06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daddy needs to be trained.....

そういえば、ワタシ自身の産後6週間目の健診も終わりました。
経過は良好、裂けたオマタも全部治癒してるということです。
人体っていうのはすごい回復力なんだナ・・・
と先生の前で開脚しながら思いました。
*産婦人科話ニガテって方はスルーでお願いします。
出産というものを経験したら、こんな健診での開脚くらいなんでもないのか?って思いきや、
そうでもありませんでしたYO。
ふつうにワタシ一人気まずい思いでした。
だって、アメリカの産婦人科は、カーテンとかなくって、個室のまんなかの台でおもむろに開脚ですからね(汗;
おまけにワタシの担当のドクターは女医さんで、すごくスタイルがよくてきれいな人。
いつも、ステキな服を着てます。
で、健診くらいだと白衣とか着ずに、そのステキなおめしものに手袋って感じなんです・・・
そんなドクターと軽い会話しながら開脚ですので・・・

今回は、ついでにPap Smear・子宮頸がん検診もしてくれました。
これは必ず1年に1回受けてます。

経過良好ってことで、もう風呂にもはいれますし、運動もOKです。
早速、同じく産後太りを解消したい友人とジムに行ってきました。

で、健診はものの5分でちゃちゃっと終わって、その後はドクターと面談。
おもに、『産後うつ』の兆候はないかを調べるのが目的のようです。
結構これで悩む女性がアメリカには多いのです。日本ではどうなのでしょうか?
20分くらい、今の生活についてお話してたら、うつの兆候はきわめて低いようですが
『あなた、きちんと寝てる?』
とずばり言われました。
ドクターも3人の子持ちですので、授乳もあれば寝れないのはわかってるはずですが、
授乳と授乳の間に、しっかり熟睡するのが必要なんだそうです。
それも赤ちゃんとは別の部屋で。(毎日じゃなくて、1週間に数回でよいのです)
赤ちゃんが同じ部屋にいると母親というものは深く眠れないんだとか。

『確かに熟睡は、はっきり言って産後1度もしてませんね。』
と言うと、
『夜だってお父さんは授乳できなくても、授乳の時間だよ!ってあなたを起こしに来れるでしょ?頼みなさい!!!!』
と言われ。
『ただ、うちのオットはちょっとやそっとの泣き声じゃ起きないんで・・・』
と言うと
『Daddy needs to be trained.』
『お父さんにはトレーニングが必要ね』
とのことです。

とにかく、訓練しなきゃだめ、あきらめて自分一人が睡眠不足になってればいい乳もでやしないってことです。

最近は、本当にオットは家事に協力してくれます。お世辞抜きでありがたいです。
ワタシは育児と洗濯とブログ以外ほとんどしてません(汗)
でも、このドクターの言葉を告げますと(この日はどうしても仕事が抜けられず健診にこれなかった)
『わかった、努力はするよ』
って言うので、手始めにうちらのベッドで川の字で寝始めました。

が、やはり、どんな泣き声・うなり声をKがたてようとも起きません(苦笑)
おまけに、オットはなにしろ100キロ超の体重なんで、さすがに太めなワタシも勝てず、いつもベッド?ベッドマット?がオットの方に傾いてて、べビ男Kもそちらにいつもごろごろと転がってます。。。
そんなKを、オットが寝返りでつぶしやしないかとヒヤヒヤで、

かえってワタシ、まったく熟睡デキマセンけど。


でもまあ、挑戦したいというオットの気持ちはありがたいんで、もう少しがんばってみようかとは思います。

そんなワタシらのベッドでごろごろしてるK




くみから頂いた肌着を着て、ちょっとオサレに見えます。
はれぼったい目をするとワタシにくりそつ(爆)

スポンサーサイト

おまた完治おめでとうっ!!
産後、一度も熟睡できてないんだね。。母は強しです。あたし、そんなの勤まるかしら。。無理っぽいよお~。Sさん、いっぱい手伝ってくれるんだね。えらいぞ!

なんとSママが出産予定日をはさみ、10日間もやってくることになりそうで、私は「産前うつ」になりそうです。ちょっと前までは私がヘルプを頼まない限り来ないって行ってたはずなのに。。おばあちゃんが亡くなって、介護から開放されて、そういうことになってるっぽい。。でも、いつでもいやと言えない私は、拒絶できずにOKと言ってしまいました。ああああぁぁぁぁぁーーー。

おまた完治でホッと一安心だね。
ジムにも行ったりして、ホント、「母強し」な感じがプンプンしてますぞ。

爆睡したらちょっとやそっとじゃ起きない私が、最近3時とか5時とかに目が覚めちゃうんだ。
妊娠後期ってまとめてぐっすり寝れないもん?別にトイレに行きたくて目が覚めるわけじゃないんだけどね、不思議~。
でも妊婦じゃない頃の私は、目覚ましが30分鳴ってるのも気付かない人だったからね。
S君のトレーニングはなかなか困難と見た(笑)

今日のK君は、ちょっと日本人色が強めに出てますわね。
日によって違って見えて、赤ちゃんってかわいいね~i-175
肌着の件、自分がブログに登場したわけじゃないけど、なんだか照れますわな(恐縮)
似合ってて良かった♪
ウチもおそろで買ったので、K君の写真に超日本人の顔をはめ込んで妄想してみます。

わかるわー。うちの娘の父親も、赤ちゃんの娘を枕にして寝ていた時があったから・・そんなときは、そんな男がどこにぶつかろうと気にせずけっ飛ばしてよけました。でも、まいかは夜泣きほとんどしなかったから、助かったよ。母乳+ミルクもあげてたから腹持ちがよかったのかな?
ま、お疲れ様です。日本の病院は産後うつとかを気にするかんじではなかったけど、結構育児ノイローゼになる人聞くからね。私のモットーは適当育児です。

最近のKクンはまったく可愛いね!
顔がますますはっきりして、お肉もちょっとついてきたかな?

