09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供用品の買い物は終わらないようです

今日もコソダテ記事です。

お友達Etsukoさんおすすめの、この抱っこひもをとうとう買いました。
これ、ベイビービョルンって読むのね・・・
知らなくて・・・



(買ったのはアメリカのアマゾンからで、そちらだと91ドルでした。)

抱っこひも、今まではお友達からのおさがりを使ってたのですが、Kももうむっちむちできつくなってしまい、その重みで、肩紐が食い込んでワタシもつらかったのです。

先日書いた『ポケット抱っこ』は、小さくたためて持ち運びに便利なものの、短い時間なら大丈夫ですが、1時間を越えて抱っこするとなると無理です。
今回買ったベイビービョルンはは、新しいバージョンで、腰もサポートされるのでとってもらくです♪
散歩とかにももってこいって感じ。
おすすめです。

難点を書くとするならば、持ち運びには不便。さっとかばんに入れて、という感じではないです。
あと、一番始めのベルトの調整などが、意外にもきつくて時間を取ります。
ワタシ、買い物に行こうと家を出たときにちょうどこの商品が届いたので、張り切って箱のまま持って行き、ショッピングモールのベンチで開けて、さあ使うぞ!と張り切ったのですが、なかなか手間取りまして・・・
こんなときに限って、手の器用なオットとは一緒ではなく・・・
買ったら、落ち着いて家で準備してから出かけたいものですな(汗)

さて、これを買うまで、結構悩みました。
金額も結構大きいし、これから冬も来るので、そんなに使う機会はあるものか???と。
そして、何よりも、今までワタシが自分で買った子供用品ほぼすべて失敗っていうのも大きな理由。

抱っこひも関係だけでも

DSC00020.jpg

左は、まだ妊娠中に初めて、レビューなど見ずに買ったもの(85%オフとかで6ドルだったから)
使い方が複雑で超使いにくい。。。

右は
この本でおなじみのシアーズ博士プロデュースのスリング。
この本自体は、ワタシにはとても役立っていて、この本の中でスリングの使用を強く勧めてるのでそれならと買ってみたけど、ぜんぜんうちのKにはダメでした。
スリング自体が嫌いみたいで。

他にも、リビングルーム用にと買ったバシネット(簡易ベビーベッド)
木でできてるちょっとかわいいやつなんですよ・・・
なのに、1回しか使わなくて、もうKには小さいし。
まあ、今はおむつやタオル、着替えなどを置くのに使ってるのでいいのか・・・

こんな風に、大活用してるのはお友達からいただいたものばかりで、張り切って自分で買ったものはお蔵入りばかりなのです。
たかが抱っこひもひとつとっても、子供によって好みがあるってこと、知りませんでした。
今回のベイビービョルンは大活用できることを祈ってます。

とりあえず、買ったものはすべて、次の子(ができるまで)取って置く予定です。
40歳まで二人目はあきらめない予定ですので。

つうか、こんなとこで大宣言していいものか・・・
つうか、40歳なんてもうすぐじゃんか・・・
つうか、33歳の今でもKで苦労してるのに、40歳になったら杖でもついてるんじゃなかろうか・・・

スポンサーサイト

ベビービョルンの抱っこ紐、
旧タイプで腰部分のサポートがないやつだけど、姉から譲り受けたよ。
やはりサポートがない分、長時間使ってると腰にきますわ。
5年前に買ったものだし、進化したのだね、きっと。

この抱っこ紐、いいお値段したのに姪っ子に拒絶されたそうで、姉もいろいろ試したみたい。
うちのテツでようやっと日の目を見ました。
幸いな事にうちのテツは、ベビービョルンの抱っこ紐もスリングもtongaのベビーホルダーも嫌がらないの。
単に鈍感なだけかもだけど・・・(苦笑)
まだこれに入れても頭が上から出ないほど小さかった頃は、横から見たシルエットがバッタみたいで笑ろけました。

ちなみにこのヘッドパッド部分に付ける専用のスタイがあるんだね。
知らなかったー。

子供を持つとホントいろいろ子供用品を揃えなくちゃいけないんだね。しかも抱っこ紐の好き嫌いが赤ちゃんにあるとは驚きとともに遠い将来の参考になります。

職場の男性社員の奥さんが最近第二子を出産したという話をしていて聞き耳立てていたら「3人目も欲しいけどいま32歳だからもう体がきついってさ」ということを言っていました。
これ聞いたらちょっと焦ってきたので来年結婚します(あくまで願望)

抱っこヒモ、私もなんだかたくさん持ってます。
お蔵入りも多い…
でも、ビョルンは私もお気に入りです。
長時間でも肩とか楽だよね~
でも10キロまでとかで、うちの子は大きいのでもうダメ~
スリングは、うちも小さい時は拒否られてあんまり使えなかったけど、
最近よく使ってます。(会った時使ってたやつ)
持ち運びができて、肩も楽なのはフェリシモだと思うよ~。
持ってる人多いです。
これも10キロまでなんだけどね、、、。
おんなじような形で、ら•くーな、っていうのを私は愛用中。
これはまだまだいけそう。
ERACOとかいうのが、最近流行で、これは子供が寝た時に楽そう。
第二子のときは欲しい、と思ってます。

などなど、抱っこヒモについては言いたい事たくさん!

それにしても、子供のものって、いちいちいい値段するから、
金かかるよね~。

★くみさま
さっすがくみ~持ってたか~!
たしかに、オリジナルのものより、腰がしっかりとサポートされて、8キロ超えてるKを抱っこするには助かります。
制限体重の12キロまでもう少しって気はしたけど、ベビーカーに長く乗ってくれなくなったからお出かけが限界だったのよね。
かといって、買い物に、バックパック型ってのもどうかってね(汗)

なんでもOkなんててっちゃん親孝行な子だわ~♪
うちのKは、離乳食嫌いや抱っこひもも選り好みが激しいこととか、やたらと愛想を振りまくとことか
Sの子供のころにそっくりなの(泣)
この子までピザ男にならないように、しっかり食べさせないとと思ってるのだけどね。

これからも赤ちゃん用品の情報交換しようね~

★チャッピーさま
あなたは今年中に婚約で来年結婚だって、ワタシも思い込んでるので大丈夫だと思いますYO。
お金もかかるし、体力も使うし、ほんと、思ってたよりも子育てって大変だわ(汗)
体力も経済力もある人と結婚をおすすめしますわ。
とりあえず、招待状待ってますね♪

★はにわさま
やっぱりビョルン持ってるのね~!
日本でやたらと見かけて気になってて、で、アメリカに戻ったらお友達が使ってたから、早速使わせてもらって買うのを決心したのです。
ちなみに、そのお友達も日本のお友達から聞いたんだって。
さすが日本!情報がたくさん!って思いましたよ。

はにわさんがスリング使ってるのみて、帰ってからまた出してみたけど、うちのKにはまだだめでした。
とりあえず、買ったビョルンは12キロまで大丈夫だそうなんで、どこまではこれで、そのあとまたスリング試してみたいです。
だってもったいないもん。。。
ほんとお金かかるよね。。。
次がもしできればぜひ女の子♪って思いつつ、男の子だとKのものが全部つかえていいなあとか考えたりして。
親の勝手です(恥)

ERACOで検索してみたんだけど出てこなかったんだよね・・
またいろいろ日本のサイトで調べてみます。

ごめん、デマ情報で。
ERGOだったよ…。エルゴ。
頭の支えがあるのと、腰で支えるのが良さそうなうえ、かわいいんだよね~。
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。