07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のアメリカ

アメリカの金融安定化法案が可決されました。
ブログでは政治・人種・宗教について書かないことにしてるのですが、
独り言を少しだけ。気に障る方もいるかもしれませんけど、独り言ですから無視してください。

アメリカは、街の雰囲気も大統領選挙って感じになってきました。
昨日は、ここコロスプから車で南へ45分ほどのプエブロ市の大学でマケイン候補がスピーチをしましたし。
おとといは、テレビで副大統領候補の公開ディベートがあったり。
近所の民家のフロントヤード(玄関前の庭)にも、自分が指示する候補者の名前のプレートを掲げてるのをよく見かけます。

ところで、日本に帰ってたとき、何かの話題で、うちの妹が
『アメリカ人って意外に保守的なんだね』
って言ったのですが、本当にそうです。

日本の家ではよく見かける、電気ポット。
あの、沸騰と保温ができるやつ。
アメリカの家では見かけません。(お湯を沸かすだけのポットはたまにあるけど)
以前、アメリカ人の友達に日本のを見せて、すごい便利だよ~って教えたら、(特に彼女には赤ちゃんがいたから、ミルクを作るにも便利だよと)
『そうね、すごい良さそうね。でも、まあ、やかんで毎回沸かせばいいから特に必要じゃないわ』
と言われました。

以前、ここでも書いたのですが、アメリカにはまだ瞬間湯沸し器というものが普及していません。
うちのオットの背丈ほどもあるタンクにお湯を溜めます。
ので、お客さんがきたりしてシャワーを浴びる人数が増えると、少し時間をあけないと冷水シャワーを浴びるはめに。
最近、パロマなど日本のメーカーの瞬間湯沸し器・英語だとtankless water heater=タンクの要らない湯沸かし器(そのまんま)をホームセンターなどで買えるのですが、いまいち浸透してない模様。
我が家も、お金が貯まり次第、付け替えたいと思ってるのですが、ここにいる親戚に教えると
『すごい画期的な商品だねえ。まあ、でも、お湯が溜まるのを待てばいいだけで今も別に困ってないからいいや』
と全然ノッテキマセン・・・

日本の室内に取り付けるエアコンも、数年前からアメリカで販売開始したようですが、かなり売り上げは苦戦してる模様。

とにかく、見てると、アメリカ人という人たちは今の生活が変わるのを嫌がる傾向にあると思うんですね。

それが、この大統領選、両候補のキーワードは『変化』
どうなるんでしょうね・・・
ワタシはまあ、選挙権もないし、熱く語ってものってこない政治にまったく関心のないオットがいるので、黙ってみてるだけですが、
共和党の副大統領候補、ペイリン氏は見ててちょっと恐いかな・・・
彼女、がちがちの保守派ですよね。
もちろん人工妊娠中絶反対派です。
これこそ、とても繊細な問題なので、ワタシは特に意見はありませんが、
彼女が候補にあがったとたん、全米妊娠中絶反対協会みたいなとこの代表がが
『あーやっとこれでアメリカにも平和が訪れるわ』
と言ってたのが印象的でした。
これだけで平和になるとは思えないけど、本当にこう思ってる人がいるのが恐いかな。。。と。
何事も極端はいやだな・・・と。

まあ、ワタシの独り言でした。
スポンサーサイト

そーなんだぁ、アメリカ人て意外と保守的なのね。
ダイエットのための食品とか器具に貪欲に飛びつくイメージがあるから、生活の変化に対して後ろ向きとは予想外。
シャワーが途中で水になるなんて我慢ならないYO!

日本人の“いかに合理的に快適にするか”っていう探究心が世界に誇れる技術を生み出すんだろうね。
時間やコストを節約する為の投資って感じ?

