10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お姉ちゃん家族~結局愚痴②

お姉ちゃん家族記事、続きです。
長文ですいませんがお付き合いください。
パート①はこちらです

日曜日、1日かけて28軒のアパートを見てまわったわけですが

アメリカの賃貸用のアパート・マンションには、日本でいうところのウェルカムセンター的なオフィスがありまして、そこでどんな部屋かの説明してもらったり、申し込みの手続きなどをします。
残念なことに日曜日はほとんど休みなのです。が、28軒のうち2軒はあいてました。

1つ目で話をしたお姉ちゃん夫婦ですが、
彼女たちはまず、以前自己破産をしているので、そこをものすごく気にしていました。
賃貸する場合はクレジットレコードと犯罪歴、年収などを主に調べるからです。
いちおう、アメリカでは自己破産の履歴は3年後に消えることになってますが・・・

ワタシはそれもそうだけど、コロラドで仕事を見つけてないほうが重要じゃねーの?って思ったんですけど。。。

やはり、ひとつめのオフィスで話したら、あまりいい話をしてもらえなかったようです。
そして、ペット(お姉ちゃん家族は猫を2匹飼ってます)には1匹につき300ドルの保証金が必要+猫の爪は抜かなきゃいけない、っていいうのも彼女たちは気に入らなかったらしく
『あんな冷たい人が管理してるアパートには住みたくない。こっちからお断り』
ってプンプン怒ってるの・・・

いやいや、ワタシにはあくまでも事務的に対応してるだけとしか見えませんでしたけど。。。

で、最後の最後、28軒目のそのオフィスも開いていて、そこで話をしたら、自己破産も問題ない、年収もここでこれくらいの収入が得られるだろうっていう仮のものでいい、と言われたらしく、ほっくほくのお姉ちゃん夫婦。

ワタシ的には、そのエリアが相当ヤヴァそう、っていうのと、そんなゆるい条件ではいってる人たちにはどんな人がいるかわかんなくない???って感じでしたけど。。。

そして帰宅。
28軒の中にはもっといいエリアにあって、すごくいい感じのもあったのに、もうお姉ちゃんたちは最後のアパートに申し込むって心に決めてたらしい。

で、次の日の月曜日です。

オットは普通に仕事もあり、ワタシも寛平ちゃんの応援に行くと決めてたので、一緒に行動できないとは言ってあったのですが、私たちなんかよりも早く起きてなんと7時には子供たちを連れて出発して行きました。
『朝ごはんをデニーズで食べて、その後は昨日気に入ったアパートに行って賃貸担当者と話をするつもり』
とのこと。
疲れ切った姪たちがかわいいワンピースを着て(賃貸担当者にいい印象を与えるようにピアノの発表会か?っていうワンピースを着せてたんですね)ぐったりと立ってるのが印象的でした(泣)

そして、そして、
寛平ちゃんの応援からの帰り道、携帯にお姉ちゃんから電話
『あの最後に見たアパートに決めてきたから、もう帰るから』

へ????

結局、彼女たちは自分たちの条件でも受け入れてくれそうなあのアパートに申し込みをして、あとは話もしに行かず、
『6月10日に空きが出るらしいから、6月10日に引っ越してくるから~』
と、カリフォルニアに帰っていきました・・・・・・

家族旅行を兼ねてるから1週間くらい滞在って言ってたので、移動遊園地や動物園に姪と息子を連れて行こうってオットと話してたのですが『コロラドに来たらいつでも行けるからいいわ』とのこと・・・

『家に着くにはあと30~40分かかるんだけど』
と言うと
『じゃあ、急いでるから帰るわ。Sには後で電話してって言っておいて』
と去って行きました。

ほっとした反面、わざわざ他州から来て我が家に泊まったにも関わらず、30分も待てないとはどういうこっちゃいと思ってしまいましたけどね・・・

気の毒なのは姪たち、たった2日半の滞在のほとんどを車で過ごしたようなもの。
最後はいとこのKにバイバイもせずに帰る羽目に。

オットはもちろん呆れてものが言えないという感じでした。
姉夫婦に電話をして、
「いちおう他のアパートもしっかり見たほうがいいのでは?エリアもよかったし」
というワタシたちの意見を言ってみたのですが、聞く耳は、お姉ちゃん夫婦にはもちろんナッシングです。

『あなたたち(ワタシら夫婦のことです)だって、住む場所決めないでコロラドに来て1週間ですぐ決めたじゃないの。さっさと決めるにこしたことはないじゃない』
みたいなこと言ってましたが。

