07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカも結局学歴ジャン

うちのオット、会社員ですが、米軍のコントラクターです。

説明がややこしくて申し訳ないけど、コントラクター=すなわち、米軍とのコントラクト・契約で仕事をもらってる会社の会社員。。。ややこしいよね。

米軍の中には軍人だけじゃなくていろんな人が働いていて、コントラクターというのは、ある部署やポジションを民間の会社が米軍と契約してもらうという形態で、うちのオットみたいなIT関連の部署にはこの形態で働いてる人が多いんです。

軍のコントラクターで大きい会社だと、ロッキードとかボーイングとかが有名。

しかし、このコントラクターという身分、根なし草っていう感じで、あまり安定してるわけじゃないんです。

ついこの間も、うちのオットの隣の部署が『軍から1月からの予算をもらえなかった』って12月に言われて、12月末で10人以上が解雇。。。

救いは、コントラクター同士って情報網が張り巡らされているので、だったらあそこの部署でこの仕事のポジションに空きが出たよってすぐに情報がまわってきたりするので、運がよければそこにまた就職。
みたいな流れが多いんです。

でも、それは会社が変わるってことで、健康保険から個人年金からすべてが変わることになるので、家族としてはめんどくさいの。

うちのオットが今いるポジションも、いつの日かなくなるかもってことで、今、もっと安定した仕事への就職活動をしてます。

オットは『Associate Degree』(準学士)という学歴しかありません。
一応、大学の授業を取ったり取らなかったりしていますが、やはり、仕事しながら+子育てしながら、だとなかなか思うようにはいかないみたいで、『bachelor』(学士)を取るまでには、あと2年くらいは必要みたい。

でも、コンピューター関連の資格と、10年近い経験を武器に就職活動してて・・・

で、結構いいお話とかをいただくのですが、この前もそれこそワタシタチが願っていたような安定した仕事で、かつ、オットがさらに経験を積めそうな仕事で内定を頂きました。
アメリカでは内定と一緒に年俸を提示されます。
が、『bachelor』があってその仕事に就く人と、年収にして2万ドル(単純計算200万円)の差が・・・
今もらってる給料よりも1万ドル(100万円)近く低くなる計算に・・・

募集要項には
『「bachelor」もしくは「Associate Degree+その分野での8年以上の経験」要』
ってあったから同等に扱われると思ったのに

「これは社の規定なのでどうにもならない」

という答え。

残念ですが、お断りしました。

こういうお話、以前にも数回あって。

アメリカでの就職って、経験が第1!!!みたいなイメージあったけど、それにプラスして学歴も十分大事なんじゃん。。。って思ってるとこ。
そういうのは就職差別!とかって訴えそうな人がいてもおかしくない国なのに。

今ワタシには必要のないワタシの学士の称号、冗談じゃなくオットにあげたいくらいです。

オットもさすがに「こんなのもう嫌!」って思ったみたいで、春からもっと気合入れて大学の授業取るって言ってます。
3月で30歳のオット。
やっと尻に火がついたかƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
スポンサーサイト

No title

私は何もないですが…いつも夫が言っております。
経験がないとダメだけど資格を持ってないとダメだって。だけど、資格の持ちすぎで不採用ってコトもあったよ。もちろん資格はあるのに経験がないからって不採用ってのも経験もあり。
私は、あなた達(ほりちえみ含)には、本当にカンシンしてるのよ。みんな学校に行ったりしてさ。私の脳みそのシワは顔のシワに反比例してる様で、やる気すらありませんよ。

No title

歳を取ってから大学で勉強しなおす人とか見ると
どんだけ勉強好きなんじゃい?と思ったりしてたけど、
必要にかられて、ってこともあるのかもなんだねぇ。

だって年収で200万の差は大きいもの。
背に腹は変えられましぇんね。
自分の場合、子供が幼稚園か小学校に行きだしてから
社会復帰したとしたら・・・なんて考えたら
歳も歳だしここは田舎だし、
スーパーのレジとかしかないのかなぁ~なんて既にあきらめモード(涙

No title

アメリカの格差社会ってのはやはりそういうところから差が広がっていくのかな。
フルタイムで学校へ通えたらbachelorもとりやすいだろうけど家庭と仕事と学校もとなったらなかなか難しいよね。
2年後を目標にSさんには頑張ってもらおう!
コントラクターってイマイチよくわからなかったのですがあなたのわかりやすい説明で理解しました。ありがとう。

