10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小児科医(Pediatrician)探し

最近、腹が減って減ってしょうがないワタシです。

息子を妊娠中もそうでしたが、夜12時くらいにぱちっと目が覚めて、そこから明け方まで眠れないのが悩み。
その間、もんもんと布団の中で空想とかするんですけど、結局腹が減ってリビングに降りてきて、こっそり何か食べてしまう・・・
ヤッヴァイですよね



今、ワタシは、小児科医(Pediatrician)を探しています。
日本では母子手帳に産まれてからの記録がされてますよね。
母子手帳さえあれば、どの病院にかかっても、病院を何軒か試しても、特に問題はないですよね。
アメリカには母子手帳がないので、産まれる前に小児科医を探しておき、出産のあとすぐにその先生に診てもらい、その後の検診もすべてそこで。
予防接種もそこです。
で、すべてが医療記録に記録されて、その病院にあります。
なので、小児科医を変えるときは、その医療記録ごと移動しなければなりません。
で、変える先の病院から元の病院に「医療記録譲渡のリクエスト」をしてもらわなければなりません。


息子が産まれてからお世話になってるとこ、家から近くて、なかなか評判もよかったのですが、この前息子が高熱を出したときの対応がどうしても納得いかなかったんですね。
熱が出てすぐ、39度5分を越したのでオンコールのドクターに電話をしたが、結局連絡がつかなかったこと。
結局1週間近く熱が下がらず、その間2回診てもらったのですが、結局2回とも担当医には会えなかったこと。
(ここのクリニックには3人のドクターと2人のCRNP(=Certified Registered Nurse Practitioner)がいますが、息子の担当医は緊急の出張だったそうです)

1回目はブログにも書きましたが、Croup(クループ症候群)と診断され、その薬を処方されました。
診断はCRNP=Certified Registered Nurse Practitionerの女性。
この人はとーっても対応がよくてすごくいい人でしたが、それでも熱は下がらず。

2回目は、他のドクター。もちろん予約を取って行きましたが(Walk-in:予約なしの患者は受け付けてないし)、それでも個室で45分待たされ、先生登場したのですがものの3分で『ま、ひどい風邪でしょう。抗生剤は必要あるとは思えないけど、一応出しておきます』と言って去っていきました

ワタシは、英語でぱっと文章が出てくるのに、普通のアメリカ人より時間がかかるので、そんなにさっと去られてしまうと、まったく何も言えないわけです。

で、すごすごと帰宅。

事務の女性や看護婦さんたちは、とってもいい人なんだけどね・・・

2番目が産まれるのを機会に、違うドクターにも会ってみるのもいいかと。

ネットで探して、レビューを読み、ワタシの担当の産婦人科のドクターにも推薦する小児科医のリストをもらい、お友達にも聞き、
で、気になったとこには電話をして面談の予約を取ります。

いきなり会ってもぱっと質問が浮かばないことがあるので、質問事項を挙げてメモっていきました。
今回は
*自分が出産する病院と提携関係にあるか(これ基本ね)
*子供が夜や週末に具合が悪くなった場合の対応
*朝一番で予約の電話を入れて、その日のうちに診てもらえるか
*ちょっとした質問のために電話をした場合、ドクターもしくは看護婦さんと話ができるか、その場合料金は発生するか
*数人のドクターが所属しているが、検診のときは必ず同じドクターに会えるか
*バイリンガルの環境で子育てをしているが、それをサポートしてくれるか

というようなことを聞いてきました。

とてもいいとこでしたが、また今度違うドクターにも会ってみます。

もう少しで息子の2歳検診があるので、その前になんとかいいとこを探せればと思ってるのですが。
オットは、こういうことには興味があっても、結局質問とか浮かばないらしいんで、ただついてくるだけ。
「こういうことも聞いてみたら?」とか、「コロスプならここの先生もいいよ~」とかあったら、皆さん教えてください!
スポンサーサイト

theme : 海外で育児
genre : 育児

No title

いいドクターに出会えるといいね。
子供は症状を説明できないから、やっぱり親とドクターの相性だもんね。
ていうかちょっとだけお受験ママを連想してしまいますた(笑
でもその必死さから、侮ってたらアカンことなのだとビシビシ伝わってきたよ。

ウチの今日の妊婦検診の話だけど、予約してるのに1時間10分待ち。
保健婦さんに血圧とかチェックしてもらったのち再び30分待ち。
で、ようやっと先生に会えますた。
毎回“待ち時間”のせいで憂鬱よ~。


そういえば・・・
さとこちゃんのお友達が出産予定の産婦人科は、おそらく前にうちが言ってたとこだびょん。
うちの姉が6月にその病院で出産予定だよ。
退院前にアロママッサージのサービスを受けられるんだって。
たぶん、産後1週間入院なんじゃないかなぁ。。。

No title

★くみさま
うん、必死よ~(笑)
年取った先生だから、経験はあるのはわかりつつも、ワタシの話をとちゅうまでしか聞かずに『大丈夫だから』とか言うのも気になる。
大丈夫でも最後まで聞けYO!!!って思ったりするしさ。
教育ママといえば、ま、ワタシもそうなるべね。
もうすでに小学校のリサーチもしてますので(大笑)
学区外でも行けるので、調査は念入りに。
その前の幼稚園もかなり調査中。
アメリカだと、エリアによって住んでる人たちの様子も違うしさ。

そうそう、日本の検診やたらと待つよね。
ワタシも初期のとき行ってたじゃん?
食べないと辛くて、ワタシひとりぼりぼりスナック菓子とか食ってたから(苦笑)
他の人、みんな静かでさ・・・びっくり。
で、くみは今回も県病?
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。