仕事が決まっててコロラドに越してきたワタシたちと、仕事もないのに住む場所だけさっさと決めようとしてるあなたたちをそもそも一緒にしないで頂きたい、と思ったワタシら夫婦です・・・・

その日の夜は、スカイプのテレビ電話で、ワタシら夫婦とオット両親の4者会談になってしまいました。

①に書いたように、お姉ちゃんの旦那はパパのビジネスのお手伝いをしてバイト代をもらってる身分なのですが、コロラドに引っ越すなんてこと、まだこれっぽっちも話していないそうです。

お姉ちゃんはコロラドでフルタイムで仕事をして、さらに娘たちのホームスクールもする予定でいますが、それって不可能じゃないの?という感じでしょ?
今までもそれで何度も失敗して、姪は9歳にしてすでに何度も学校に入ったりやめたりを繰り返してるんですよ。
今も、オットママが全面的に協力してどうにかやってるって感じ。
旦那さんは働きません。絶対に。
お姉ちゃんは『そのほうが私も彼も幸せなの』と言い切ってます(汗)

でも、くみのコメントがずばり言い得ていて、お姉ちゃんは
『人から指摘されると過剰に反論するタイプ』そして『逆ギレして縁を切るタイプ』
なのでオットの両親は何も言えないでいるのです。

そして今日、またワタシの携帯にお姉ちゃんから電話
『あのアパート、敷金も払ってきたけど、そもそも低収入者向けのアパートで、申し込みに必要書類がとにかくたくさん必要で、そんなのやってられないから断ったの。ネットでいろんな人のレビュー読んだら、居住者のドラッグ使用なんかも以前問題になったみたいだし。で、ほかのAアパートに申し込んだから、もっと早い6月4日にコロラドに行けるのよ!!!!』

そもそも、なんでお姉ちゃん家族はコロラドに来たいんでしょうか????
ワタシたち夫婦はもうそこから疑問なんですけど、聞く気も失せたというのが実際の気持ちです。
彼女たちが選んだアパートは、これまたもっと危険なエリアにあって、見に行ったときはさんざん文句を言ってたんですけど・・・・

正直、もうどうにでもなれ、という感じ‚‚’‚š
スポンサーサイト

お疲れ~

もぉぉ~ぐったりだな。
Sさんが見方でほ~んとに良かったね☆

なんか、姪っ子ちゃん達が可哀そう(泣)
Sさんのお母さんが姪っ子ちゃんたちを引き取って試しに縁切ってみたら?
とは簡単にいうものの、そんなわけにはいかないわよね↓↓

Sさんお姉ちゃんの旦那さんのご両親ているのかな?
もしいたら相談してみるってのはどうかしら?
むりにカウンセリングとか受けさせてみたり。
かわんないか・・・。

このまえOちゃんと飲んでabechiとAッキーのこといったヨ♪♪
うまくリフレッシュとれればいいな~と思ってる~。

お姉ちゃんがコロラドに来たい理由は…
abechi家族がカリフォルニアから”仕事の為”にコロラドに引っ越して、
成功してるからじゃない?
きっと、”自分達もそうなる!”って思ってるんじゃない?
で、どこ?ウチから西に行った方?

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブルなお話だね、昼ドラより強烈だわ。
早くアパート決めたのならついでに仕事も探していけばよかったのにね。
仕事が見つからないかもってことは彼女たちにとって想定外なのでしょうけど。。。
そういう親に育てられている姪っ子さん達も振り回されてちょっと気の毒。
まぁ、引越しまでにまた気が変わるかもだよね。

わ~。大変そうですね。
ホント、ドラマみたい。。。
私も子供の付き合いというか、その親のことでびっくりすることが多々。。。
ちょっと、私も愚痴をブログに書きます!
連載しますので(笑)お時間あれば見てください!
今日、明日くらいには第一号、書きたいと思います!!

うちの夫さまの家族もかなり強烈ですが、
あなたもたいへんそうですなあ。
結婚ってこういうことだよな・・・・と感じてます。

お姉ちゃん、またまた気が変わって引越しや~めた!
になるといいね。

そうですね、今から心配したところで2~3日したら「やっぱりやめるわ!」なんてすぐ言い出しそうな方々なので、あまり真剣に考えないほうがよさそうですね。
「急いでるから(あいさつもせずに)帰る」ってのはちょっと非常識ですね、いくら家族でも。仕事もしてらっしゃらないのに、そんな急ぐって何よ? って思いますよね。あー読んでて腹立たしい!