No title

前の記事関連ですが、いずみさんと誕生日が一緒とは!
ちなみに私も、自分の誕生日を誰かが計画立ててくれているなんて、期待ができないため、30才から自分で企画しています。なかなか楽しいわよ~。今年は、家族であなたの大好きな「旬菜」で、飲んだくれました。まだ誰もいなかったから、ハッピバースデーの歌もやったし。アイスもサービスしてくれたし。最高でしたよ~。
ちなみに母からプレゼントをもらいました。
アナタと母とおそろいのブーツ・・・・3人おそろっす。

No title

おぉぉ!内定頂いてよかったね。おめでとう!!
と書こうと思ったら断っちゃったのね(涙)でもきっともっといいのが見つかるよ~。100万、200万の差は大きいもんね~。Sさん頑張れ☆

私、前に何かの記事で読んだよ。アメリカは昔までは経験とコネで仕事が得られたけど今は変わってきている…って。かと思えばマスターやドクターまで取って逆に採用されない時もあるしね。だから夫Jも今オンラインの怪しい大学で学士を取っているよ。本見ながらテストしたり、学ぶって言う気持ちはなくて、ディグリーをとるだけって感じみたい。
だから馬鹿でハゲのままなんだね。Jは。

No title

★いずみさま
えーーーー資格の持ち過ぎで不採用ってあるんだね(驚)
あ、でも、きっと資格がたくさんあるからって給料を高めに要求されるって思われちゃうのかな?
どっちにしても、オットにはどんどん稼いでいただきたいので、資格だろうがディグリーだろうが、さっさと取って欲しいわ。
だって、あの男もそろそろ30。
忘れっぽいだけじゃなくって、脳の老化も始まるじゃない?

>脳みそのシワは顔のシワに反比例
またまたいずみコメントに爆笑。
あなたのコメントでサブのブログを作りたい。

★くみさま
必要にかられて。。。絶対あると思う。
でも、いきなり今までとは全然ちがうキャリアを積みたいから、っていう理由もありかな???
それできちんと何歳からでもキャリアが作れるのがアメリカのいいとこかもね。
ワタシ、日本に今帰ったって、子持ちで35近くの女に何の仕事がある???
とりあえず、70越そうが女だろうが、仕事はあるこの国ってすごいなって思うよ。
ただ、まあ、タイヘンではあるよね・・・

★チャッピーさま
そうだよね。アメリカってほんと格差がはっきりしてるよね。。。
最近の不景気で、大学に戻る人が激増してるらしいけど、その学費を稼ぐために仕事を増やす⇒子どもを保育園に預けるのにその給料が全部飛ぶ⇒だから仕事をやめる⇒なかなか大学終わらない
的な人も多いらしい。
中産階級には一番厳しい国。

★さとこさま
下の記事関連というか、ぜんぶそうじゃない?(笑)
「旬菜」という名前、出さないでくれ(涙)
あー生牡蠣とフォアグラ食べたい!!!!
妊婦がこうなるとタイヘンだからね。。。
昨日、生牡蠣食べたいとSに無理難題を押し付けましたが、そんなもんどこで売ってるんだ?知ってるなら買ってくるから教えてくれといわれてあきらめたよ。

今度母と一緒にブーツ履いてる写真メールしてよ。
親子3人で愛用ですってここの記事にするわ(苦笑)

★コロラドのほりちえみさま
怪しい大学ってどこよ????
でもさ、ここらへんでもすっごい怪しい大学多いよね。
それこそ「ディグリーの紙一枚もらう専用」みたいな。

何年か前、メモリアルのIT部門を受けたけど、「経験はすばらしいですが、これにディグリーがあればねえ~」って、面接すらしてもらえなかった経験ありのS。
Sのおじさんはメモリアルで偉い人だったけど、それこそ「怪しい大学」卒。
なんか納得いかなかったよ。
でも、Jはオンラインで取り続けてるなんてえらいね!
うちは毎回いろんな文句出て、何回ドロップしたことか。
きちんと全部取ってればすでにディグリー取れてるから(恥)
要はやる気の問題です。
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。