06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族滞在記③

滞在中、ほとんど外食はしなかったに等しいですが、二日目の夜は『Chili's』に行きました。

日本にもあるじゃん、って思った方へ

青森県にはないのよ!

独身のころ、妹と他の友人とグループでLAに旅行したときに初めて入ったChili's。
妹にとってはあれ以来の思い出の店。

金曜の夜だったので、事前に席を取ってもらうように電話をしておいたにもかかわらず45分待ち。。。
息子は、母や妹に「酔っ払いかよ」と突っ込まれるほど、とにかく千鳥足でうろうろしつづけ、まったくもってじっとしていれませんでした。
ハイチェアからジャンプを何度も試みようとして、マジで落ち着いて食べれませんでした。
彼も興奮しすぎだったのでしょう。
このせいで、その後外食はほぼしたくなくなりましたね。

3日目。土曜日。
この日、毎日、なぜか天気予報だけはものすごく気にするオット
「昼過ぎから明日にかけて雨らしい」
と言うので、ショッピングモールに行くのを変更して、動物園に出かけました。

姪っこは、とても繊細な子でして、
・自分がしたことがないことがそれがどんなに小さいことでもなかなか自ら挑戦できない
・何か思い通りにいかないと機嫌がものすごーーーーーく悪くなり、ものすごく小さいことも引き金になりかねない
・うちのオットが大きすぎて恐い
という特徴があります。

オットとは家の中でも接近できず、目を合わせられませんでした。

動物園でも門を入って1発目に、ちょっとしたことを失敗したため、泣いてしまい、ここからどう持ち上げようか、おばは悩みましたが、

IMG_6242blog.jpg

きりんさんで彼女の気分も上げ上げになったようでした。

「きりんの下が紫色って知ってる~?恐いよ~」と言うと
『知ってるよ!しまじろうで見た』

げにすさまじき、しまじろう効果
_1_~1

で、象さんも最初檻に入っていたのですけど
IMG_0120blog.jpg

なんと、緊張しながらもオットに抱っこされています・・・
すごい進歩。
外にでると象さんも外に出てきたので、さらに気分があがってきたようでした。
IMG_0125blog.jpg

が、また鳥の館にて、うちのむつごろうの肩に鳥が何羽もとまり
IMG_0156blog.jpg

しまいには息子にも鳥が寄ってきたのに、姪には寄ってこず・・・

あんなにあがったテンションも、ここでまたがっくりへこんでしまいました・・・

どうにかこうにか、また持参したおにぎりやおやつでつり、
IMG_6266blog.jpg

メリーゴーランドでまたどうにか持ち直し。

う~ん、繊細な女子の心って難しいです。

IMG_0185blog.jpg
ここの動物園はメリーゴーランド以外にも、こうして子供たちが遊べるとこが各所にあるので、その後もどうにか彼女の気分はあがったままだったと思います。
(↑姪は、そんじょそこらのアメリカ人の子供より足が長いんです(おばヴァカ百も承知))

入園と同時に乗りたい!と言ってたこれにも乗っていただき
IMG_6279blog.jpg

こんな眺めも見れて、
IMG_0229blog.jpg

楽しんでいただけたのではないかと。

接待係、かなり気をもみました。

日本に帰る間際には、動物園に行ったときの絵を描いてくれたので、きっと良い思い出になってくれたことでしょう。

ワタシの、自然が大好きな母もとっても気に入ってくれました。

この後は、動物園の近所の豪邸エリアを車で流し、寝た子供たちと母を家において、COSTCOへ。
妹やだんだんは、大きなツナ缶などと一緒に写真撮影。

え?これまた日本にあるじゃないかって?

青森県にはないのよ!


で、昼過ぎから降る予定だった雨は・・・・まったく降りませんでしたとさ。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ山岳部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 海外生活
genre : 結婚・家庭生活

No title

だんだんって・・・

浅野ゆう子のコレを思い出しますた ↓

http://www.youtube.com/watch?v=YFWu-gBmP5w

Sちゃんのようなデカイ人は日本にはあんまりいないから、しょうがないのかもねー。

No title

日本から家族の皆さんが遊びに来てくれて楽しかったようですね!
車のレンタルはかなりムカついただろうけど、「あるる・・」って頷けるほど悲しくなるほどアメリカじゃぁありえる事ですよね・・。とにかく皆さんをお迎えできて楽しい思い出が出来てよかったですね。コロラドまでも日本からの直行便があったらいいのに・・・ですね。

No title

そっか~。
乙女心は繊細、複雑。難しいのねえ。
Kくんも、いとこさんと一緒で楽しくって大興奮だったんだろうねえ。
うちの息子も最近はレレが来ると、うれしすぎておかしくなります。
帰った後は、一緒に遊んだブロックを指差しては”レイレイ”
一緒に飲んだ麦茶を飲んでは”レイレイ”
恋する乙女状態です。
しかし、コロスプ、気持ちよさそうな天気だなあ。