しかも朝早くから親の都合で付き合わせた我が子が行きたい!っていうモールに連れって、「ルートん云々、、」って文句言うってどないやねん!「朝から疲れたでしょ、好きな物食べてね☆ちょっと寄り道していこうか♪」ってな感じが普通ですよね。それを、嫌そうに文句言うなんて!!信じられません!!
っていうか「そんなに計画的にするのが好きなら、あなた達の人生のルートを先に決めたらどうですか?

はぁーー
言い過ぎてたらすいません。

姪っ子ちゃんたちは可哀想ですが、振り回されて利用されないようにしてくださいね。

御愁傷様です…。
って違うか??笑

お姉さん夫婦の娘さんたちがかわいそう。子は親が選べないと言いますが、そんなに子供が振り回されてるのはダメでしょう。
学校にも行かせてもらえないなんて。
どんな子になっちゃうか、他人ながら心配です…。

でもさ、アメリカ人てよく次の仕事が決まってないのに仕事辞めるよね。どうしてこんなに日本人と違うのかしら??

「さわらぬ神にたたりなし」
だけど、向こうから近寄ってこられちゃどうしようもないね(涙)
親戚だし。
ご愁傷様です。。。
あまり甘い顔しないで「ウチはウチ」の空気をぷんぷん匂わせておかないと
いいように使われてしまうから気をつけないと。

お姉さんってSくんと真逆の性格って感じだね。
同じく育てられても個性ってそれぞれなんだねー。

日本からもお姉さんが「やっぱりやーめーた!」
ってなることを強く強く祈ってますよ~。

★マナコさま
くわしく書きすぎると、それこそ終わりがないブログになりそうだから書かなかったんだけど、
お姉ちゃんの旦那は、カウンセリングのレベルじゃなくて、鬱だとかPTSDとかOCDだとか、とにかくさまざまの精神的な病を持っているそうで(本人いわく7つらしい)、毎日両手いっぱいの薬飲むんですよ・・・
ワタシらがくちを挟める余裕なっしんぐぅ(えどはるみはまだ流行ってるのかしら?)

今回はさらに長い滞在になるので(予定はきちんとメールするね!)お付き合いよろしこ~~~

★いずみさま
いやあ、うち程度のレベルを目標にされてもほんと困りますわ。。。
なんかコロラドに来たら奇跡でも起きると思ってるんじゃないだろうか。
結局、決めたアパートはファウンテンとサークルの付近です。

★チャッピーさま
うん!ワタシとSも、また気が変わるかもね、って言ってます。
でも、変わらなくても、彼女たちが今住んでるとこって、Sの実家から車ですぐだしお姉ちゃんの旦那の実家にも車で30分くらいで、いつも誰かが子供たちのベビーシッターをかってでてる感じなのですが、コロラドに来たらそういうサポートは一切ないわけで、そのうちあきらめるか、少しは成長してくれるのではないだろうか?と淡い希望なども持ったりしております。。。

ワタシタチって甘いでしょうか?

★puntensuさま
うわーーーーー学校に入ると、これまた強烈な父兄とかいそうですね!!!!楽しみ!!!!
(若干不謹慎ですいません)
puntensuさんとこはしょっちゅう「更新してるかな?」って寄ってますので楽しみにしてますね。

★mioさま
そうだよね~なんだかんだ甘い言葉とかささやいてても、結婚してしまうと、家族血族が絡まってくるんだよね。
そこがすごく不思議だよ。
これには多少の違いはあれど、国が違うからってまったくなくなることってないんだね。
ほんと「結婚とは何のためにするのだろうか・・・」と根本的なことから考えてしまったよ。

お姉ちゃん夫婦は今年で結婚10周年でさ、「今までの10年の感想は?」って聞いたら
「結婚してからの最低な日も、旦那に会う前の人生のうちの最高の日より幸せ」(日本語に訳すのむずかしい・~~~~)
って言ってて、それをSに教えたら
「うわーーーそんな人生やだな」
って言ってた。。。

がんばります。。。

★いもあんさま
言いすぎなんてとんでもありません!!!
ワタシの文章で、彼女たちの奇妙さが伝わるかどうか不安でしたが、ワタシが言いたいとこをついてくださってありがとうございます。
>「そんなに計画的にするのが好きなら、あなた達の人生のルートを先に決めたらどうですか?」
それ、、彼女たちにうまく伝える方法ないでしょうか?

