10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタシと裁縫

昨日、母に、丈詰めの仕方を教えてもらいますた。

裁縫です。

裁縫とワタシ、まったく違う世界で起こってることとしか思えません。

まず、裁縫といえば、高校で2年間は家庭科必須科目で、裁縫もやってました。
2年間同じおばあちゃん先生だったんですけど、1度も作品を提出したことがありませんでした。
ワタシの場合、がんばっても空回りするんですよね。縫っちゃいけないとこ縫ってたりとか。
先生には最後に『abechiさんの作品を結局見れなかったわね』と言われました。

それでも2年間3をくれていた先生は、
きっとワタシのことが好きだったのでしょうね(笑)

その後の人生も、裁縫とは無縁の生活。
社会人になっても、料理・裁縫とは本当に無縁だったんです。

『人が作ったもののほうが良い』

がポリシーでしたからね。

週末は昼から酒飲んで、本読んで、そのまま寝ちゃって、夜からまた飲みに出かける、みたいな人でしたからね(汗;

そんなワタシが今は専業主婦ですもん・・・世の中ほんと、どうなるか分からないものです。

ということで、昨日の丈詰め。
基本がことごとくなっていないので、何をするにも息を止めちゃって苦しかったです(笑)
ミシンも、糸をかけれないし。
しつけ縫いがきつすぎたみたいだし。
初めてにしてはよい、というお情けの点をもらいましたけど。

今後の専業主婦生活、希望があまり持てませんね。
ボタン付けくらいは、これからは自分でやろうかなあ、とは思います。
今まではオットがやってましたから(恥)
スポンサーサイト

教えてくれる人がいてうらやましいっす。
Casママにも教えてください。

Casママの場合、見よう見真似でやっているので基本なんてきっとできていないはず、最終的に形なればいいなんて思ってやってますよ。

「あっ!んもうまたー。はぁもうダメだごった。」
みたいなセリフが聞こえてきそうですわ。
息止まるよね!わかる!

でもさ、完璧な人間なんていないよ。
abechiが裁縫とかお掃除とか起用にこなしたら神さまでっせー(笑

ボタン付けは誰もやってくれる人がいないなら覚えなきゃだけど、
Sがやってくれるなら彼をボタン大臣に任命しちゃいなよん。

ちなみに・・・
テツはまったくもって元気にしてるよ。元気だけがとりえなのかも???(笑
ただ、昨日小さなボタンを誤飲しますた。。。(汗
心配したけど、めでたく本日う○ちと共に出てきました。
気をつけなきゃなーと反省なり。
それから確認だけど、あたくしの方でKくん顔出しOK?

私も裁縫苦手です。ボタン付けはよくしますがスカートの裾などがほつれると両面テープを使うような女です(汗)
裁縫すると妙に力んでしまって首が痛くなったり肩がこったりしない?
巷ではホント風邪ひきさんが多いよね。Kタンも早くよくなりますように~☆

裁縫…不得意。
私、不得意の範囲がかなりデカイみたい。
ボタン付けと、無理矢理縫い合わせるくらいは出来るけど。
しかも、やってみようって気にもならない。

向上心があってヨロシイ!

裁縫は楽しいけど、難しいですよね。。
私も小さい頃不器用で、小学校の家庭科ではクラスの最後に自分の作品を発表しないといけませんでした。
コースターのつもりで作ったのに、「コースター」って先生に事前に伝えていたのに、皆の前で「「鍋敷き」上手にできましたね」っていわれて泣いた思い出があります。。そりゃあコースターにしてはやや大きめでしたけど(泣)

こっちではミシン使える人多いですよね。 子供のコスチューム自分で作ったりとかできるといいですよね☆

家庭科か~。
全然覚えてないなあ。
なにやったんだっけ?
あなたに言われて、色々思い出すこと多し。

やる気を奪うようで、あれですけど・・・
お裁縫なんてできなくても大丈夫だよ~。
丈詰め?やろうと思ったこともないです。
やったなんて、abechiさんすごいよ。

★Casママさま
そうだねえ、うちの母は裁縫とかパッチワークが趣味だから、教えを乞うにはぴったりの人物だけど、ちょっとワタシのレベルが低すぎて・・・(恥)
Casママさんが作ってくれたビブを持ってきてるんだけど、改めて『どうやったら作れるんだ???』とため息ばかりですよ。
ワタシはやはり、買ったほうが安い&早いようです。

★くみさま
いやはや、ほんと息が出来ないものです。
『これだばだめだべ?』
って何回母に聞いたか(笑)
意外なとこで細かい自分を発見したことがおもしろかったっす。

てっちゃんの年齢って、誤飲が多いときだよね~
気をつけてるつもりでもあーーーーっという間に飲んでたり。
無事で何より!!!!

★チャッピーさま
ワタシも、スカートのほつれはホッチキスで止めておりました(恥)
そんなレベルなので、今からというのは無理そうです。
チャッピーは、パンやらお菓子やら料理やら、最近ほんとうにうらやましですよ~
ワタシもそうなりたいのにぃ
あ、この前、カルディに牛丼に使うと言ってた調味料を見に行ったのですが、探せませんでした。。。

★IZUMIさま
だってさ、丈詰めってアメリカだと無料じゃないじゃん。
だからアメリカで服(特にズボン系)買わないんだよ。
ということで、しぜんにワンピースとスパッツ(笑)
将来、Kも脚が短くなること間違いないから、そのためにも自分で丈詰めくらいしてみたいわけさっ。

★いもあんさま
今回母に『あーそういえば中学校のときの、エプロンとスカートも私が縫ってあげたよね』って言われました。
最後でも自力で提出してたいもあんさんは、格段にレベル上ですよぉ
ほんと、ワタシとほほなんですわ。

そうなんですよね。アメリカだと、手作りのコスチュームとかすっごく器用に作る方が多いですよね。
うちは、ずっと既製品です。絶対そっちのほうがかわいいしきれいでしょうから。

★mioさま
あなたは、あんなにかわいい靴とか編めるじゃないの~♪
どうしたら器用になれるのかな・・・
ワタシ、一度、鈎針編みに挑戦したけど、教えてくれたお友達に
『abechiちゃん、想像もできないとこで間違うね』
って言われて、才能がないと断念。

丈詰めは、アメリカでは無料でやってくれなくって、わざわざお直し屋に持って行って高いお金を払わないといけないので、将来的に節約になるかな?って思って習ったのです。
常に現実的なワタシ(苦笑)

やらなきゃいけない状況にならなと人間ってやらないものなんですよね。
私も恥ずかしながら結婚するまでは全然料理なんてできませんでした。
きっとボタン付けもすぐに出来るようになりますよ(^-^*)/

★名無しさま
ボタン付けからですよね。
辛抱強く練習続けます!!!!
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。