で、ウチの勝手な意見だけど(独り言です)、アメリカ人は“質より量”的なダイナミックな使い方をするイメージ。
こういうところに国民性って見られるんだね~。

ABECHIさんには珍しいブログネタですね~~~。
興味シンシンでよまさせていただきました。

アメリカの政治&社会は、学べば学ぶほど、奥が深くておもしろいものですね。
ABECHIさんのコメントにもあったように、アメリカでは、田舎に行けばいくほど、白人層が多ければ多いほど、保守的な方が多いかと思われます。
結局、都会のほうで、イロイロなものを見て、経験してきてるアメリカ人てのは、そこまでBLINDではないのだと、最近気が付き始めました。
たとえば、SNL(サタデーナイトライブ)では、どっちかって言うとマケイン&ペイリンのほうがいじられてたりするし、毎晩夜やってるトークショーでも、かなり、リパブリカンの方が批判的コメントを受けてると思いますね。。。(都会で作られて放送されている番組で、マケイン&ペイリン派なのは、FOXだけだと思います。。。)

この国がどちらの候補者を取るも、11月4日には分かるわけだし、もう、待つしかないね~。

ただ、マケインが勝って、その後彼が死んでしまうと、ペイリンがこの国の大統領に自動的になってしまうってのも、結構おそろしいもんだよね~。
あの人のディベイト&インタビュー、ほんとーにひどかったと、私は心から思いました。
彼女は、あまり賢くない人ではないかと、私は思います。。。残念ながら。
まー、どっちに転んでも、お互い、ここでやっていくしかないわけですが。

いやー、この話題、なかなかむずかしいよね。
たのしませていただきました。
ありがと。







ヤダ、大統領選。誰がなるのか興味あるけど。

ウチのD。ちょっと、その話するととムキになるし、怒るし…。
彼、こういうのってすごい熱くなるんだよね、困るよ。
なので彼がいる時には選挙ネタのテレビはさけてるよ。

さきちゃんのマケインが死んだ後の心配。笑える~!

★くみさま
確かに!!!ダイエットには飛びつく!!!
でもさ、日本だとビリーとかターボジャムとか、外国のものも流行るじゃない?
アメリカで外国のダイエット法なんて聞いたことないよ。

日本人は、合理的ってものをすごく追求するよね。
アメリカ人は、特に合理的じゃなくても気にならないんだよね。
日本に慣れてるワタシはいらいらすることも多いけど、逆にアメリカに慣れ始めると、日本についていけなくなりそう。。。

おっしゃるとおり、アメリカ人は質より量。
日本人は量より質、そしてスピードでしょうか。

★さきさま
うーーーん。確かに、都会にいるほうが情報も入ってくるだろうし、いろんな人もいるから、いろんな意見もきけるじゃない?
白人100%みたいな町に住んでるとね・・・でも、そういう人のほうが多いんだろうけど。
昨日、車に『NOBAMA!!!』っていうステッカー貼ってるのを見ました。
乗ってる人の顔が見たいわい!って思ったけど、それも、Obamaが黒人だからワタシの方が過敏になってるだけで
いつもの選挙戦での光景なのかも、って反省したりね。
ペイリン氏の言動も興味深いしで、とにかく、11月4日は眠れない夜になりそうねおたがい。

ワタシ、独身の頃、米軍基地の大学で授業取ってたんだけど、アメリカ人ってものを何も知らずに、政治学の300番台のクラス取ったの。
今思うと、すごい挑戦者じゃない???
ファイナル受けるどころか、みっどターム後のディベートでとちゅう退席して、そのクラスには戻れませんでした。。。
政治をこんなにも熱く語る国民とは知らなかったのよ。

★いずみさま
そっかぁ。うちは逆。Sは、『政治になって何も期待してない』派。
だから、大人の男性が集まって政治の話してると、さらーっと逃げてきて子供と遊んじゃうんだよね(笑)
ワタシが、ニュースとか見て意見してても『ふーーん、そうなんだ』くらい。。。

マケイン72歳、さきちゃんの心配起こらないとは言い切れないね。

最近の私は、両派のステッカー貼った車、追っかけて乗ってる人見るよ。
見た上で、ふーん・・・って思って自己満足。

昨日のデイベイトは見たかい??
あんま、両者ともたいしたこしなかったらしいけどさ。

またねー。

★さきさま
両方貼ってる人いるの???見たことないよワタシ。
どういう意味なのか聞いてみたいよ。
昨日のディベート、30分くらい観たよ。
(Kが起きだしてしまってとちゅうで観れなくなり、録画しました)
ワタシ的にはオバマのほうが、答え方が明瞭・的確で、グッジョブだったと思うのだけど。
第2回はどうなるかな?
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。