でも、彼女たち、こんなに計画ばっかりこまかくやってるのに、
「その日をせいいっぱい生きたら、あとは何が起きようとも受け入れるだけよ」
ってワタシタチに軽く説教してました。
アパート見学のルートはものすごくうるさいくせに、「あとは何が起きても受け入れるだけ」なんて、矛盾してません?
って言っても聞いてくれそうもないので、ワタシタチ夫婦は、「はあ、そうですね」と聞くだけなんです・・・・(涙)

★くみさま
Sも、やはり姪たちはかわいいから、彼女たちのためになることはしてあげたいけど、それでもあまりに侵食してくるようだったら
>「ウチはウチ」
ってはっきり実姉にでも言えるから!って言ってくれてます。よかったです・・・・

だって、お姉ちゃんは生活のために働かなきゃならないでしょ?日中は旦那と子供だけじゃない?でも、Sママいわく、旦那は子供たちは絶対に見ないらしいんだよね・・・
お姉ちゃんは今仕事してないけど、(旦那のバイト代で生活)仕事してるときはSママがほぼ100%ベビーシッターしてたんだよ。
そのかわりにワタシが使われなきゃいいけどさ。
なにしろ、NOと言えない日本人のいい例なので。

お疲れ~。何より姪っ子ちゃんたちを心配した私でした。
だって、こどもはお姉さんが仕事してる間何してるの?勉強を教えるのはもしかして夜中に?それとも休みの日にまとめて?
アナタに預けたら、ホームスクールのそもそもの目的から外れてしまうよね。もしそうなったら、「勉強は教えなくていいから」って言われるのかな。。。だまって教えちゃえ。つうか預かるってなるのも・・避けたいところだけど。姪っ子ちゃんたちはかわいいからねぇ。
でも、Sがあなたの味方でホントによかったよ。

義理姉、かなりやばいよー。 きっつー。 かわいそうなabechi family、そして子供たち。  でも、なんで姉はそんな性格になったんだろう? Sママはいい人なんでしょ? そして、姉はなんでそんなだんながいいの? すべていいなりになるから? 仕事もろくにしないで、子供も見ないなんて、私だったらすぐに離婚だけどな。 すっごい疑問だらけ。 

とにかく、abechiちゃんが無事でありますように。 日本に2ヶ月くらい帰っちゃえば? 引越しが落ち着くまで非難した方がいいと思うけどな。 姉夫婦はきっとabechiちゃんが子供を見てくれるのとか期待してるだろうから、3ヶ月くらい日本に帰るくらいの嘘を前もってついておけば? 姉夫婦たちのころころ変わるスケジュールに振り回されているんだから、10個くらいの嘘は全然OKだと思うよ!笑 

これから大変だけど、がんばれ!

★さとこさま
ワタシたちも、Sの両親も、「ホームスクールなんて絶対できないだろ」って思ってるんだけど、そんなこと言ったら
「私に不可能はない」っていうお姉ちゃんに逆切れされるに決まってるもん。
ワタシたちは、別にそれでもいいけど(苦笑)Sの両親は、孫のためにそれだけは避けたいから(以前、Sパパはお姉ちゃんを怒らせて、3年口をきかなかったということがあったの)言えないでいるんだよね・・・

>「勉強は教えてくれなくていい」
って言ってくれるどころか、「ホームスクールの仕方のいい勉強になるからやってみて!そしたらKもホームスクールができるじゃないの!」って言われると思います。
自分がいいと思ってることはすごく薦めてくる夫婦だから。
(でも他の人のおすすめは聞き流し100%・・・)
とほほです。
Sには、「あーあ、日本行ったらそのまま帰ってこないかな・・・」とか言ってます。

★まほさま
義理姉ね、文章で書くにはかなり難しい複雑な性格・・・
100%自分が正しいって思ってる強気アメリカ女子の代表みたいなものだけど、反面、旦那のいいなり。
旦那がいいなりなんじゃなくって、お姉ちゃんが旦那のいいなり!
精神的にかなり旦那に依存してる、って両親とかも言ってて、「暴力夫を必死で弁護する嫁」みたいな感じなの。
あ、お姉ちゃんの旦那が暴力夫っていうんじゃなくって、とにかく旦那は言うことなすことが昨日と今日じゃ180度違ってたりとかするめちゃくちゃな人なんだけど、それをお姉ちゃんがまともな理由つけて正当化して周りに説明してるって感じって言えばいいのかな・・・

うーん、難しい、、、今度会ったときに熱弁させてもらうよ。

ちなみに、今回、日本への里帰りは2ヶ月ちょっとにしたよ!
そのまま帰ってきたくないよ、ってオットには言ってます(苦笑)
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。