病院のお話、さすがアメリカ!だね!!
日本じゃ、母親は熟睡しなくても仕方ないかな、みたいな感じだよ。
別部屋で寝るなんて、とてもとても…
でも確かに病院でも、市の保険師さんとかも、みんな「うつ」を心配してたけどね。
虐待とか、事件がおおいからなあ。

ジムとかいいなぁ。その間はパパがKクン見てたの~?
うらやましいぃぃぃ。

abechiさん、結構楽しく育児してるみたいでホクホクします。

Kくん、abechiさんの母乳パワーか、
ふっくら赤ちゃんらしくなってきてかわいい♪
なぜかうちの妹まで見て、かわいいね~、
ほんとかわいいね~、と以前の写真まで見てました。

ワタシ切り傷、痛み、血、に弱いので、
出産、想像だけでくらくらしますが、
それでも元通りになる人間の体、確かに驚異です。

s君、料理もしてくれるんだ~偉い!
そしてさらに夜中の授乳にも付き合ってあげようと努力するって言ってくれるなんて、すんばらしいよ。でも、父親って本当に起きないからねぇ~

やっぱり熟睡できないよね。私も子供が新生児の頃は、赤ちゃんが寝ている間にお母さん寝なくちゃだめだよって言われたけど、寝れね~って感じだったよ。
最初の子は特に、熟睡してても、息してんのか?とか心配になってずっと、起きてた時もあった。
今じゃ~信じられないけどね。かな~り放っといてるから。

祝 オマタ回復

完治、おめでとう。
でも、abechiは出産した翌日も普通に歩いてたよね!
私はかなりの間、前かがみで歩いて、クッションのないイスに座るのはダメだった。
本当に老女の様でした。
っつ~事で、次男!行ってみるか?
ま、その前にダディの協力がもう少し得られるまで待つか。
ウチは充分待ったと思うんだけど、やっぱりダメ。
長女はもう6歳になるって言うのに全然。つ~か、きっと、もう大きくなりすぎて、どう協力して良いのか忘れたのかな?きっと初めての子と同じ感覚?それにしても次女だって、もう1歳半よ…。
毎日、疲れます。
今のうちに彼を上手にコントロールしてトレーニングして下さ~い(笑)。

★Etsukoさま
Sは最近、寝かしつけ、ディッシュウォッシャー、食料買出し、などなどやってくれます。
まあ、たまに失敗もありますが、ありがたいことです。
EtsukoさんとこのSさんなんか、もうなんでもしそう~
夜中の授乳の度に一緒に起きてくれたりとか・・・ってワタシのSさんへのイメージです。

お母様くるんですね。。。分娩室まで来て片手はSさん、もう片手はお母様に握られてってことになったりして。。。
ストレス溜めないように~。いつでもおしゃべりの相手しますよ!!!

★くみさま
そうそう!妊娠後期の頃は、ワタシも超眠りが浅かったよ!寝返りうつたんびに起きたりとか。
でも、昼はすっごく眠くなったりして、なんだこりゃ?って感じでした。
オサレ肌着ありがとう♪
あっという間になんかぴっちぴちデス。
でも、このぴちぱった感じが赤ちゃんっていいよね~
あー早くくみの赤ちゃんも見たいっすよ

★さとこさま
昨夜も、鼻と口から同時にゲロを吐いてむせまくってるKの隣りでSは高いびき・・・
焦った~~~~
じょじょにテキトーに手を抜く加減が分かってきたようなワタシだけど、さすがにSとKを二人っきりで寝かせるのは無理かな・・・

★haniwaさま
うん。やっと赤ちゃんぽくなってきました。
『ベイビーダブルチン』って言う、赤ちゃん特有の二重顎にもなってきたし。
こうなるとかわいい~って思えてきます。

ジムの間はオットがみてました。
授乳して即出発したにも関わらず、やはり帰宅したときKは号泣。。。
焦って粉ミルクを飲ませるか飲ませないかオットは悩んでいたようです。
たった2時間だったんだけどね。「たった」じゃないんだね。。。

★mioさま
レレママにかわいいって言われるなんて光栄です♪
レレくんみたいにきりっとしつつかわいらしい(複雑?)顔になってくれるといいなあ。

ワタシも、人一倍痛みに弱い(家族談)けど、やっぱりワタシの気持ちとは裏腹に傷は治るものなのだ、としみじみです。
でも、よく『あっという間にあの痛みなんて忘れるわよ』っていうお母様がたいますが、
今のとこ私、ぜんぜん忘れてません(笑)

★じゅんこさま
料理と言っても、サンドイッチとか、茹でてソースと混ぜるだけのパスタとかだけどね。。。
今までなーんにもやったことないから、それだけでも感謝かなあ。

やっぱりじゅんこもやったんだ!
ワタシも、生きてるのかよ?って鼻に指を近づけて、それで起こしちゃったりしてます(苦笑)
誰でも通る道か・・・

★いずみさま
ワタシ、あのとき(いずみさんがきてくれたときね)多分まだエピドラル効いてたんじゃないか?って思うよ。
その次の日からじょじょにじょじょに色んなとこが痛み始めてきたもんね(汗)
それこそ老女みたいな歩きで小児科の健診とか行ったもん。
『こんなワタシに歩かせやがって!!!!』
ってぶつぶつ言いながらね。
次男じゃないから、次男じゃ!!!!
いずみさんとこの娘さんたちみたいな顔限定で女の子ならいいな。。。
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。