジア系といってたけど、旦那さんにも似てるような気がする。。。。

あっ、今は母乳だけのうんちだからまだ臭さがマシだけど、
大人と同じように、食べ物食べれるようになったら、すんごい臭いから覚悟しといて!
私は特ににおいに敏感だから、困りました。。。
っと子供がいるような内容ですが・・・汗

★tomoさま
かわいいですか?ありがとうございます(汗)
写りがいい写真を選んでるからかな(苦笑)

そっかあ、tomoさんはたしか甥っ子さんのお世話をよくしてたんですよね?
う○この臭いもよくご存知なのですね。
ワタシ、オバ馬鹿なのに情けないですがおむつ交換はしたことなかったんです。
かわいがって甘やかすだけで・・・
自分の子だとそうはいかないですわね。
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。