No title

肩に鳥を乗せたSの顔(笑)私のツボになってます。鳥を呼ぶ男。
そこの動物園は、日本では見れない動物がいっぱいいて楽しかったよ。リスのサンディーにえさをやれたのは、まいかやKにとってもすごい想い出だよね~。
日本に帰国して6日。蒸し暑くて、アメリカのカラッとした気候が恋しいっす。

No title

すごいね、ちゃんとお弁当を作って出掛けられるなんて…。
私なんて本当に数える程しかないよ。って、もっぱら買って来た物を持って行く方が、自分で作って持って行く物よりも多いんですけど(恥)。

あのスキーのリフトみたいなの乗った事あるんだけど、怖かったよ。でも私が怖いって言ったら娘達も怖くなると思って言わないでいたのに、ウチのDが言いやがって。でも「シーッv-219」ってやって、睨んでやったよ。ったく、デカイ体してって思ってね。
写真にはKが(もちろんミキちゃんとabechiも)いないけど、Kはどうして乗らなかったの?

No title

★POMちゃん
ちょっとーーー年代ばれすぎだから~~
ワタシの中でだんだんはこれ
http://www.youtube.com/watch?v=Q-lC1RMgcfs

どっちにしろ古いっちゅうの

★さらさらさま
そうなんですよ~求む!直行便!なんです。
今回は八戸ー東京間は新幹線だったので、帰りが相当きつかったようですよ。

レンタカーの件、たしかに、ものすごいむかつくんですが、頭の中では「あ、やっぱりな」って思えちゃうんですよ。
日本じゃ絶対ないのに!!!!ってもう思えなくなってきました。
日本とくらべるのがヴァカね、くらいです。

★mioさま
小さい子って大きい子が好きだよね~
うちのKも大きい子が飲んだのを見せると、いつもは飲まない麦茶も飲むし、なんでもその子が食べさせると食べます・・・

みんなが帰ってそろそろ1週間だけど、Kはまだまだ興奮気味かなあ・・
いつもより暴力的だし(苦笑)
動物園のことは「ダディー、K、しゃっこ(さとこ)、だんだん、まいか、ばば、マミー、ベビー、ジラーフ(きりんのこと)」と呼びます。
長っ・・・・
みんなで行ったきりんのとこって言いたいのだろうけどね。

★さとこさま
蒸し暑いか~~~~
こっちもみんなが帰ってから、夜雨降る日が多いよ。
でも、また普通の日が戻ったって感じ。。。
そっちは三社大祭やらねぶたやら、お盆やらで、これからが夏!って感じじゃない?ワタシはあのそわそわ感が好きなのよ!

この鳥館行くと、必ずこういう目にあうS。
前はめがねにとまってたな。
なんでかなあ~
サンディーのとこも盛り上がったね~
ここの写真はいっぱい載せたいのあって困った。
残りの滞在記も、写真と文章のまとまりがなくって、困っちゃう~

★いずみさま
うちはどこに行くにも結構おにぎり持参です(笑)
今回は特に、母もあまりアメリカものが好きってわけではないし、姪は野菜でも何でも食べれるんですけど、アメリカものはあまりね(苦笑)
なので、おにぎりとつけものと、果物と、みんなが好きだった冷凍のチキンフィンガー(?)とかですよ。
おやつのオレオとかね。

ワタシは、何をかくそう、超がつくほどの高所恐怖症ですので、こんなの無理です。スノボのリフトも結構緊張するというのに。。。
Kは、とちゅうで飽きたって言って暴れだす可能性があったので乗せませんでしたよ。。。みんなが巻き添えになって
「日本人観光客落下」っていうニュースになりかねませんのでね(恥)
Secret

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

abechi75

Author:abechi75
Photobucket - Video and Image Hosting
いきなり鹿出没・・・そんなコロラドからドイツ、ハイデルベルクに引っ越しました。

職業:専業主婦
出身地:青森県
現住所:ドイツ ハイデルベルク
   
家族:米人オットS・1名
    ムスコK(2008年3月20日生)
    娘ミキ(2010年3月26日生)

昭和50年生まれ。れっきとした第2次ベビーブーマーです。
大学受験も倍率高く、就職活動はバブル崩壊後の超氷河期と呼ばれた時代に体験しました。
そんな背景が影響してか、なにかにつけて、どこかに落とし穴があるのではないかと物事の裏の裏を読もうとしてしまいます。

なんの因果か、絶対に物事を悪く見ない、ロスオリンピックの記憶がない5才下のアメリカ人と2003年に結婚。
2008年、結婚5年目で長男誕生。
アラサー最後の年に、娘も誕生。

永住と思われた、住み慣れた地コロラドを離れ、なぜかドイツで暮らし始めました。
毎日こつこつ、末永くが目標です

*コメントは大歓迎でございますが、記事とまったく関係のないものやスパム目的のものは、削除させてもらう場合があります。あしからず・・・

息子Kさん

娘ミキちゃん

フリーエリア

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。